新車見物・試乗記「走り大進化、王者気合のFMC」篇

今回は長めの試乗記をひとつ。新型ワゴンRの試乗記です。
試乗車は標準系がFXのスペリアホワイト、FX Limitedのパールホワイト、
スティングレーがXのブルーイッシュブラックパール、Tのフェニックスレッドパール。
a0047157_9553153.jpg

a0047157_9554463.jpg

エクステリアは旧型と共通したイメージで、どこから見てもワゴンRといった感じ。
旧型より水平基調になったことで見た目の安定感が増して、
サイドの面に張りが出て、リアに適度に抑揚が付けられて、上質感も出ているなと。
スティングレーはより顔つきが立体的になり、ボディ全体との一体感も出た印象。
キリッとした顔つきになってよりスポーティな印象です。

インテリアも質感が高く、ドアトリムにもしっかりクロスが貼られていたりして
一番下のグレードでも安っぽさは感じません。
旧型よりも洒落たデザインになりながらも実用性はそのままです。
スティングレーだとブラックの内装でより上質感を演出したインテリアになっています。

シートはしっかり背もたれが肩まで届く充分なサイズ。
クッションはしっかり感がありつつも、柔らかすぎず、しっかり厚み感があり、
お尻から腰回り、背中を包むような感触になっていてしっかり面で体を支える印象。
スッと背筋が伸びて、自然な運転姿勢が取れる印象です。
後席も広々としており、軽を越えている空間。
自然な着座姿勢で、旧型よりも平板感が無くなって快適さが増しています。

エンジンはNAとターボの2種類で、先に乗ったのはNA車。
まず驚いたのは出足の軽さ。
新エンジンに新テクノロジー、軽くなったボディで、今までとは全然違う軽さです。
軽くアクセルを踏むだけでスッと軽く走りだし、大きく踏み増すことなくスムーズに
巡航速度まで加速していけます。
全体的にトルクフルな印象で、減速からの再加速や、角を曲がってからの立ち上がりでも、
今までは「よいしょ」という感じだったのが、踏み込みにスムーズに反応し
加速するようになっています。
登り坂も苦しさなく駆け上がっていき、本当、アルトあたりに乗っているような感覚です。
ターボ車でなくてもパワー不足を感じることは無いのではないかと思うほど。
ですが、ターボ車になると低回転から一回り大きなトルク感を感じ、
その大きな力強さがそのまま続いて加速していきます。
NAよりレスポンスが良く扱いやすいパワフルさでありながら、
グッと大きく踏み込めば、一気に立ち上がり胸のすく加速がグーッと伸びていきます。
一回り大きなエンジンのような感覚もありながら、本気だせば相当速いかと。

エネチャージなどは普通に乗っている分には全く意識せず。
ただ少し気になるときがあったのはアイドリングストップ。
時速13km/h以下でエンジンが止まるようになっており、減速途中で止まるのは
全く違和感ないのですが、停車時にカクンとならないように停止寸前で少しブレーキを
緩めたときに、エンジンがスタートしてしまうことがしばしば。

足回りはしっかり感が高いながらも旧型よりもしなやかさが増し、
小さめの入力は角を丸めて受け流して、ピョコピョコした感じはありませんし、
橋の継ぎ目など大きな入力はしっかりとられたストロークで受け止め、
大きなショックは伝えてきません。軽自動車的安っぽさのない乗り心地です。
コーナリングでは抑えられたロール感で姿勢変化も穏やか。
しっかりと四輪の接地感があり、安定していて背が高いゆえの怖さは無いです。
ちなみに同じNAでもスティングレーになるとスタビライザーが装備されるので、
コーナリングでの姿勢変化がより小さく、腰の低くなったような印象になります。
乗り心地もより落ち着き感が増している感覚。

さらにターボモデルのTではタイヤが15インチになることもありまた印象が変わり、
乗り心地は多少当たりの硬さもあるものの、大小さまざまなギャップをしなやかにいなし、
一回で収束させるフラットなものになり、どっしりとした重厚感さえ感じさせます。
コーナリングでの安定感はさらに高く、最小限の姿勢変化でしっかり4輪が安定している、
重心の高さを感じさせない印象で、かなりレベルが高いですね。

ハンドリングは素直で軽快な印象。
切った方へすっと向きを変えてくれますし、切り増しにもすっと動いてくれます。
正確性も高く、標準系でもスムーズにコーナーを抜けていくことが出来ますね。
ターボでも基本的には同じく素直な印象で、落ち着いた扱いやすい物になっているかと。
ステアリングはどちらかと言えば軽い方ですが、適度に手応えがあり、しっかりとした感触。
ちゃんとインフォメーションの感じられる自然な印象のもので、違和感なく安心して乗れます。

新型ワゴンR、主力車種らしく気合の入ったモデルチェンジで、
見た目こそ今までのワゴンRと近いイメージですが、走りは大きく変わっておりとても驚きました。
NAのスッキリとした軽さの走り、ターボ車の下手なコンパクトカーを越えた走り、
本当、よく出来た車に仕上がっていますよ。軽ハイトワゴンではおススメの1台。

ただ、もう安全装備は揃えて欲しかったなと。
スティングレーはESPが付けられますが標準系はなく、サイドエアバッグは全車設定なしと物足りない。
ライバルN-ONEはVSA標準、サイド・カーテンエアバッグも付けられるわけですし。
a0047157_9562085.jpg

[PR]
by gutty355 | 2013-03-10 23:53 | 新車見物・試乗記 スズキ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://ilovecars.exblog.jp/tb/17438404
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by tetsu4200 at 2013-03-11 14:53 x
少し前に スティングレーのX 4WD車に試乗しました。
(短時間でしたので試乗記upしませんでしたけど。)
全体の仕上がりの良さには驚きですが
特に4WDの重量ハンデを感じない加速には舌を巻きました。

ここまでクオリティー上げながら
安全装備で完全に他社に負けている点が残念でなりません。

同じ手法でラパンを軽量化して
R06Aエンジン ESP・サイドエアバック積んでくれないかなぁ・・と
密かに期待してたりします。
Commented by gutty355 at 2013-03-11 22:45
仰る通り、安全装備がプラスされれば素晴らしいんですけどね。(^^;)

ハイトワゴンとは思えない走りの軽さ、しっかりした足回り、内外装の質感など
非常によくできていて、ムーヴやN-ONEより良いなとも思うのですが
N-ONEの安全装備の充実度、ムーヴのスマートアシストと比べてしまうと
安全面では遅れているという印象になってしまうのが残念。
(ムーヴもサイドエアバッグは最上級のRSしか設定がないので物足りないのですが)

パレット後継のスペーシアも軽量化にR06Aにグリーンテクノロジー搭載なので
新型ラパンがあれば同様に仕上げてきそうですが、
スペーシアもESPやサイドエアバッグの設定は無いのでどうなるか・・・。


スバルR2、新車試乗記などなどクルマだらけのブログです。


by gutty355

プロフィールを見る

カテゴリ

R2
OUTBACK
CAROL
LOGO
SUBARU
DRIVE
CHEMICAL
MINICAR
TALK
CARS IN CITY
RENT A CAR
OTHER
新車見物・試乗記 スバル
新車見物・試乗記 トヨタ
新車見物・試乗記 日産
新車見物・試乗記 ホンダ
新車見物・試乗記 マツダ
新車見物・試乗記 三菱
新車見物・試乗記 スズキ
新車見物・試乗記 ダイハツ
新車見物・試乗記 輸入車

最新のコメント

>tera-gさん 大..
by gutty355 at 00:42
ご無沙汰してます。 私..
by まつなが at 17:09
お久しぶりです。 仕事..
by tera-g at 17:03
お久しぶりでございます。..
by gutty355 at 23:39
お久しぶりです。 そし..
by まつなが at 17:51

呟き

フォロー中のブログ

tok's  楽書き帳

外部リンク

以前の記事

2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
more...

最新のトラックバック

Happy
from tok's  楽書き帳
今も昔もラジコンは買って..
from h-fragment
フラット・ワイパー
from 「アウトバック 大好き!」の..

検索

ファン