カテゴリ:新車見物・試乗記 スバル( 29 )

新車見物・試乗記 「スバル流多人数乗車ワゴン」篇

そんなわけで、エクシーガの試乗記です。
展示車は2.0i-Lのスパークシルバー・メタリック、
試乗車は2.0GTのオブシディアンブラック・パール。
a0047157_1575755.jpg

エクステリアは、思っていたよりも背が高く、サイズも大きい印象。
フォルムは写真で見た通り、ミニバンというよりステーションワゴンに近い感じで、
最近のスバルの流れを感じるデザインに少しエッジを効かせた感じでしょうか。

インテリアは、基本的にインプ・フォレと共通のイメージですが、
見た目の質感はちょっと劣るような印象を受けました。
特に木目調パネルはプラスチック丸出しな感じで今一つ。
他のミニバンと違い、横にウォークスルーが出来ないようになっていますが、広々感は充分。
折角センターコンソールがあるんだし、サイドブレーキはレバー式にすればよかったのに・・・。

2列目は足元、頭上ともに充分余裕があってゆったりしてますし、
前席より高い位置にあるので開放感があって良い感じです。
3列目はさすがに足元にもあまり余裕は無いですし、頭上も手のひらが入るくらいしか
ないですが、2列目よりさらに高い位置にありますし、3列目サイドの窓も大きいので、
あまり押し込まれている感が無く、思ったより居心地は悪くなかったですね。
シートが3列目にしてはわりとしっかりとした厚みがあるのもイイですね。

リアドアはヒンジドアで、90度近く開くので、ドアを大きく開ければ乗り降りは楽ですが、
狭いところではやっぱりスライドドアのほうが有利でしょうね・・・。

ラゲッジスペースは、まあ予想通り、3列目を使うとそれなりという感じですね。
もちろん3列目を倒せば、充分な広さが現われます。
床のフタをあければ一段床を低くすることが出来、さらにその下に仕切りの付いた収納が
あります。さらにその収納の下にはスペアタイヤが入っているとのことです。(驚

それでは試乗です。
GTは、ターボエンジンとはいえ、非常にマイルドな感じで、充分なトルクがある印象です。
少し強めにアクセルを踏み込んでも、わりとゆっくりと加速していくような感じで、
レガシィやフォレと比べても大人しい設定になっているようです。
5ATはスムーズですし、追い越しでの加速も充分パワーがあるので、
運転していて動力性能に不満は感じません。

足回りは、インプやフォレに比べて、当たりはソフトながら少し固めの印象。
ゴツゴツ感などは全く無く、基本的にはフラットな乗り味ですが、
継ぎはぎの多いような道路では、思いのほかはっきりとショックが伝わってきます。
大き目の段差を超えたときの、リアがガツンと来る感じも若干気になりました。
多人数乗車に合わせた味付けになっているんでしょうかね。
乗り心地としてはもう少ししなやかさがあってもいいかなとも思いました。
コーナリングはさすが、ロールも少なく安定していて、気持ち良く走れますね。

エクシーガのエライ所は、視界がとてもスッキリとしている所ですね。
ヒップポイントの高いポジションで、Aピラーが立っていて三角窓が無いので、
とても視界が広く、ボンネットがしっかり見えるので、車両感覚が掴みやすかったですね。

後日、NAにも乗ることが出来ました。グレードは2.0i-Lのサテンホワイトパール。

NAは走り出しからとても穏やかな印象。
普通に市街地を走っている分には、これで充分かなと思えたのですが、
途中で上り坂に差し掛かったときに、ちょっとパワー不足を感じました。
同じ坂をフォレスターのNAで走ったときは不足は感じなかったのですが、
エクシーガは車重が重たい分キビシイのでしょうね。
やっぱりNAは2.5Lのほうが良かったのではないかと思ったり。

16インチ装着車なので、乗り味はGTよりもよりマイルドで、よりしっとりした感じ。
スピード抑制用の赤い帯程度はしなやかにフラットに超えていきますね。
盛り上がったマンホールを越えたときは、こちらでもガツンと大き目のショックを感じました。
コーナリングでは、こちらもしっかりと路面を捉えているような感じで、安定感が高かったです。
フォレスターもそうでしたが、NAモデルの電動パワステは非常に自然で良く出来てましたね。

エクシーガ、最初に写真で見たときは、正直「どうかな?」と思ったのですが、
実車はスバルらしい走りを持たせつつ、なかなか上手く作ってきたなと思いました。
ただ、NAはやっぱりちょっと非力な感じがするので、2.5Lの設定が欲しいかなと・・・。


せっかくなのでスバルブログの【トラックバックキャンペーン】
エクシーガ インプレッション大募集!
にトラックバック。
『スバル エクシーガ インプレッション』、ニックネームはグッチです。
[PR]
by gutty355 | 2008-07-10 23:41 | 新車見物・試乗記 スバル | Trackback | Comments(2)

新車試乗記 「落ち着きのあるターボ車。」

そんなわけで、アウトバック 2.5XTを試乗してきました。
ボディカラーはスティールシルバー・メタリック。
a0047157_22371680.jpg

エクステリアは、ボンネットに穴が開いている以外はおなじみのアウトバック。
そういえばちょっと車高が低いかな?といった感じ。

インテリアでは、ピアノブラックのセンターパネルは想像していたより
良い感じだったのですが、あの木目調パネルはちょっと・・・。
高級感を出そうとしてるのかもしれませんが、かえって安っぽい感じが・・・。
模様の入れ方ももうちょっと高級感のある感じに出来なかったものでしょうか。
ステアリングに付いてるインフォメーションディスプレイのセレクターの
操作感がなんとも頼りないのもちょっと気になりました。

運転席に座っても、Eyesightのカメラの張り出しはそんなに気になりませんでしたが、
なんとな~く圧迫感がありますね・・・。
シートはA型よりも座面が柔らかくなった感じがしましたが、
ちょうど膝の裏側辺りだけ硬いのが運転中ずっと気になりました。

走りは、さすがにターボということもあって、NA以上にトルクフルですね。
走り出しから力強いですし、5速ATと相まって非常にスムーズに加速していきます。
きつめの上り坂でも、余裕でグイグイ加速していきますし、
追い越し加速でも必要なパワーを楽に得ることが出来、ストレス無く走ることが出来ます。
数値で見てもそうですが、乗ってみても3.0よりもトルクがある感じでしたね。

ターボの効き方はスムーズかつマイルドな感じで、非常に乗りやすいです。
クルマが居ない道でちょっと強めにアクセルを踏み込んでみましたが、
明らかに2.5NAよりパワーがあり、力強い加速なのですが、
レガシィのGTほど刺激的ではなく、落ち着いた感じの加速だったのが印象的でした。

乗り味は、非常にしなやか。
ちょっとした道路の継ぎ目なんかは何事も無かったかのように通り過ぎますし、
スピード出し過ぎ防止の赤い帯がある道路を走っても、しっかり足が動いているような感じで、
全体的に硬さや突き上げ感は感じません。
E型アウトバックに乗ったときに感じた、路面の凹凸を越えた後の
前後方向の揺れの収まりの遅さも感じませんでした。
ただ、XTは25mmダウンの専用の足なので、そのおかげなのかもしれませんが。

コーナリングでも、普通のアウトバックよりロールが抑えられていて、
ワインディングなんかでもさらに気持ち良く走れそうな感じがしました。
リアの安定感も上がったように思いましたね。

乗ってて思ったのですが、ウインカーレバーの操作感やウインカーの音が
A型に比べて安っぽくなったような気がしたのですが、気のせいでしょうか・・・。

アウトバック2.5XT、スムーズで乗りやすいターボエンジンや快適な乗り味など、
ターボエンジン搭載車ながら、落ち着きのある感じでなかなか良い感じでした。
ただ、ハイオク仕様で燃費が10km/Lはこのご時世なかなかつらそうですね。
多分実燃費は7~8km/L位でしょうし・・・。


もし買い替えられるなら、我が家のアウトバックを買い替えるだろうか?と考えてみましたが、
我が家の使い方ではターボは必要ないし、ガソリン代も重量税ももっとかかるだろうし、
A型の2.5iで満足してるので、そんなに買い替えたい!とは思わなかったかなぁ・・・。
[PR]
by gutty355 | 2008-05-11 22:29 | 新車見物・試乗記 スバル | Trackback | Comments(0)

新車見物・試乗記 「スバルらしいSUV」編

お待たせしました?新型フォレスターの見物記です。
試乗車は2.0XSのサテンホワイト・パールと2.0XTのオブシディアンブラック・パールでした。
a0047157_0265218.jpg

エクステリアは旧型よりもSUV的な性格が強いスタイルになりました。
旧型のワゴンっぽさが無くなって残念に思う方もいらっしゃるようですが、
私はずっと「フォレスター=スバルでSUVのポジションを担う車」という認識だったので、
むしろ今回のFMCによってフォレスターのキャラクターが明確になって良いと思いますね。
旧型は正直中途半端な感が拭い去れなかったのですが、
全体的なバランスも良くなり、逞しさもあり、カッコよくなったと思いました。
フロントマスクはインプレッサ、テールランプはレガシィとのつながりも感じますね。

インテリア、特にインパネは基本的にインプレッサと共通なのですが、
インプレッサの時のように質感がもう一歩・・・とは感じませんでした。
ドアトリムにもクロスが貼られて、質感は十分だと思いますね。
プラチナインテリアだと全体的に明るい印象でステキですし、レザーだけではなく
ファブリックの仕様もあるのもエライですね。ただ、シートの模様だけは微妙ですが・・・。

リアシートは旧型に比べてずいぶん広くなりましたね。レガシィより広く感じます。
旧型は大人が長時間乗るには厳しそうなくらいでしたが、新型ならゆったりと座れるので、
ファミリーカーとして使うことも充分に出来るでしょう。
リアシートについているリトラクタブルリアテーブルも、レガシィのようにセンターコンソールの
後ろにカップホルダーがあるよりも手が届きやすく、テーブルも付いていて面白いですね。

ラゲッジスペースは充分な広さがあり、ホイールハウスの出っ張りが少なくなったり、
レガシィ同様スイッチ一つでシートを倒すことが出来るので、使いやすさは増していますね。
ただ、フロアは旧型のようにハードな素材のほうが汚れても手入れが楽で良いと思います。

さあ、試乗です!まずはNAの2.0XSから。

運転席に座ると、他のSUVよりも運転姿勢が乗用車に近い感じ。
シートのサイズもたっぷりしてますし、メーターも常時発光式なので非常に見やすいです。
アイポイントが高く視界が広い上、ボンネットも良く見えるので取り回しは良好。
旧型同様ドアミラーが大きいのも非常に良いですね。

走り出すと、旧型のSOHCよりさらに中低速トルクが増しているような感じで、
見た目の印象よりパワフルで軽快。レスポンスも良く、非常に扱いやすい印象を受けました。
アクセルを踏み込んだ時もSOHCよりスムーズに上まで回るような印象で、
音もエンジンをかけた時から非常に静かで、走っていてもとても快適。
ATが4速なのは物足りない感じですが、変速制御は旧型より上手になったように思いました。

乗り心地は非常にしなやかで非常に快適。
道路の継ぎ目など路面の凹凸を上手く吸収してくれ、フラットな乗り味です。
17インチタイヤ装着車でしたが、ゴツゴツ感や硬さを感じることもなかったですね。
ハンドリングも良く、コーナリングでもしっかりと路面に追従するので、結構楽しく走れます。
ロールも上手く抑えてあり、安定感があるので、不安を感じることは全くありませんでした。
スポーティな走りと快適性を上手くバランスさせていると思います。

驚いたのはパワステ。今回からNAのみ電動パワステになっているのですが、
軽すぎずしっかりした手ごたえで、路面のインフォメーションもちゃんと伝わり、
直進時もどっしり落ち着いていて、言われなければ電動とは気づかないくらいではないかと。
良く出来てました。

お店に戻りまして、次はターボモデルの2.0XTに乗ってみました。

エンジンはインプレッサのS-GTのように全体的に余裕のある感じ。
普段使うにもスムーズで乗りやすくて良いと思いますね。
じゃあ過激なターボを期待している人には物足りないかと言うと、SIドライブをS#に入れれば、
シートに体が押し付けられるような加速を見せてくれるので、結構刺激的だったりします。

このターボの試乗車はMT車でしたが、クラッチも軽く、シフトもグニャっとした感じではなく
節度感のあるしっかりした感触で、楽しく運転できましたね。

新型フォレスター、旧型よりもよりSUV的になりましたが、
スバルらしい走りのよさはそのままに、より快適になって、なかなか良いクルマだと思います。
VDCを全車に標準装備しながら結構リーズナブルな価格に抑えているのも嬉しいですね。
後は5ATかCVTを設定して欲しいのと、メーカーOPの選択をもっと自由にして欲しいかな。
個人的には新型フォレスター、好きです。2.0XSのプラチナインテリアがいいな。
a0047157_0272531.jpg

初売りのくじ引きではバタープレッツェル、別の日にプルバックカーを頂きました。
[PR]
by gutty355 | 2008-01-18 23:55 | 新車見物・試乗記 スバル | Trackback | Comments(0)

新車見物・試乗記「大人になったSTI」篇

スバル3連続、最後は新しいインプレッサWRXSTIです。
ボディカラーはオブシディアンブラック・パールで、レカロ&BBS装着車でした。
a0047157_143212.jpg


ノーマルのインプレッサに比べ、大きく張り出したフェンダーが特徴的なエクステリアは
迫力・存在感たっぷりでカッコいい!
旧型のとことん体育会系な雰囲気から一転、ボディカラーのダークグレーと相まって
落ち着いた雰囲気や大人っぽさも感じさせます。
4本出しのマフラーや、無駄にでっかく派手にしていないリアスポイラーも良いですね。

インテリアは基本的にノーマルのインプレッサと同じであるものの、
Aピラーやルーフのトリムもブラックになっていて、全体的にクールな印象。
レカロシートや6速MTのシフトノブ、アルミペダルが走りを感じさせます。

いざ試乗です。
旧型のインプレッサSTIはクラッチも重く、操作も結構気を使うし、
新型はどうかなぁと思ってましたが、新型はクラッチも思いのほか軽く
かなり低速でトルクもあるようでそこまで気を使わずに走り出すことが出来ました。

まずはSI-DRIVEはSモードで走ります。
アクセルに対するレスポンスも十分に良く、街中を走っていると、
流れにあわせてとてもスムーズに走れます。
車のいない道でアクセルをグッと踏み込むと力強く加速してくれますが、
旧型のようにガツンとものすごい加速ではなく、滑らかに加速していきますね。
Sモードは全域で力強く、速い印象でした。

次にIモードにしてみます。
さすがにSモードよりも吹け上がりが重たいような感じですが、街乗りでは十分な性能で、
扱いやすいかもしれません。燃費も良くなりそうな感じでしたし。

そしてS#モード。
Sモードよりさらにレスポンスが良くなり、アクセルを踏み込むとかなり強烈な加速で
ぐんぐん速度が上がっていきます!これが新型の本来の性能なんでしょうね。
思わず「おぉ~速い!」と声が出てしまいました。かなりドキドキします。
私だったら普段はSモードかなぁ。

乗り味は硬めですが、変にゴツゴツした感じは無く、
S-GTより硬めでしっかりとしていながら、ちゃんと足が良く動いているような感じ。
シビックタイプRやMSアクセラよりも乗り心地はいいです。
旧型は普段使いでは辛そうな乗り味でしたが、新型なら辛くないですし、
家族を乗せても大丈夫そうです。

乗り心地は旧型より良くなってますが、コーナーでの性能もかなり良いです。
旧型は全くロールさせずに曲がっていく感じでしたが、新型は適度にロールをしながら
スムーズにコーナーを抜けていきます。安定感もかなりしっかりしていて、安心して走れます。
ハンドリングは結構シャープで、ノーズがスッと入って行き、確実に自分が思っている通りに
コーナーを曲がることが出来るのは非常に気持ちよく、感動しました。

もうひとつ良かったのはシフト。
カチッカチッと気持ちよく入るので、シフト操作が非常に楽しく、苦にならなかったです。

そういえば、非常にゆるい上り坂で一時停止→発進をする場面がありまして、
サイドブレーキを引いたりせずに発進したのですが、意識せずにスムーズに走り出せました。
後になって気づきましたが、ヒルスタートアシストのおかげでしょうね。

新型STI、見た目も乗ってみた感じも、非常に大人っぽくなりましたね。
もちろん乗ってみればかなり速いですが、旧型より快適性も扱いやすさもかなり上がって、
旧型までのスパルタンな感じが好きな人は物足りないと思うかもしれないですが、
私は新型STI、かなり良いと思います。手元にお金さえあればすぐにでも買いたいくらい。

ああ、短時間だったけど今回の試乗、楽しかったなぁ~。


2月1日追記。
せっかくなので、【トラックバックキャンペーン】
NewインプレッサWRX STI オーナーレポート&試乗レポート募集
にトラックバック!
STIオリジナルグッズ希望です。ニックネームはグッチです。
[PR]
by gutty355 | 2007-11-21 23:45 | 新車見物・試乗記 スバル | Trackback | Comments(0)

新車試乗記「気持ちよく走れるDOHC NA」篇

スバル3連続の2つ目です。

ちょっと前、デビュー時から気になっていたレガシィツーリングワゴンの
2.0RスペックBに試乗してきました。ボディカラーはサテンホワイト・パール。
a0047157_1163946.jpg

スペックB用バンパーとガンメタ塗装のホイールで見た目からスポーティな印象。
インテリアにもアルミペダルが付いていたりして、さりげなくスポーツ感を演出。
座ってみると明らかにアウトバックより着座位置が低く、スポーティな雰囲気ですが、
乗り降りはアウトバックのほうが楽ですね。

2.0のDOHC NAエンジンは2.0SOHCよりさらに全域で力強さを感じます。
さすがに2.5ほどトルクフルな感じではないものの、十分にパワフルで、
アクセルに対するレスポンスも良く、街乗りでも非常に扱いやすいですね。
車の居ない道でアクセルをグッと踏み込むと、結構気持ちよく加速していきます。
エンジンが高回転まで気持ちよく回りますね。

今回の試乗では中高速コーナーが連続する
ちょっとしたワインディング的な道路も走れたのですが、
ビルシュタインのおかげか非常に素直に曲がっていきます。
レガシィシリーズ共通の安定感のある走りで、安心してコーナーに進入していけますし、
ハンドリングが良く、コーナーが連続してもスイスイと気持ちよく向きを変えてくれます。
アウトバックよりノーズが軽いような印象を受けました
エンジンも力強いので、かなり楽しめます。軽快で、本当に気持ちよかったです~。(^^)

ワインディングでは気持ちいいビルシュタインですが、街乗りだと少々硬さを感じますね。
路面の凸凹を超える時など、もうすこししなやかになるとさらに快適かも。

私はまだレガシィのターボには乗ったことが無いので、比べることは出来ませんが、
これならターボじゃなくても良いんじゃないかと思いますね。
お値段もターボより少しお安いですし、気持ちよく回るエンジンと素直なハンドリングで
軽快に走れますし。
現在のガソリン価格から考えるとハイオク仕様なのがちょっと痛いかも・・・。
なんとなく「通」な感じのするグレードでした。

こうなるとターボモデルが気になるなぁ。
[PR]
by gutty355 | 2007-11-20 23:30 | 新車見物・試乗記 スバル | Trackback | Comments(2)

新車試乗記「予想以上にイイぞ!」篇

やっと書いた見物・試乗記を少しづつ放出します。まずは今日からスバル試乗記3連続です!
まずはフォレスター。

先日、現行フォレスターに乗ってきました。
グレードは10thanniversaryで、ボディカラーはピュアホワイト。
a0047157_1491618.jpg

MC直後は違和感のあったデザインですが、今ではすっかり見慣れ、
むしろ骨太感があってカッコいいです。
エアロ装着のクロススポーツ系より標準系のほうがいいですね。
インテリアもシンプルで使いやすい。
リアシートの足元は相変わらずちょっと狭いものの、ラゲッジルームは十分に広く、
ハードな素材になっているので汚れも気にならないです。

運転席は着座位置が高く、非常に乗り降りが楽ですし、
見晴らしも良く、ボンネットの見切りも非常に良いので、非常に取り回しも楽々。
ボディも大きすぎないので非常に扱いやすいですね。
さらに、ミラーがかなり大きいので見やすく、後方確認もしやすいです。

非常にスムーズに回る2リッターのNAエンジンは思っていた以上にパワフル。
中低速で力強く、アクセルに対する反応もいいので、ストレス無く非常に気持ちよく走れます。
もちろん上り坂でもパワー不足を感じることは無かったですし、走り出しもスムーズ。
私だったらターボは必要ないなぁと思うくらい十分パワフルなエンジンでした。

足回りもシャキッと引き締まっていて、路面の凹凸も上手く吸収してフラットな乗り味。
少々背の高さは感じますが、コーナリングも安定していて、結構スポーティにも感じられました。
個人的に、スバルのクルマは共通して、ステアリングを切った方向へスッと気持ちよく
クルマが曲がっていくなぁと思っていたのですが、フォレスターもその通りでした。
今回は市街地中心でしたが、ワインディングでも良い走りをしてくれそうです。

フォレスター、私の予想を遥かに超えて良く出来たクルマでした。
ボディもしっかりしてるし、非常にエンジンと足回りのバランスが良いように思いました。
新型インプレッサのSIシャシーで作られる新型フォレスターも楽しみですが、
かなり完成度の高い現行フォレスターもいいクルマになっています。
10thanniversaryなら装備充実で209万円とかなりお買い得になってますし、
あえて現行を買うのも良いと思います。
インプレッサの2Lよりフォレスターのほうが良いかも・・・とも思ったり。

現行フォレスター、予想以上に良くて個人的にかなり気に入ってしまいました。
[PR]
by gutty355 | 2007-11-19 23:47 | 新車見物・試乗記 スバル | Trackback | Comments(0)

新車見物・試乗記 「素直にいいと思う」篇

やっとこさ新型インプレッサの見物・試乗記です。
展示車は20Sのスパークシルバー・メタリック。
試乗車は15Sのダークグレー・メタリックとS-GTのサテンホワイト・パールでした。

エクステリアは最近流行りのワンモーション系のデザインではなく、
オーソドックスな5ドアスタイル。
写真で見ると他車の影がチラつきましたが、実物は思いのほかいい感じ。
顔つきはわりとシャープな印象ですが、全体的には最近のクルマにしては
トゲトゲしさのない、やわらかい雰囲気もあってなかなか悪くないのではないかと。
旧型よりもどっしりとした感じで、意外と上品な感じもあったりして。
不満点としては、フロントのウォッシャーノズルをレガシィのように
目立たなくしてほしかった事と、ターボのボンネットの穴はもう無くしてほしかった。
それと、フロントグリルはディーラーOPのほうが好みかな。

新型からサッシュドアになりましたが、そのおかげか開閉感・音は旧型より
高級感があって良いですね。正直レガシィよりも良いと思います。

運転席に座ってみる。
ヒップポイントは低め。個人的にはもうちょっと高いほうがいいかなぁ。
見た目も旧型より立派になったシートですが、低反発素材を使ったとの事。
指で座面を押してみると確かにちょっと遅れて跳ね返ってきます。
サイズもたっぷりで座り心地もなかなかのもの。
室内も横方向に広くなって、窮屈感はありません。
ルームミラーがえらく近い所にあるように感じたのは私だけでしょうか・・・。

インパネのデザインは旧型よりも今風で、シボの入れ方なんかはレガシィ風?
せっかくならオーディオもDINサイズ丸出しではなく、
インパネと一体にデザインしてほしかったかも。
旧型よりだいぶ良くなっていますが、先日も書いた通り、上質と言うにはもう一歩かな?
ドアトリム、サンバイザーはプラスチックばっかりな感じなので・・・。

リアシートは足元も広くなってなかなか快適です。
あまり頭を屈めなくても乗り込めるので乗り降りも結構楽ですし。
これならファミリーカー的用途にも十分使えるのではないかと。
とっても細かい所ですが、リアシートを前倒しするノブがまるでキャロルのような
上に引っぱり上げるタイプなのは・・・。ステラかレガシィの部品を流用すればいいのに。

ラゲッジスペースは床面は広くなってますが、高さがあまり無く、
テールゲートも傾斜してるので、あまり高くは積めなさそうです。
サブトランク的なものもないので、小物の収納にはちょっと困るかも?

さあ、一通り見たところで試乗です。
S-GTの試乗車が出てしまっていたので、15Sに乗ることに。

エンジンをかけると、とっても静か。ステアリングの手ごたえはアウトバックに近いかな。
アイボリー内装でしたが、明るい雰囲気でなかなか良かったです。

走り出すと、ちょっと出足が重たいかなぁ。でも普通に走る分には十分。
MTだともっとよく走るかもしれない。
ロードノイズも抑えられていて、走っていても静かです。
驚いたのは乗り心地が良い事。道路の凸凹を上手く吸収している感じがします。
それでいてカーブや曲がり角でもタイヤが路面にしっかり接地している感じがして、
全く不安なく走れます。
担当さんの言うとおり、路面の追従性は高いと思います。

お店に戻ってきたら、S-GTの試乗車が帰ってきてました。
担当さんに「ターボも乗ってみます?」と聞かれたので「お願いします!」と。

走り出すとやっぱり余裕たっぷり。
エンジンは、アクセルを踏みこむとガツンとターボが効いて・・・みたいな感じではなく、
全体的に非常にスムーズで余裕のある感じです。
過激なターボを期待している人には物足りないでしょうけど、
普通に使うにはこっちのほうが絶対に乗りやすいし良いのではないかと。

スポーツパッケージなので17インチを履いていて、乗り心地は15Sより
ゴツゴツした感じかと思いきや、思った以上にしなやかで乗り心地がよく、
タイヤのハイトが低い分、15Sよりコーナリングも安定していて良い感じ。
こんなに乗り心地がいいとは思わなかった・・・。

乗ってみると思っていた以上に良くて驚きでした。こうなると20Sも気になるなぁ・・・。
ライバルたちと十分に肩を並べられるのではないでしょうか。
内装をもうちょっと良くして、オプションの選択がもっと自由になればさらに良いのでは。

新型インプレッサ、メカニズム的にはあまり新しい所がないのが残念ですが、
私が乗って感じたところでは素直に良いクルマだと思います。
これなら十分に一般のユーザーさんも候補にしてくれるのではないかと。
今後の改良でATを多段にするもしくはCVTにして、内装をもうちょっと良くして、
オプションの選択をもっと自由にしてくれるとさらにいいかな。
[PR]
by gutty355 | 2007-06-12 20:45 | 新車見物・試乗記 スバル | Trackback | Comments(2)

1.5RとSTI。

※長いので2つに分けました。

TSIに感動しつつ、次に向かったのがいつものスバル。
先日言っていた現行インプレッサの試乗でございます。

試乗車はSTI A-Lineとワゴン1.5R S/Aパッケージの2台。
「どっちにします?」と聞かれた私。とりあえずワゴンのほうに乗らせて頂くことに。

走り出すと、必要にして十分といった感じでしょうか。
すごく余裕がある感じでもなかったですが、スムーズで乗りやすかったです。
エンジン音も静かで振動が少なく、とても快適。

乗っていて感じたのは、すごくしっかりしたクルマだなぁということ。
STIと基本的には一緒なのでボディ剛性が高いという話ですからね。
足回りもしっかりした感じでロールも少なく、それでいて乗り心地が良かったです。
S/Aパッケージだったのでバケットタイプのシートが付いていたのですが、
体にフィットしてなかなかいい感じでした。

実は今我が家の車庫には1.5iがいるので(兄貴のクルマ)
乗り比べてみたいところですが、兄貴が乗らせてくれないからなぁ・・・。

5ナンバーで扱いやすいし、まさに「いいじゃない、このクルマ」という感じで
お店に戻ってきた時、隣に居た担当さんが「どうします?STIも乗ります?」と一言。
「もし乗らせて頂けるのであればぜひ・・・」と私。「いいですよ!」と担当さん。

数分後、私の目の前にはグレーのSTIA-Lineが。
半年以上MTの運転をしていない私。
「インプレッサはレガシィのMTより乗りやすいですよ」と担当さん。

なんとかエンストせずに発進!
最初はややクルマの多い道路だったので、ゆっくりとしたペースで走ってました。
ワゴンと同じコースを走るのかと思ったら、担当さんが「次を左へ曲がってください」と
さっきとは違う指示が。
「曲がったほうはクルマがほとんどいないので、どんどん踏んで頂いて・・・」とのこと。
交差点を曲がると確かにクルマのほとんどいない真っ直ぐな道。

意を決してグッとアクセルを踏み込むと・・・ターボが効いてる音と思われる
キーンという音と共に、体がシートに押し付けられ、猛烈な加速!
いやぁ・・・凄かった。あんなにドキドキしたのは初めてです。
それでも安定している感じがしたのはAWDのおかげなのでしょう。

しばらく走って引き返し、同じ道を戻っていくと、前にオレンジ色のクルマが信号待ち中。
珍しそうなクルマだなと思って、後ろに止まると、フォーカスSTでした。
インプレッサSTIとフォーカスSTという、WRC繋がりの2台の夢の競演?
もちろん「いざ勝負!!」ということにはなりませんでしたけどね。(爆

やっぱりSTIは足回りが硬いですね。
担当さん(インプレッサ乗り)も「街乗りはつらいクルマです(^^;)」と言っておりました。

興奮覚めやらぬままお店へ。なんとかエンストせずに戻れました。
久々のMTは楽しかったですね。
1.5RとSTI、まるで別のクルマのようでした。私は1.5Rで十分だろうなぁ。
果たして次期型はどのような仕上がりになってくるのか?楽しみです。

ちなみに現行STI、在庫は残り1台、1.5も少なくなってきているとか。
新型を見てから現行型を買う人も少なくないようです。
そして今月にはレガシィシリーズに年改が入るとか。
「じゃあ今度レガシィが出たらまた来ますね~」と言ってお店を後にしたのでした。
[PR]
by gutty355 | 2007-05-01 22:59 | 新車見物・試乗記 スバル | Trackback | Comments(0)

STELLA Impression.

今週も仙台に帰ろうかなと思っていたのですが、
ちょっと仙台の予定が変わったので帰るのは無しに。

今日はどうしようかな~と思っていたら、CMでビッグウイングで中古車のイベントがあり、
ステラも展示されるという事なので自転車で行ってきました。
a0047157_2321099.jpg

見た感じは確かにあまりスバルっぽくないかな~とは思いましたが、
あまり他社の車に似てるとは思わなかったですね。
ワゴンR、MRワゴン、ムーヴ、ライフ、ゼスト、の標準グレードは13インチタイヤですが、
ステラは14インチなので他車のようにボディが重たく見える感じが無くて
バランスは良かったです。
a0047157_23202817.jpg

インパネは基本的にR2と同じなのでデザインは良かったです。
標準はベージュ内装だし、カスタム系でもシルバーが入っているので
他車のただダークグレーという感じの内装よりも明るくて良かったです。
ステアリングもR2より握りが太めで良かったです。
シートは結構厚みがあって背もたれも大きく軽自動車ではなかなかいい方なのですが、
なかなか良いだけに横方向へのサポートが無いのが惜しいです。
リアシートも広々。R2とは全然違います。

そして私が気に入ったのは視界のよさ。
窓ガラスが大きくて外が良く見えるし、特に気に入ったのは見切りのよさ。
a0047157_23405436.jpg

写真の左がステラ、右がワゴンR。
ステラはボンネットがわりと平らでライトの上が盛り上がっているので
ライトの上が見えます。(赤い線の部分が盛り上がり部分)
ワゴンRはボンネットが斜めになっていて何も見えません(赤いのは敷いてあった絨毯)
最近ボンネットが見えないクルマが多いので好感が持てます。

ちなみにリアはこんな感じ。
a0047157_0334132.jpg
 
左がステラ(テールゲート開)、右が前期R2です。とってもよく見えます。

ただ、残念だったのはラゲッジスペース。
a0047157_029846.jpg

左がステラ、右が我が家のキャロルです。
写真のアングルが違うので分かりづらいかもしれませんが、
ステラのほうが左右のタイヤハウスの出っ張りが大きくなって幅が狭くなっています。
四輪独立サスなので仕方ないのですが、他社のクルマと比べられた時に
ちょっとマイナスになってしまうかもしれません。

全体的にはなかなか良く出来た車でした。
走ってみた感じはわかりませんが、これならスバルファンではない普通のお客さんにも
買ってもらえるかもしれません。
ただ、スバルがもっとお客さんを増やしたいのであれば、CMでもっと使い勝手をアピールして、
店舗ごとに差があるディーラーの対応を改善したほうが良いのではないかと思います。
(仙台ではスズキもダイハツもホンダもそんなに対応良くないですけどね・・・。三菱は良くなったと思う。スバルは店ごとに差がありすぎ。お店の対応についてはまた今度。)

今回のイベント、他にもいろいろ見てきたのですが、それはまた次回にでも。
[PR]
by gutty355 | 2006-06-17 23:50 | 新車見物・試乗記 スバル | Trackback | Comments(0)


スバルR2、新車試乗記などなどクルマだらけのブログです。


by gutty355

プロフィールを見る

カテゴリ

R2
OUTBACK
CAROL
LOGO
SUBARU
DRIVE
CHEMICAL
MINICAR
TALK
CARS IN CITY
RENT A CAR
OTHER
新車見物・試乗記 スバル
新車見物・試乗記 トヨタ
新車見物・試乗記 日産
新車見物・試乗記 ホンダ
新車見物・試乗記 マツダ
新車見物・試乗記 三菱
新車見物・試乗記 スズキ
新車見物・試乗記 ダイハツ
新車見物・試乗記 輸入車

最新のコメント

>tera-gさん 大..
by gutty355 at 00:42
ご無沙汰してます。 私..
by まつなが at 17:09
お久しぶりです。 仕事..
by tera-g at 17:03
お久しぶりでございます。..
by gutty355 at 23:39
お久しぶりです。 そし..
by まつなが at 17:51

呟き

フォロー中のブログ

tok's  楽書き帳
I Love Cars ...

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 07月
more...

最新のトラックバック

Happy
from tok's  楽書き帳
今も昔もラジコンは買って..
from h-fragment
フラット・ワイパー
from 「アウトバック 大好き!」の..

検索

ファン