カテゴリ:新車見物・試乗記 ホンダ( 31 )

新車試乗記「新しく、楽しい、コンパクトハイブリッドスポーツ」篇 その1。

さあ、お待たせしました。CR-Zのレンタル記です。
ちょっと長くなりそうなので、前半後半に分けてお送りします。m(_ _)m
お借りしたグレードはαのミラノレッド。
a0047157_2323563.jpg

全長がショートなこともあり、思ったよりもコンパクトだなというのが第一印象。
ワイド&ローなフォルムは見た目からしっかりと踏ん張り感がありつつ、
リアに向かって上がっていくウインドウやキャラクターラインは軽快な印象。
顔つきはシャープで、リアビューは張り出したフェンダーがグラマラスで、
かつてのCR-Xも彷彿とさせるスタイルは非常にスポーティでカッコイイですね。
全体的にあまり飾り立てずに、さっぱりしているのも良いですね。
a0047157_23243233.jpg

インパネのデザインはインサイトと近いものもありますが、
丸が多く使われているインサイトよりもシャープなデザインになっていますし、
メーターもスピードメーターの周りにタコメーターが配置されていたりと
印象はずいぶん違っており、質感もこちらのほうがグッと上がっています。
a0047157_23244437.jpg

シートはたっぷりと大きさがあり、適度に硬めのクッションは
腰の張り出しも良くてしっかりと支えてくれますし、背中周りのフィット感も上々。
座り心地もいいのですが、張り出したサイドサポートはコーナリングでも
しっかりと体をホールドしてくれるので、スポーティな走りでも受け止めてくれます。
元々出来のいいアコード用がベースということもあるのか、なかなか良く出来ていると思います。
a0047157_23245286.jpg

リアシートは体育座りで、足元・頭上共に余裕はゼロ。
というか、私の場合は頭を下に向けないと、体がスペースに収まりません。
助手席にウォークイン機構が付いていないことを考えても、本当に緊急用のワンマイル・シート。
a0047157_2325254.jpg

荷室は、面積は充分に広く、普段使いで足りないことは無いと思いますし、
2人でなら充分に旅行に行けると思います。ただ、背の高いものはちょっと難しいかも。
リアシートは簡単に倒せますし、キレイにフラットになるので、
履いているタイヤ4本は積めるんじゃないかと。

それでは走り出します!・・・が、続きは明日。(^^;)
[PR]
by gutty355 | 2010-04-02 23:29 | 新車見物・試乗記 ホンダ | Trackback | Comments(0)

新車見物・試乗記「農道のNSX」篇

今回の見物・試乗記はいつもとちょっと違う車、新型アクティトラックです!
展示・試乗車はSDX 4WDのタフタホワイト。
a0047157_0211142.jpg

旧型から大きく変わって、キャブオーバータイプになったボディは、
トラックらしいスタイルになりましたね。
カクカクしたデザインで、旧規格時のアクティにも通じるデザインです。
ファニーな雰囲気のサンバー、キャリイ、ちょっぴり精悍なハイゼット、ミニキャブに対し、
アクティは涼しいすまし顔といった感じでしょうか?

インテリアは現行ライフにも共通するイメージのインパネで、スイッチ類も使いやすいですし、
カップホルダーなんかもあったりして、意外と安っぽくない感じがしましたね。
何よりも、キャビンが広いです。
キャブオーバー化のおかげで足元も広々して、ペダルの配置も自然ですし、
フロントガラスまでの距離があるので圧迫感が無く、むしろ開放感を感じるほどです。

シートは座布団のようなクッションで、硬い感じの座り心地。
座面もちょっと小さい感じがします。シートはサンバーのほうが良い印象です。
広いスペースのおかげで、自然なポジションは取れますね。

荷台は広々としています。
ただ、積むものによって良し悪しあるでしょうから、仕事人の判断に任せます。(笑

それでは試乗。
クラッチは非常に軽く、繋がった感触がソフトであまり伝わってこない感じ。
ですが、慣れれば普通に乗れますし、低いギア比で発進も乗りやすい印象。

出足思ったほど力強くないものの、充分なトルクかなといった感じ。
そのかわり、高回転までよく回るのが印象的です。
さほどパワー感は強くないですが、どこまでも回るようなフィーリングはなかなか気持ちいいです。
エンジンが後ろにあるので、アイドリング時は結構静かで、振動もよく抑えられています。
走っていても、回せば大きく音は入ってきますが、基本的にはそんなにやかましくなく、
意外と快適かもと思うほどです。

シフトは、横方向のストロークが短く、意外にしっかりとした剛性感のあるフィーリングです。
なかなか気持ちのいい操作が出来ると思います。

足回りは、ガチガチではないものの、わりと硬めな感じ。
前輪はある程度ストロークを感じるものですが、リアは板バネで硬い感じで、
空荷ということもあって、荒れた路面ではリアが跳ねるような印象です。
ただ、普通の舗装路では落ち着いていて、小さなギャップ程度ならさほど突き上げも無く、
腰に来るような衝撃は無かったです。
コーナリングではロール感も適度で、全体的に素直に曲がっていきますし、
後ろにエンジンがあるので、安定感もなかなかです。

ハンドリングは比較的クイックめな印象ですが、反応は穏やか。
ステアリングは軽いので楽々に操作できますし、フィーリングも結構自然な感じ。
乗用車にはない、ダイレクトなドライブフィールが改めて新鮮で面白いです。

窓が大きく、ピラーがとても細く、ショートホイールベース化のおかげで小回りもきき、
狭い道やあぜ道でも乗りやすそうですね。

新型アクティ、キャビンが広くなったり、小回りがきくようになったりと
日々お仕事で使う人にとって、使いやすくなっているなと思いました。
アクティ伝統のMRレイアウト故、音もうるさくなく、空荷でも後輪に荷重がかかって
安定感も高くなりますし、軽トラではなかなか良い1台ではないかと。
ただ、4WDにATの設定が無いことと、ABSがオプションでも全く用意されないのはちょっと疑問。

ちなみに、以前ちょっと乗った事のあるサンバートラックは、走りのレベルがさらに高く、
乗用車のようといっても過言ではないと思う位だったので、
それに比べるとアクティは、軽トラ的な味わいの強いクルマであると思います。
サンバーが無くなったら、軽トラでオススメできるクルマと思いますよ

サンバートラックが改めて気になったりしたので、レンタカーしてみようか思案中。
[PR]
by gutty355 | 2010-02-05 23:58 | 新車見物・試乗記 ホンダ | Trackback | Comments(0)

3つまとめて。

今回は、グレード違いなどの短い試乗記を3つほど。
1つ1つは短めでも、合わせたら長めなので、お時間のあるときにでもどうぞ・・・。(^^;)

・「もっとパワーを」篇
GTは乗ったものの気になっていた、インプレッサの1.5に乗ってました。
試乗車は1.5i-SのWRブルー・マイカ。
a0047157_16484397.jpg

エンジンに対しての印象は、今までとそんなに大きく変わらず。
出足は若干力強くなったかなと思ったものの、そこからの加速が鈍い。
意識して大きめに踏み込めば充分に加速してくれますが、
結構エンジンを回すことになり、燃費が少々気になります。
もちろん、速度が乗れば不満は無いのですが。
同クラスでもパワフルに走る1.5Lがあることを考えると、やはり物足りないかと。
今回の試乗車がAWDだったからなのかもしれないですが・・・。

乗り味は先日のGT同様良くなっており、GTほどのどっしり感はないものの、
しっとりと落ち着いた、上質な乗り味になっています。
16インチタイヤということで、当たりのやさしさがありつつしっかり感が高く、乗り心地が良いですね。
コーナリングでは、こちらでもロール感が小さくなったような印象で、
16インチでも後輪の接地感も高く、安定感が上がっています。
GTより鼻先が軽く、ハンドリング・走りはより軽快ですね。

今回の改良で乗り味も上質になり、足回りは良く出来ているのですが、
1.5Lの動力性能はやはり少し物足りない印象でした。可能ならリニアトロニックが欲しいですね。

・「スポーティ・ハイブリッド」篇
こちらもGグレードは乗ったものの気になっていた、インサイトのLSに乗ってきました。
ボディカラーはスペクトラムホワイト・パール。
a0047157_16485485.jpg

エンジンは共通なので、1.3Lとは思えないトルクのある走りで、
出足も力強く、上り坂でもグイグイ加速していき、とても乗りやすい印象です。
適度にエンジン音が聞こえてくるので、違和感も少ないですし。

乗り心地も、変わらずに少し引き締まった印象なのですが、
普通のグレードよりも16インチを履いたこちらのグレードのほうが、
足がしなやかにしっかり動いてくれるような印象です。
路面のギャップを通過しても、しなやかにいなしてくれるので、フラット感が高いです。
落ち着きも増している感じで、乗り心地はこちらのほうが良いかも。

コーナリングではしっかり感・安定感が増しており、
全体的に低重心で、バッテリーのおかげで後輪の接地感も高いですし、
ハンドリングは軽快で、タイヤの違いのせいかステアリングの手ごたえも少し増していて、
他のグレードよりもさらにスポーティな走りで、なかなか気持ちよく楽しめました。

インサイトLS、思ったより乗り心地もよく、それでいてスポーティさも高く、
すごく良いなぁと思いました。
フル装備で、値段は一番高いグレードになってしまいますが、買うならLSがいいですね。
そして、このインサイトの走りの良さを感じた今、CR-Zがさらに楽しみになりました。

・「悪くないけどもう一歩」篇
新型アルトの登場、そしてスバルへOEM?という事で気になった、ミラに乗ってきました。
展示車はLのオフホワイト、試乗車はカスタムXのプラムブラウンクリスタルマイカ。
a0047157_16497100.jpg

エクステリア・インテリアは、普通のミラははっきり言ってかなり地味というか、没個性。
ですが、カスタムになると印象は大きく違い、ラグジュアリーな雰囲気ですね。
ただ、高級感も感じるだけにスイッチ類やシフトレバーの操作感が安っぽかったり、
レバーの横のシフトポジションに照明がなかったりするのが残念。

シートは座面・背もたれ共に長さが不足気味。
柔らかくコシが無いクッションと腰が引っ込んでいて背中が丸くなる背もたれで
長時間はしんどそうです。

エンジンは他のダイハツの軽自動車と共通するものなので、印象もほぼ同じ。
低速からしっかりとトルクがあり、街中では全く不足なく、よく走ります。
ただ、やっぱりエンジンのノイズが耳につきます。
もしかしたら音量自体は他車と変わらないのかもしれませんが、
ガラガラとした音質でうるさい感じ。停車時の振動も大きめです。

足回りは、少し締めてあるような印象。
当たりはソフトな感じで、小さな継ぎ目程度は受け流すのですが、
少し大きめのギャップを越えたときのショックは大きめに伝わってきます。
コーナリングでは適度にロールが抑えられ、安定感も充分ですね。
ステアリングが軽すぎてインフォメーションが薄く、中立付近でも落ち着かず、
ハンドリングもちょっとダルい感じなのが残念。

ミラカスタム、思っていたよりは良く、ダイハツの中では良く出来てると思いました。
ステアリング・ハンドリングの違和感が改良されれば、走りも悪くないのではないかと。

ちなみに、スバルの軽と比べると、やはり騒音・振動面、乗り味で差がありますし、
何というか、クルマ全体の一体感が無い感じ。
見える部分と見えない中身、どちらお金をかけているかの違いが出てるのかなぁなんて。
[PR]
by gutty355 | 2009-12-26 23:32 | 新車見物・試乗記 ホンダ | Trackback | Comments(0)

新車見物・試乗記「みんなのエコカー」篇。

先日、ホンダグリーンマシーン001、インサイトに見て乗ってきました。
展示車はGのスペクトラムホワイトパール、試乗車はGのミラノレッド。
a0047157_1274729.jpg

事前に雑誌などでは見ていたものの、初めて目の当たりにした実物は
思ったよりも背が低く、コンパクトでとてもスマート。
顔は最近のホンダ顔ですが、結構自然になじんでますし、
全体的にゴテゴテした装飾も少なく、さっぱりとしていて、なかなか好感が持てましたね。
最近のホンダ車では一番良いデザインではないかと。

インテリアの質感は、フィットレベルといったところ。
高級感を求める人には安っぽく思われるかもしれませんが、
車格と値段から考えれば妥当ではないかと。
運転席周りに小物入れが多いので、使い勝手がよく、便利です。

最低グレードでも、シートリフターやチルト・テレスコピックステアリングが付いており、
自分に合ったポジションが決められるのはエライですね。
メーターが上下2段に分かれており、シビックではイマイチ見づらかった印象が
あったのですが、インサイトではそんなに気にならず。
スピードメーターの色が変わることによってエコドライブ度を教えてくれるのですが、
当然メーターを見るたびに視界に入るので、意識して運転するようになりますし、
その日のエコドライブ度を教えてくれる機能もあり、エコドライブが身に付く
面白い装備だと思いましたね。

シートは、たっぷりとはしていないものの、充分なサイズで、腰周りの支えも良く、
上体のサポート感も充分で、なかなか悪く無かったですね。
後席は、ひざ周りはそんなに窮屈な感じはしません。
頭上は普通に座って、天井に髪の毛が触れる程度、背もたれにドカッともたれかかると、
頭がつっかえるといった感じ。やっぱり、もう少し余裕が欲しかったかなぁ。

ラゲッジスペースは想像するより広く、サブトランクはもちろん、
フロアボードの高さを変えられたりして、なかなか使えそうです。

それでは試乗へ。
エンジンキーを捻ると、普通にエンジンが始動します。

走り出すと、1.3Lとは思えないトルクフルな加速で、CVTと相まって非常に滑らか。
小さめの排気量ですが、上り坂でも不足は感じませんでしたし、
中間加速でももたつきは感じませんでしたね。
有り余るほどのパワーはありませんが、日常的に扱いやすい、
充分なパワーがあるといった印象です。

エンジンがメインのハイブリッドということで、違和感のない運転感覚ですが、
大きく違うのがアイドルストップ。
信号待ちや長い右折待ちでエンジンがストップしますが、ブレーキから足を離す瞬間に
瞬時にエンジンがスタートするので、発進でもたつくことはありませんでした。
エンジンがメインでも、静粛性は非常に高く、快適です。

乗り心地は、少し引き締まっている印象。
ですが、ゴツゴツするようなことは無く、角の取れた乗り味で不快感は感じません。
足がちゃんと動いている感じはするので、新車故というところもあるのかも。
フィットよりも乗り心地はしなやかで快適です。
全体的に低重心なので、コーナリングでの安定感も高く、意外に運転していて気持ち良いです。

最近のホンダ車に共通するところとして、三角窓がドアに組み込まれているので、
死角が少なく見やすいのですが、フロントガラスの天地方向の幅がやや狭い感じ。
5ナンバーサイズはやはり扱いやすく、幅の狭い道やバックでの車庫入れなど、
非常に取り回しがしやすいです。やっぱり日本には5ナンバーサイズがベストなのかも。

インサイト、価格はもちろん、クルマの雰囲気も、非常に身近な印象を受けました。
車の出来もなかなか良く、ホンダの気合を感じる1台だと思います。
189万円~という値段なら、ハイブリッドが欲しい人だけでなく、コンパクトカーを
検討している人など、幅広い層に人気が出るのではないでしょうか。
CMで言っていた通り、どんなにエコなクルマでも、手が届かなければ意味が無い。
そういう意味でも、非常に価値があるクルマだと思いました。
[PR]
by gutty355 | 2009-02-15 23:22 | 新車見物・試乗記 ホンダ | Trackback | Comments(0)

新車見物・試乗記「車の出来は良いけれど・・・」篇

ちょっと前にアコードツアラーに見て乗ってました。
試乗車は24TL SPORTSSTYLEのコバルトブルーパール。
a0047157_20231914.jpg

エクステリアは、旧型のデザインを基礎にさらにエッジを効かせ、フェンダーの
力強さを増したような感じで、リアビューもボッテリすることなく締まった感じがあり、
なかなかカッコ良かったですね。ただ、ボリューム感もかなりのものです。

インテリアの質感も上がっており、しっかりソフトな素材が使われていたりして、
車格にふさわしいレベルではないでしょうか。
旧型同様、サイズがたっぷりと大きく、腰周りのサポート感も良く、長時間座っていても
疲れにくそうななかなか良い感じのシートでしたね。
ただ、後席はあまり膝周りにも余裕が無く、着座位置も低めなので、
ちょっと狭い感じがしましたね。
ドアの開口部も小さく、サイドシル部の段差も大きいので、
乗り降りがしにくいのも気になりました。

ラゲッジスペースは充分な広さがありますが、サスペンションの張り出しが結構大きく、
奥のほうの幅がずいぶん狭くなっているのが気になりました。

それでは試乗です。
エンジンは、低回転域からしっかりとトルクがある印象。
ただ、アテンザやレガシィの2.5と比べて、際立ってトルクフルといった感じではなく、
まあ標準的かなといった具合。
アクセルを大きく踏み込まなくてもスムーズに加速していきますし、
トルク不足を感じることはほぼ無いでしょう。
普通に走っていれば、静粛性は高いですが、踏み込むと以外にエンジン音が入ってきます。
もう少しカッコイイ音だと気持ち良いのにな~なんて思ったり・・・。

乗り味は、18インチ装着車ということもあってか、しっかり硬いといった感じ。
凹凸を超えても、車体をフラットに保ってくれるのですが、
ちょっとコツコツした突き上げを感じるのが気になりました。
17インチ装着車なら結構良さそうかも。
ハンドリングは、ステアリングの動きに対してスパッと車が動いてくれるので、
なかなか気持ちよかったですね。ボディもかなりガッチリしている印象でした。

着座位置が低く、ダッシュボードが高いので、前方の感覚が掴みづらく、
ボディサイズも大きいので、狭い道や駐車場、お店に入るときなど、少し気を使いました。

アコードツアラー、スタイルはなかなかカッコ良く、走りも悪くないのですが、
やはりあのサイズは日本には合わないと思いますね。
後席の居住性や荷室ももう一歩という感じで、値段から考えても、
アテンザやレガシィのほうがトータルで満足できるんじゃないかと・・・。

次回は、フェアレディZの見物・試乗記の予定です。
[PR]
by gutty355 | 2009-02-13 20:25 | 新車見物・試乗記 ホンダ | Trackback | Comments(0)

新車見物・試乗記「旧型とは違った方向へ」篇

さて、またしばらく見物記を出していきます。まずは新型ライフ。
旧型はレンタカーで何度か乗ったことがあるので、そちらとも比べつつ。
展示車はGタイプのアラバスターシルバーメタリック、試乗車はパステルのバニラクレム。
a0047157_415588.jpg

エクステリアは、個性的だった旧型から一転して、実用的な雰囲気に。
実物はファニーな雰囲気もあり、写真で見るより良いかなぁとも思いましたが、
スタイリッシュだった旧型と比べると、全体的に新しさが無い感じがしましたね。
特にリア周りは、なんとも古いというか、安っぽいというか・・・。
正直、並べて展示してあった旧型のほうが新しく見えましたね。
ゼストがあるのにわざわざ背を高くしたのも謎。

インテリアの質感も、旧型よりも落ちたような印象。
最近のホンダに多い2階建て風のインパネになり、細かい収納は増えていますが、
旧型で感じた、下手なコンパクトカー以上かも・・・と思うくらいの質感では無くなりましたね。
ただ、シートの座り心地は良くなっていますね。
座面のクッションが足りない感じがした旧型よりも、クッションの厚みが増していて、
前後シート共に快適な座り心地になってます。
その代わりにリアシートのダイブダウンができなくなって、
荷室に段差ができるのがちょっと残念。

それでは試乗です。
走り出すと、旧型よりも若干加速が鈍いような印象。
上り坂に差し掛かると、明らかに旧型のNAよりもパワーが薄くなったような感じがしました。
もちろん、速度が乗ってしまえば気にならないのですが・・・。
そのかわり、加速時などエンジンの音は旧型より耳につかなくなりましたし、
エンジン、路面からステアリングに伝わるバイブレーションも抑えられて、快適になりましたね。

オデッセイのように三角窓を無くし、Aピラーを細くしたことで、非常に視界がすっきりしましたし、
リアウインドーも大きいので、前方だけでなく後方視界もすっきり見やすくなっています。

乗り心地は、旧型よりも少しソフトになった印象。
ステアリングも軽くなり、今一つドライブフィールにシャッキリした感じはしませんでしたが、
確かに快適でした。
コーナリングでは、背が高くなって重心が高くなったせいか、ロールが大きくなり、
旧型で感じた低床・低重心で安定した感じはしませんでしたね。

エンジン・足回りなど全体的に、結構元気よくキビキビ走れた旧型に対して、
新型は全体的にまったりした感じでしょうか。
近場から遠出までオールマイティに使える感じから、街乗り中心になったような感じです。

新型ライフ、全体的な出来は悪くないとは思いますが、旧型の出来からすると
ちょっと物足りないというか、違った感じのクルマになったのかなぁと思いましたね。
メカニズム的にも、そろそろCVTの設定があってもいいと思うんですけどね・・・。

さて、次回はライフより少しだけ大きいクルマ、iQの予定です。
[PR]
by gutty355 | 2008-12-02 23:51 | 新車見物・試乗記 ホンダ | Trackback | Comments(0)

新車見物・試乗記「旧型イメージそのままに」篇

それでは見物記の続き、オデッセイです。
展示車はMのクリスタルブラック・パール、試乗車はアブソルートのプレミアムホワイト・パール。
a0047157_030681.jpg

写真を見てキープコンセプトだなと思った印象は、実物を見ても変わらず。
低く構えたフォルムに悪っぽい顔つきで、旧型からのイメージはそのままという感じですが、
フロントにギラギラしたメッキが施されていて少々派手な感じがしたり、
リア周りも少々重たい感じに見えるようになってしまっていて、全体的なデザインの完成度や
上品さは旧型のほうが高かったように思いましたね。

インテリアも旧型のイメージそのままで、ものすごく立体的な造形になっていますが、
旧型同様、あまり使いやすいとは思えなかったです。
木目の使い方はほどよくなったように思いましたが。
シートはサイズもたっぷりしていてすわり心地もなかなか悪くないですね。
2列目も足元は広々していますが、頭上に余裕を感じませんでした。3列目は完全に緊急用。
足元も狭いし、畳んで床下に収納するため、シートも薄いので、長時間はツライかも。

では、試乗です。
旧型アブソルートにも乗ったことがあるので、その時の印象と比べつつ乗ってました。

旧型よりさらに中低速トルクが増したような印象で、加速からゆったりと余裕のある感じ。
エンジンの回り方もスムーズですが、旧型よりもおとなしくなったような感じですね。
大きめのボディですが、上り坂でもパワフルで、動力性能的には大きさを感じさせないです。
静粛性も非常に高く、エンジン音が耳に付くようなことはありませんでした。

ステアリングは旧型より軽くなりましたね。
三角窓がドアに組み込まれた上に、Aピラーが細くなったので、視界は広くなりましたが、
ダッシュボードの奥行きが大きい上、ボンネットは全く見えないので、
感覚はやはり掴みにくい感じ。ボディサイズも大きいので、運転に気を使う場合も多いかも。
メーターが遠いところにあって、確かに視線移動は少ない感じがしましたが、
照明が派手すぎてちょっと見づらい感じも・・・。

乗り味は、想像したよりずっとしなやか。
アブソルートながら、路面の凹凸に対してちゃんと足が動いているような印象で、
マンホールの上なんかを通過しても、大きな衝撃を伝えてきません。
だからといってフワついた感じはせず、コーナリングでも安定感の高い、素直な走りを楽しめます。
ノーマルグレードはもっとソフトな足回りのようですが、個人的にはアブソルートくらいが好みかな。

新型オデッセイ、走りは旧型よりもより快適に進化したように感じました。
ただ、デザインの完成度や後席の居住性は旧型のほうが上だったかなぁと・・・。
果たして新型も売れるのでしょうか、楽しみなところです。

ところで、何でホンダのミニバンって悪顔ばっかりなんでしょうか。
初代オデッセイとか、モビリオの前期型みたいなほんわかした顔もいいと思うのですが・・・。


さて、次回試乗記はパジェロのクリーンディーゼルの予定。
[PR]
by gutty355 | 2008-10-29 23:55 | 新車見物・試乗記 ホンダ | Trackback | Comments(0)

新車試乗記 「チョイ悪ミニバン」編

エクシーガの登場前にいくつかミニバンを乗っていまして、今回はストリームの試乗記です。
グレードはRSZで、ボディカラーはナイトホークブラックパール。
a0047157_22265445.jpg

エクステリアは、最近のホンダミニバン共通のイメージのワル顔と、
ピラーを寝かせたリアデザインで、ミニバンというよりも5ドアハッチバックのような印象。
背も低めで、5ナンバーサイズなので、見た目からとてもコンパクトな感じがします。

インテリアの質感は値段相応といった感じ。
運転席に座ってみると、5ナンバーサイズだからといって、
横方向の広さが足りないような感じはしなかったですね。
シートは意外とサイドのサポート性が高くなっていて、スポーティ感もあります。
2列目は、足元はフラットで、まあ十分スペースがありますが、シートが小さくて
わりと平面的な感じなので、あまりゆったりとした感じはしません。3列目は緊急用ですね。

荷室は、3列目を使うとかなり狭いです。
もちろん3列目をたためばスペースは広がりますが、意外と床が高いので
重たいものの積み下ろしは大変かも。
床下収納のフタが半分づつに分かれているのは面白いですね。

それでは試乗です。
走り出すと、CVTのせいかエンジンのせいか、発進時に少しもたつくような感じがあるのが
気になりました。そこからスピードが乗れば結構パワフルで、扱いやすい印象です。
CVTのおかげでスムーズな走りを楽しめますね。

足回りは結構硬め。
17インチ装着のRSZということもあるのでしょうけれども、路面の継ぎはぎなんかを拾って、
結構ゴツゴツした感じがしますし、速度域に関係なく硬さを感じます。
15インチ装着の普通のグレードだとどうなのかはわかりませんが、
もっとしなやかさが欲しいですね。

ステアリングに対する反応は意外とシャープで、スポーティセダンのような感じも
あるのですが、切り始めで全然手ごたえがなくて、ある程度切った所から
手ごたえが増すような、不自然なステアフィールには馴染めませんでした。

5ナンバーサイズで、三角窓がドアに組み込まれているので視界がスッキリしていて、
取り回し性はとってもいいですね。前方の見切りがいいともっといいのですが。

ストリーム、5ナンバーサイズながらなかなか上手いこと作っているのですが、
乗り味やステアフィールなど、もう少し改良して欲しいなぁと感じました。
もっと出来が良いかと思っていたので、正直ちょっと期待外れだったかな~と・・・。


次回試乗記はデミオスポルトの予定です。
[PR]
by gutty355 | 2008-06-27 22:03 | 新車見物・試乗記 ホンダ | Trackback | Comments(0)

新車見物・試乗記「しっかり進化」篇

新型フィットを見てきました。試乗車はGのシャーベットブルー・メタリックと
RSのプレミアムディープバイオレット・パール。
旧型はレンタカーで乗ったことがあるので、旧型とも比べつつ書いていきますね。

エクステリアは全体的にキープコンセプトながら、旧型以上にワンモーションフォルムが
強調されて、見た目から室内の広さを感じ取れます。
シャープな印象のヘッドライトや角を落としてあるバンパー等で旧型以上にスポーティな印象。
あまり変わっていないようで、新型を見てから旧型を見ると急に古く見えるから不思議です。
ただ、ちょっとサイズが大きくなって、幅が5ナンバー一杯になってしまったのはちょっと残念。
コンパクトクラスなのでもうちょっとコンパクト感を感じるサイズにとどめて欲しかったですね。

インテリアは旧型よりかなりレベルアップしています。
旧型はインパネもステアリングもディンプル処理のようになっていて、
シンプルではあるのですが、質感と言う点ではライフに負けてるかも・・・という感じでしたが、
新型はインパネ等の処理もシボになっていたりして、質感はかなり上がっています。
シートは旧型もたっぷりしたサイズでしたが、旧型よりさらに背もたれが
体を包み込むようになって快適になってますし、リアシートも旧型は硬くてペッタンコでしたが、
新型はクッションもソフトになって、前後席どちらもすわり心地は良くなっています。
カップホルダーが10個もあったり、リアシートの座面を跳ね上げた裏側にも
物入れがあったりと、収納スペースもたっぷり。

ラゲッジは旧型同様広く、床下も結構深いので色んな物を収納しておけそう。
フロアは当然床下収納のフタになっているのですが、フロアにはもう一つ小さなフタに
なっている部分があり、そこを開けるとハンモック状にネットが張ってあり、
物が入れられるようになっていたり、2段に分けて使えるようになっていたりと面白い機能も。

では試乗です。
座ってみると、旧型よりもヒップポイントが高くなったような感じで、乗り降りも楽々。
驚くのは視界の広さ。ダッシュボードも低く、フロントガラスが大きいのはもちろん、
三角窓も大きくてちゃんと意味のあるものになっています。
この視界の広さは非常に気持ちよく、運転もしやすいですね。

まずは1.3L。アイドリング時の振動や騒音は旧型よりかなり静かになっています。
走り出すと、旧型ではアクセルを踏んでからワンテンポ遅れて加速していくような感じ
だったのですが、新型は踏みはじめからスムーズに加速していきます。
旧型よりパワーアップしたエンジンのおかげで、旧型よりも余裕でスピードが乗っていきます。
巡航時は非常に静粛性も高く、快適。
実際車重は重くなっているようですが、運転してみると逆に軽くなったように感じました。

サスペンションも旧型はリアがちょっとバタバタするような印象でしたが、
新型ではすっかり改善され、しなやかになっていて、ロングホイールベースのおかげもあって
コンパクトカーながらフラットな乗り味です。安定感があるので高速道路を走る場合も楽そうです。
コーナリングも旧型よりさらに安定性が増していて、ロールが怖いことは全くなし。

ステアリングは結構軽め。操作は楽ですが、もう少し直進時に安定して欲しいのと、
旧型で感じた、切った量と車の動きが合わないような感じがかなり改善されているものの
まだ少し残っているのはもっと良くして欲しいかな。

続いて1.5L。静粛性やスムーズさは1.3L同様ですが、さすがにパワーがあるので
1.3以上に余裕を感じますね。スポーティなグレードに積まれているエンジンですが、
刺激的といった感じではなく、全体的にさらに余裕を持たせたエンジンだなという印象です。

RSだとタイヤが15インチになるのですが、硬い印象は無く、コーナリングでも1.3よりさらに
シャキッとした印象で、個人的にはこっちのほうが好みかもしれません。

ただ、街乗りだと1.3でも十分に良く走るので、頻繁に高速を使ったりしないのであれば
1.5Lは必要ないかもしれません。

新型フィット、見た目でも分かるようにキープコンセプトですが、
旧型でもう一歩だったところをしっかりと進化させてきた感じがしました。
ただ、残念なところもいくつか。サイズが大きくなったことや、
旧型では4WDでもCVTだったのに新型では5ATになるところ、
進化させてくるだろうと思った燃費が旧型と変わらないところなど。

とはいえ完成度は高いので、新型がどのくらい売れるのか楽しみなところです。
a0047157_23332343.jpg

ご試乗プレゼントに組み立て式のラジコン(タカラトミーのCAUL)を頂きました。
[PR]
by gutty355 | 2007-11-28 23:35 | 新車見物・試乗記 ホンダ | Trackback | Comments(0)

新車見物・試乗記 「気持ちよく回るVTEC」篇

ちょっと前にホンダへシビックタイプRを見に行ってきました。
展示車、試乗車共にチャンピオンシップホワイトでした。

外見は大きなホイールやフロントスポイラー、大きなリアスポなどで
普通のシビックとは大きく異なる印象。
三角窓があったりしてミニバン的?な所に違和感を感じなくも無いですが。
なかなかカッコイイとは思いますが、大きな羽根はあまり好きじゃないです。
ホワイトもいいけど個人的にはシルバーの方がシブい感じでカッコイイと思います。

インテリアは赤と黒で彩られていますが、私にはちょっと派手な印象。
ブラック一色のほうが好みです。
レカロからホンダオリジナルになったバケットシートは座り心地、ホールド感もなかなか。
背中を包み込むような感じで結構良いかも。
小さなステアリングが走りを感じさせてくれますね。

セールスさんのお言葉に甘えて試乗させて頂きました。
プッシュボタンでエンジンをかけると太いエンジン音が響きます。
無事にスタートして道路へ。加速も鋭く、高回転までスムーズに
とっても気持ちよく回りますね~。
アイドリング時は静かですが、回すととってもいい音がします。
シフトも気持ちよく入りますね。
ストロークも小さくて、手首を動かすだけでも確実に入ります。
ブレーキしっかりとした感じで良く効きますし、クラッチも思ったより重くなかったです。
でも試乗中に2回ほどエンストしてしまいましたが・・・。

乗り味は硬いですが、思ったよりも酷くは無かったです。
私の印象ではインプレッサSTIのほうが硬かったような気が・・・。
とはいえ助手席や後席からは苦情が来そうですが。
4ドアとはいえ家族を乗せるにはしんどいでしょう。(当然か・・・

メーターは速度は見やすかったですが、タコメーターは見づらいかも。

興奮冷めやらぬままお店へ。非常に楽しいひとときでした。

シビックタイプR、非常に楽しいクルマですが、ちょっとサイズが大きいかなと。
フィットでタイプRがあったらなぁ。値段ももう少しリーズナブルになりそうだし。
セールスさんは「若いうちしか乗れないですよ!」と言ってまして、
確かにそうかもと思うのですが、280万円では手が出ないのでは・・・。

タイプRも良かったけど私はスイフトスポーツのほうが好きかも。
[PR]
by gutty355 | 2007-06-28 23:58 | 新車見物・試乗記 ホンダ | Trackback | Comments(0)


スバルR2、新車試乗記などなどクルマだらけのブログです。


by gutty355

プロフィールを見る

カテゴリ

R2
OUTBACK
CAROL
LOGO
SUBARU
DRIVE
CHEMICAL
MINICAR
TALK
CARS IN CITY
RENT A CAR
OTHER
新車見物・試乗記 スバル
新車見物・試乗記 トヨタ
新車見物・試乗記 日産
新車見物・試乗記 ホンダ
新車見物・試乗記 マツダ
新車見物・試乗記 三菱
新車見物・試乗記 スズキ
新車見物・試乗記 ダイハツ
新車見物・試乗記 輸入車

最新のコメント

>tera-gさん 大..
by gutty355 at 00:42
ご無沙汰してます。 私..
by まつなが at 17:09
お久しぶりです。 仕事..
by tera-g at 17:03
お久しぶりでございます。..
by gutty355 at 23:39
お久しぶりです。 そし..
by まつなが at 17:51

呟き

フォロー中のブログ

tok's  楽書き帳

外部リンク

以前の記事

2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
more...

最新のトラックバック

Happy
from tok's  楽書き帳
今も昔もラジコンは買って..
from h-fragment
フラット・ワイパー
from 「アウトバック 大好き!」の..

検索

ファン