カテゴリ:新車見物・試乗記 スズキ( 35 )

新車試乗記「ジムニーはMTで。」篇

再び試乗記です~。何気なく探して見つかった、ジムニーのMTの試乗車に乗ってきました。
試乗車はクロスアドベンチャーXCのクエーサーグレーメタリック。
a0047157_19382811.jpg

気がつけばこの10月で13年を迎える現行ジムニー。
パキッと四角いけれど角が落としてあったり、目がパッチリしてちょっとキュートな
顔つきだったりして、親しみやすくて飽きの来なさそうなデザインがステキ。
カタログではちょっと派手かな?と思ったメッキのグリルやホイールも、
実際見てみると意外にマッチしています。エスクードと同じグレーのボディ色もよく似合います。

以前乗っていたキャロルと同じ世代ということで、インテリアには近いテイストを感じますが、
最近の軽自動車と比べても質感は高いと思います。
革巻きのステアリングやカーボン風のパネルも質感アップに貢献しています。
ただ、せっかくならシフトノブも革巻きにして欲しかった・・・。

シートもレザー風の素材で、サイズはたっぷりではないものの充分な印象。
柔らかさのあるクッションと適度にサポートの盛り上がった形状で
思いのほか体にフィットして、ホールド感も良い感じ。掛け心地良かったです。
高い着座位置で見晴らしよく、小ささを感じません。ボンネットの見切りも良好。

荷室は広くは無いものの、普段の買い物なら充分。
後席も半分ずつ倒せるので使い勝手よく、ちょっと大きいものも積めます。
リアゲートはダンパー付きで、軽い力で開けられる反面、気を抜くとスパーンと開くので注意。

エンジンはおなじみK6A型ターボ。
出足のトルクも充分にあって、走り出しも思ったほどシビアでなく乗りやすい感じ。
ギア比がだいぶ低く設定されているので、1速で走り出すとすぐ上まで回っちゃいます。
2速発進でも無理がない感じでしたね。
軽自動車で考えれば充分にトルクフルですし、滑らかに効くターボで重たいであろう車体を
回転数に比例してグイグイと加速させていきます。坂道も楽々。
3速で引っ張ってみると、意外なほどシュイーンと気持ち良い印象。
以前乗ったATよりも断然気持ちよくて、好印象でした。
a0047157_1938434.jpg

MTのシフトフィールも、思ったよりストロークも小さくガチッとしたフィールで
節度感があって操っている感たっぷり。クラッチはやや重めですが、すぐ慣れます。

足回りは硬め。剛性感があって、ビシッと背筋の伸びたような感じ。
マンホールの上などを通ると、体が揺すられるようになるものの、
ビシビシ突き上げたりする感じではなく、角は取れている印象。
歩道の段差などの大きなギャップはしっかりとストロークして吸収してくれますね。
コーナリングでも剛性感があって、ロールも抑えられていますし、
ちゃんと足が路面を捉えようとしている感触。

ハンドリングはスローすぎずクイック過ぎず。
切り始めからしっかりクルマが動いてくれる、扱いやすくて正確性の高いもの。
ステアリングはやや重めですが、手ごたえのある、路面の感触がしっかり伝わるフィーリング。

コンパクトボディで見晴らしよく、車庫入れも楽々。とっても乗りやすいです。

ジムニー、過去にも何度か乗っていますが、やっぱり良いですね~。
がっしりした乗り味やタフな感じも魅力的。
さらにMTだと操る楽しさも含めてもっと乗って面白く、ジムニー買うならMTだなと思いました。
レザー風シートや革巻きステアリングでイイモノ感もあるし、すごく満足感の高そうなクルマで、
持ってたら楽しそうだなぁと。あ~、いいなぁジムニーMT。
[PR]
by gutty355 | 2011-10-11 19:39 | 新車見物・試乗記 スズキ | Trackback | Comments(0)

新車試乗記「さらに楽しいMT車」篇

今回は久々の試乗記。地震のちょっと前にスイフトのMT車に試乗してました。
試乗車はXL 5MTのアブレイズレッドパール2。
a0047157_2383884.jpg

(↑ の写真は以前試乗したXSですが、見た目はほぼ同じです。)

全体的にシックで上質感がありながら、スポーティなテイストが織り込まれた
内外装は、デビューから少し経った今でもいいなと思わせる
長く付き合えそうな印象。スタイリッシュでカッコいいです。
当然ですが、基本的にCVTのモデルと同じなのでシートやスペースなどの印象は同じ。
よく出来たシートはやっぱり良いクルマだと思わせてくれます。

当然エンジンも同じ1.2L。
そこまでCVT仕様と印象は変わらないかなと思いつつ、1速に入れて、お店から道路に出て
加速すると、CVT仕様よりも出足が鋭く、エンジンも軽く吹け上がりが良いような感じ。
2速に入れてまた加速していくと、スムーズな回転と共にトルクがグーッと盛り上がって来て、
爽快な加速感を味わわせてくれます。
レスポンスもCVTより良く、コーナーを抜けて加速というシーンでもよりキビキビと気持ちよく走ります。
同じエンジンなのにCVT仕様よりも活発な印象ですね。
全体的にトルクは充分なので、発進もそんなに気を使いませんし、
街乗りで高いギアに入れたままで楽して走っても意外に粘って走ってくれます。
a0047157_2415511.jpg

一応普通の小型車なので、クラッチは普通の乗用車的に軽いですし、
シフトの感触はカッチリと節度感のある、自然で気持ちの良い感触。
旧スイフトスポーツのMTのタッチを少し柔らかくしたような感じの印象でした。

足回りも相変わらず好印象で、16インチタイヤなのにスムーズかつしなやかに動き、
どっしりとした落ち着きもあり、コーナーでの踏ん張り感の高い安定性は
MTで乗るともっと攻めて走ってみたくなってしまいます。(笑
シャープで非常に正確なハンドリングもそう思わせる一因ですね。

スイフトのMT車、私の予想を超えて運転が楽しいクルマでした。
普通のコンパクトカーでもここまで楽しいクルマがあるんだなと。(@@)
下手なスポーツカーより使いきれるパワーのスイフトのほうが楽しいかもしれません。
値段もリーズナブルだし。
運転の楽しさが感じられ、クルマの楽しさを再確認できると思います。(^^)

欲を言うと、スイフトだけでなくスプラッシュにもMTが欲しいな~なんて。
[PR]
by gutty355 | 2011-04-03 23:33 | 新車見物・試乗記 スズキ | Trackback | Comments(0)

新車見物・試乗記「他とはちょっと違う、個性派ワゴン」篇

ちょっと空きまして・・・久々の試乗記です。MRワゴンを見て乗ってきました。
試乗車はXのパールホワイトとTのパールメタリックカシミールブルー。
a0047157_1473797.jpg

旧型よりもしっかりと箱型になったスタイルはシンプルながらも、ボンネットの切り口が
回り込んでいたりウインカーが独立していたり、リアも窓の上をブラックアウトして繋がりを
持たせたりと意外にこだわっている印象。ホイールキャップも細かい穴で芸が細かいです。
強調したフェンダーで足元のしっかり感もあり、愛嬌のあるフロントマスクは可愛すぎずワルすぎず、
個性もあってなかなかGoodです。中途半端印象が否めなかった旧型よりステキになりました。

インテリアは質感高く、ラウンドした白いパネルが広がりを感じさせ、そこに浮かんでいるような
オーディオ・メーター周りの造り、白と黒のコントラストが他にはない新鮮な感覚で、結構ステキ。
スズキの軽らしくトレーや小物入れが豊富で使い勝手は抜群。
新しいタッチパネルオーディオは新感覚で操作もしやすくなかなか良いかも。

シートは座面・背もたれの長さがもう少しあってもいいかなと思いますが、
妙に硬くて薄い印象だった旧型より厚み感のある適度な柔らかさを持たせたものになって
掛け心地が良くなり、形状も良くなってフィット感やホールド性が上がっています。
リアシートも同様で、クッションの厚み感があり、座面の角度も良好で掛け心地よく、
足元はもちろん、ロングルーフで頭上も広い。垂直にきったリアドアで乗り降りも楽です。

荷室は他のこの手のクルマ同様広くないですが、少しシートを前に出せば不足なく。

今回の目玉、新型エンジンですが、新しいエンジンマウントのおかげもあるのか
以前より振動が気にならなくなり、出足は充分ながら以前とそこまで変わらないかなという
感じですが、そこからのトルク感が増して出足の先のもたつき感が気にならず、
以前よりも踏み込むことなくスムーズに加速していきます。
登り坂でも粘りのあるトルクで以前ほど回さなくても登る印象ですし、
減速からの加速でももたつかず、中間加速も充分。NAでも結構よく走ります。
一方ターボだと出足から鋭くなり、中間加速でのレスポンスもよく、NAより全域でパワフル。
見た目から想像するよりも速く、充分に流れをリードできます。
長い登り坂でも力強くグイグイ加速していきますね。
余裕があるのはもちろん、意外に爽快に走ってくれます。

足回りは柔らかさがありつつしっかりしたもので、端の継ぎ目などのギャップを
しっかり吸収して乗り心地良く、でもコーナリングではロールも良く抑えられ
旧型の足の伸びきったような印象ではない、腰の落ち着いた安定感のあるものです。
ターボモデルになると、14インチタイヤになるためかよりシャキッとした感触になり、
若干硬めになるのですが、ギャップをいなすような印象でフラット。
コーナリングではNAで感じられたタイヤの柔らかい感じが無く、接地感が上がり
安定感のより高い印象です。

ハンドリングは穏やかですがダルくなく、切った分だけしっかり曲がってくれるもので、
正確性は充分。ステアリングはしっとりと重みのあるしっかりした感触。

立ったAピラーで視界は広く、四角いボディで車庫入れもしやすいですね。
オーディオのバックモニターも充分に見やすいかと。

新型MRワゴン、やや中途半端だった旧型よりハッキリとした個性を持って
なかなか良くなった印象でした。内外装も新鮮で、エンジンも良くできています。
ソツの無いワゴンRに対する個性のMRワゴンといった感じでしょうか。
個人的に結構好きです、これ。私ならワゴンRよりコッチかも。
[PR]
by gutty355 | 2011-02-09 23:06 | 新車見物・試乗記 スズキ | Trackback | Comments(0)

新車見物・試乗記「スズキのノウハウが活きている」篇

2011年最初の試乗記です!
ソリオを見て乗ってきました。試乗車はXのパールホワイト。
a0047157_21295697.jpg

高さ以外はスイフトよりもコンパクトサイズなので、見た印象は本当にミニミニバンといった感じ。
ピラーの処理など差別化されていることもあり、パレットを大きくしただけという感じは
しませんでしたね。全体的なまとまりは悪くないですが、エアロは少々大げさか?

インテリアの印象もパレットと近いものがありながらも違って、
トレー等が増えていたりして使いやすさも上がっています。
電源・USBソケットの前にトレーがあるのはipod等置きやすくて個人的に好印象。
質感は上質とまではいかないですが、デザインや色使いを上手くやっていて、
安っぽさは感じさせません。

シートはサイズがやや小さめ。柔らかめのクッションが包み込むようフィットして、
掛け心地は悪くなく、ベンチではなく独立したシートでサポートも意外にしっかり。
リアシートもやや小さめですが、座面の後傾角が適度についていて
意外に掛け心地良く、見た目から想像するより広いスペースでゆったりしています。
後席用のカップホルダーや小物入れが左右にあるのは嬉しいところかも。

荷室は全長が短いこともあって広くはありませんが、リアシートを少し前に出せば普段は充分。
背もたれを倒すだけの簡単操作で大きく拡大できます。

エンジンはスイフトと同じ1.2L。
単純に、この背の高い車に1.2Lはどうかな?と思ったのですが、
出足のトルクもしっかりありますし、登り坂でもCVTがしっかり力を引き出してくれるので
踏んだ分しっかりと加速して、思いのほかグイグイと登り、交差点曲がってからの加速も
充分で、見た目より良く走る印象です。4人乗りだとどうかな?ではありますが。
巡航時は静粛性も高いです。

足回りもパレットに近い、柔らかさがありながらしっかりしており、
大きなギャップも当たりが優しくしっかり吸収し、橋の継ぎ目はいなす、しなやかな乗り味。
14インチタイヤとあまり欲張ったサイズにしていないのも貢献しているのかも。
パレットよりも幅が広いので安定感が上がっており、
コーナリングでも背が高いのに4輪の接地感もしっかりしていて安定しています。
直進性もしっかりしており、ミニバン的なフラフラ感は感じませんでした。

ハンドリングは穏やかな反応ですが、ハンドル操作に対して素直に動く印象で、
意外にキビキビ感もあります。
ステアリングも適度に重みがあって、しっかりしたフィーリング。

視界が広く、コンパクトサイズで運転しやすさ抜群。狭い道もラクラクでしょう。

新型ソリオ、欲張らないサイズに色々な部分の使い勝手の良さ、
充分なパワーにしっかりした走りと、ワゴンR・パレットとスイフト・スプラッシュの
それぞれのノウハウが活かされたクルマだと思いました。
ただの軽の拡幅版だと思っていると、いい意味で裏切られると思いますよ。
狭い道の多い日本にはちょうど良いのかもと思ったり。
[PR]
by gutty355 | 2011-01-13 21:31 | 新車見物・試乗記 スズキ | Trackback | Comments(0)

新車試乗記「スズキのアイドリングストップ」篇

ここで短め試乗記を一つ。ワゴンRのアイドリングストップ車に乗ってきました。
試乗車はFXアイドリングストップのアクアベールブルーパールメタリック。
a0047157_0425340.jpg

エクステリアは変化なし。ワゴンRらしさのある、シンプルなスタイル。
インテリアも同じですが、シート地がシンプルな模様になっています。

エンジンも基本的に同じ。出足からしっかりトルク感があって力強く加速していきますし、
副変速機付CVTのおかげで、巡航では回転が低く抑えられて、静かに走っていきますし、
減速からの加速などでは、すぐに低いほうに入って力強い加速を得ることが出来ます。
CVT特有の違和感も無く、加速のフィーリングもいたって自然で乗りやすいです。

今回の目玉はアイドリングストップシステム。
信号で止まると、完全に停止してから1秒ほどでストンとエンジンが停止。
ブレーキから足を離すとシュルルっとエンジンがスタートします。
エンジンがスタートする速さは、マツダのi-stopよりは少し時間が掛かる感じですが、
発進で一歩遅れるようなことは無く、感覚としてはマーチと同じくらい。
充分にスムーズで違和感はありませんでした。

乗り味は変わらず、しっかり感が高いのですがちゃんとストローク感のあるもので、
フワフワ・フラフラした動きの無いシャキッとしたものです。
コーナリングでのロールも過大ではなく良く抑えられており、安定感も充分。
ハンドリングは穏やかな反応で、ちゃんと切った分だけ曲がってくれる扱いやすいもので、
ステアリングはやや重めのしっかりした感触です。
広い視界と軽ならではの小回り性、四角いボディで運転のしやすさは抜群です。

ワゴンRのアイドリングストップ、充分に自然でよく出来ていました。
アルトあたりに搭載されたら、かなり燃費良くなりそうかも?
1月発売の新型MRワゴンは新しいエンジンとこのアイドリングストップを組み合わせるそうで。
そちらもちょっと楽しみなところです。
[PR]
by gutty355 | 2010-11-29 23:41 | 新車見物・試乗記 スズキ | Trackback | Comments(0)

新車試乗記「No.1軽トラ」篇

今回は寝かせた試乗記・商用車のラスト。軽トラ、キャリイです。
試乗車はFC農繁のスペリアホワイト。
a0047157_206154.jpg

エブリイとも似た四角い顔つきは道具的でありながらどことなく愛嬌もあって、
格子状のグリルはなんとなくアメリカンな感じも?
今回のクルマはショートホイールベースのFCでしたが、
今までロングホイールベースに見慣れているので、顔は同じでもちょっと不思議な感じ。

インテリアはいたってベーシックで機能的。
大きなメーターは見やすく、小物入れも豊富でしっかり使い勝手を考えてあります。
キャビンは、アクティと比べるとスペースは少なめ。
ですが、サンバー、ハイゼットと比べるとそこまで差は無いかなぁと。
キャブオーバー仕様なので、足元は広く、ペダルの配置も自然です。

シートは比較的厚みがあるような印象で、サイズもこのクラスでは大き目かと。
意外に悪くなかったですね。ただ、ポジションはシートを一番後ろにしてもちょっと前な感じ。

それでは試乗。
クラッチは軽いですが、反力は適度で繋がる所も分かりやすく、操作はしやすい印象。
軽トラックにしてはシフトストロークは短めで、フィールもカチカチッとしていて良好。
出足は力強く、そこからポンポンシフトアップしながら加速していくと、
しっかり下からトルク感があって、乗りやすいのはもちろん、意外と速いかも・・・。
ただ、ちょっと引っ張って回してみると、ちょっと大変そうで、回して走るタイプではないかも。
エンジンがお尻の下にあるので、アクティ、サンバーに比べるとエンジン音の入りは大きく、
回転が上がると少々うるさいです。

足回りは比較的しなやかさがあるような感じで、荒れた路面でリアは少しバタつく程度で
さほど跳ねるような感じはしません。
ただ、フロントは少し締まっているような感じで、キャブオーバーであることを考えても
少し揺すられ感が強いかも。
コーナリングではやや大きめのロールを伴いますし、リアの接地感も後方にエンジンのある
クルマと比べると少し薄いですが、怖くはなく、安定感は充分ではないかと。

ハンドリングはスローすぎず、切り始めの反応は穏やかですが、
素直に、切ったらちゃんと切った分だけ曲がってくれるような印象です。

窓は大きいですが、ピラーはやや太目かな。ショートホイールベースなので、小回りは抜群。

キャリイ、軽トラでは定番の1台ですが、後からショートホイールベースを追加したり、
収納が豊富にあったりして、絶えず研究しているんだなと思いました。
軽トラでは一番売れているクルマですが、それも納得できるような。
個人的に、シフトフィールのよさが印象的でした。
[PR]
by gutty355 | 2010-10-30 23:56 | 新車見物・試乗記 スズキ | Trackback | Comments(0)

新車見物・試乗記「本気で磨いた、More SWIFT!」篇

さて、予告通り試乗記です。新型スイフトに乗ってきました。
試乗車はXSのアブレイズレッドパール2、XLのスモーキーグリーンメタリック2。
a0047157_2323427.jpg

パッと見、全体的にあまり旧型と変わらない印象のエクステリアですが、
フロント・リア周りの丸みや、全体的なシャープさがプラスされたような感じで、
スタイリッシュ感が増している印象です。
とはいえ、全体的にスッキリと、スイフトらしさがあって良いですね。
a0047157_23235647.jpg

インテリアはシンプルだった旧型よりオシャレになった感じで、包まれ感のあるスポーティな印象。
質感もグッとアップして、旧型では物足りなかった収納も増えて使い勝手もアップ。
チルト&テレスコピックステアリングでピタッとドラポジが合わせられます。
キザシもそうでしたが、メーターリングに沿った数字がちょっとステキな感じ。

旧型でも大きめだったシートはさらに少し座面・背もたれの長さがプラスされたような感じで
たっぷりとしていて、クッションは旧型より硬めになり、形状も体に良くフィットしますし、
座面の角度も良く、サポートも旧型よりしっかりしたものになっていて、とてもよく出来たシートです。
後席も充分なサイズがあり、座面の厚み・角度もよく、掛け心地は良好。
ヘッドレストがちゃんと頭まで届くのもエライです。
ひざ周りは余裕たっぷりとまではいきませんが旧型より少し広くなった感じで、充分だと思います。

荷室は旧型とさほど変わらない印象。
普段使いで不自由することは無いと思いますが、開口部が高いので重いものは少し大変かも。
a0047157_23241473.jpg

エンジンは1.2L。
CVTが副変速機付きになり、出足からグッと力強くなり、しっかりしたトルク感で
スーッと伸びていきます。
1トンを切る軽い車重としっかりした低中速トルク、CVTのおかげで、
登り坂でもグイグイ登っていきますし、中間加速でもグッと力強く、
CVTも回転の上昇と速度の上昇がシンクロしている自然なフィーリング。
パドルシフトの反応も良く、回したときのフィーリングも気持ちいいので、
その気になればCVTでもキビキビ元気に走ることも出来ますね。

足回りは硬めながらしっかりとスムーズにストロークするもので、
マンホールのフタや橋の継ぎ目はタタッといなし、荒れた路面でもしなやかに受け流す。
小さい車ながらどっしりした重厚感のある、日本車離れした乗り味です。
16インチタイヤでもゴツつくことなく、しっかり履きこなしていますね。
コーナリングではどっしりとした安定感が印象的で、路面追従性が高く、
カーブの途中にマンホールがあっても、不安定な挙動や、接地感が薄くなることがありません。

ハンドリングはシャープな切れ味の良さがあるものですが、直進時には落ち着きがあり、
正確性も非常にレベルが高く、切った感触もしっとりと上質になっています。
ステアリングは重すぎず軽すぎず。
個人的な好みではもう少し重くても良いですが、女性にも扱いやすいのではないかと。

Aピラーが立っていて視界はワイド。Aピラー自体は少し太い感もありますが、
そんなに気にならず。ミラーも大きくて良いですね。

スイフト、旧型の良かったところをさらに磨き上げて素晴らしいクルマになっていると思いました。
間違いなく国産コンパクトで一番の出来、輸入コンパクトとも肩を並べる出来だと思います。
最近の新車のなかでも久しぶりに作った人の気合が感じられるクルマで、
乗っていてすごく楽しい気持ちでした。(^^)
a0047157_23254293.jpg

↑ はXLの試乗車。スモーキーグリーンは写真で見るより深みのある良い色でしたよ。
[PR]
by gutty355 | 2010-10-06 23:30 | 新車見物・試乗記 スズキ | Trackback | Comments(4)

新車試乗記「本格四駆に余裕をプラス」篇

今回もSUVつながりでスズキつながり、エスクードより小さくなって、ジムニーシエラです。
そんなに試乗車があるクルマではないので、ちょっと珍しいかもしれません。(^^)
試乗車はランドベンチャーのパールホワイト。
a0047157_23422751.jpg

軽自動車のジムニーとさほど変わらないサイズなので、見た目は非常にコンパクト。
ですが、大きく張り出したフェンダーや大型の前後バンパーで迫力が増し、
よりガッチリとたくましい印象。もちろん、ジムニー独特のワイルドさはそのままです。

インテリアはジムニーと共通。
特別仕様車ということで、シルバーウッド木目のパネルや革巻のステアリングで
質感も悪くなく、専用のシート地も含めて、こちらもちょっとイイモノ感がありますね。

シートは少し柔らかめながらしっかりしたクッションで、サイズ的にも充分でフィット感は良好。
もう少しホールド性が高くてもいいかなと思います。

荷室の広さも軽のジムニーと変わらないですが、フラットパネルが付いていたりして
使い勝手は工夫されています。

エンジンは1.3L NA。走り出すと、軽のジムニーとは出足のトルクの厚みが違うような印象で、
登り坂を上っていっても、ターボパワーで引っ張っていく660ccに対し、
下からトルクでグッとクルマを押し出してくれる印象。
トルク自体も実用域に振られているので、とても乗りやすいです。
エンジン音は比較的入ってくるほうだと思いますが、ジムニーなら許せるから不思議。

足回りは硬めで、路面のうねりなどそのまま伝えてくる所もありますが、
マンホールや継ぎ目程度なら厚みのあるタイヤで丸く収めますし、
段差などの大きなギャップは大きくとられたストロークで吸収し、意外に乗り心地は悪くない印象。
コーナリングではロールは感じられるものの、幅の広いタイヤと広いトレッドで
軽のジムニーよりどっしり踏ん張ってくれるので、安定感はあります。

軽のジムニー同様、ハンドリングは意外にダルくなく、特に変な癖も無く、自然。
ステアリングは重めですが、しっかりとインフォメーションの感じられるもので、
違和感はありません。

高い位置に座るのでボンネットを見渡せて、Aピラーは細く立っていて、四角いボディで
運転のしやすさは抜群です。

ジムニーシエラ、ジムニーの骨太さはそのままに1.3Lで余裕がプラスされていて、
こちらも魅力的なクルマになっていますね。
車両価格は10万円程度の差。軽自動車というカテゴリーの本格四駆と、
そこに1.3Lの余裕をプラスしたもの。どちらも良いので選択には悩みますよ~。
[PR]
by gutty355 | 2010-08-22 23:45 | 新車見物・試乗記 スズキ | Trackback | Comments(0)

新車試乗記「ライトクロカンの先駆者」篇

今回はエクストレイルのライバル、エスクードの試乗記です。
試乗車はサロモンリミテッドのパールホワイト。
a0047157_23305240.jpg

顔つきは精悍で力強く、角ばったスタイルに張り出したフェンダーで、
全体的にとても逞しい印象。
ボンネットの形状やフロントマスクの雰囲気に初代のエッセンスが感じられたり、
大きなタイヤ、背負ったスペアタイヤで四駆っぽい感じがするのがイイですね。

インテリアはシンプルかつシルバーやメッキの使い方も適度で、センス良い感じ。
スイッチ類もスッキリと真ん中にまとめられていて、機能的で使いやすい印象です。
一つ気になったのは、メーター。3つに仕切られているのですが、
この仕切りがちょっと邪魔かなと。

シートはたっぷりとしたサイズで、厚みもしっかりとあり、
適度にやわらかめな感触は体を包み込むような印象でフィットしますし、
腰の部分も適度に張り出していて、しっかり支えてくれる、なかなか良いシートです。
リアシートも大き目のサイズで、クッションも厚めで座り心地が良いですね。
ひざ周り、頭上のスペースも充分。

荷室は平均的なレベルかと。
フロアは低めですし、リアシートはタンブルが可能なので、充分使えると思いますよ。

2.4Lのエンジンは、出足からたっぷりとしたトルクを感じさせるもので、
他車と比べるとやや重めのボディながら力強く走ってくれます。
坂道や中間加速でも、大きく踏み込まなくても充分に走ってくれる、
たっぷりしたトルク感があって、余裕と乗りやすさを感じます。
回転もスムーズですし、静粛性が高いのも印象的でした。

乗り味は少し引き締まった印象のしっかり感の高いもので、
それでいてたっぷりとストローク感のある、しっかりと動く足で、
突き上げるような硬さは全く感じないですし、この手のクルマに多いソフトな
乗り味でもない、乗用車的な非常にバランスの良い乗り味になっていると思います。
それ故、コーナリングでのロール感は大きくなく、よく抑えられていますし、
4輪がしっかりと路面を捉えているような感触があり、非常に安定しており、
意外なほどにいい走りを見せてくれます。

ハンドリングも、この手のクルマにしてはシャープな印象で、
適度に中立付近に鈍さがありつつも、切り込んでいくと操作に対して素直に、
正確に曲がって行ってくれるような印象。
予想以上にスムーズに、気持ちよく曲って行けるのには驚きました。
縦置きFRベースレイアウトやほぼ50・50の前後重量配分がもたらすもの
なのかもしれませんね。

ステアリングはとても自然なフィーリングで、しっかりとした
手ごたえ・インフォメーションがありながら、重すぎず軽すぎず、女性でも運転しやすいと思います。

エスクード、ちょっと小さめのSUVクラスでは先駆者のクルマですが、
ボディや駆動系のレイアウト、4WDのシステムなど、本格的な中身を持ちながら、
走り・乗り心地も良く、「さすが先駆者!」と思いました。
この内容に対して、値段も随分リーズナブルで、サイド・カーテンエアバッグとESPの
セットを付けても、ライバル車よりお得なのも驚き。
最大のライバルはエクストレイルだと思いますが、私だったらエスクードを選ぶかも。
[PR]
by gutty355 | 2010-08-21 23:38 | 新車見物・試乗記 スズキ | Trackback | Comments(0)

新車見物・試乗記「進化した日本のベーシックカー」篇

さて、今回が2009年最後の試乗記です!新型アルトを見て乗ってきました。
試乗車はGのCVTのミルクティーベージュメタリックとFの4ATのエアブルーメタリック。
a0047157_21554067.jpg

(↑ の写真はF、他の写真はGです。)

エクステリアは、欧州版のアルトにも共通するイメージのデザインで、
リア周りはスイフトにも近いような雰囲気。
旧型よりもスタイリッシュさがありながら、こいのぼりのようなフロントマスクは
非常に親しみやすい印象です。
a0047157_21555557.jpg

インテリアは、高級感といった感じではなくシンプルにまとめられているものの、
旧型よりも質感はアップしており、安っぽい感じは全くしません。
フロアシフトにレバー式のサイドブレーキ、そしてエアコンやオーディオの配置が
良いようで、非常に操作がしやすいのが印象的です。
a0047157_2156224.jpg

シートはサイズがやや小さいものの、旧型のようなスポンジーな感触ではなく、
若干柔らかめながらしっかりとコシがあるクッションと体を包み込むような形状で
体にピタッとフィットして、結構座り心地が良いですね。
運転姿勢もすごく自然な感じで、旧型より疲れにくそうな印象です。
a0047157_21563842.jpg

後席は、旧型よりも足元がずいぶんと広くなり、頭上も充分余裕があります。
ただ、シートは座面・背もたれ共に平面的なので、掛け心地はまずまず。
ヘッドレストや分割可倒が最上級グレードしか付かないのは不満ですね。
荷室は旧型と同じくらい。セダン系では広いほうで、充分使えると思います。

エンジンをかけると、旧型よりもエンジンのノイズ、ステアリングに伝わる振動が
抑えられている印象です。
a0047157_21565580.jpg

走り出すと、ワゴンR等と同様、低速からしっかり力があるのはもちろん、
車重がかなり軽いほうであることもあり、発進加速が鋭くキビキビしていて、
きつめの登り坂でも軽い感じでスイスイっと駆け上がっていきます。
全体的にすごく軽快でとてもよく走る印象を受けました。
副変速機構付きCVTはダイレクトでレスポンスよく反応してくれるのですごく乗りやすく、
軽快さにも一役買っていますし、巡航時の回転が抑えられ、騒音も抑えられながら
軽い車重と合わせて燃費もかなりよさそうです。
4ATでも変速ショックは小さいですし、登り坂での変速制御も上手く、
特に不満はありませんでした。あとは好みですが、個人的にはCVTを選んでほしいなと。

乗り味はしっかり感もありながらしなやかで、たっぷりとストローク感のあるものです。
路面の大小さまざまな凹凸に対してしなやかに足が動いて受け止めてくれるので、
旧型のようなピョコピョコと揺れるような感じが無く、快適です。
コーナリングでは、ロール感はありますが背が低いので過大ではなく、
出方も自然になっています。4輪の接地感、特に後輪の接地感も上がっており、
安定感が旧型より随分上がったような印象です。
ハンドリングは相変わらず素直で軽快で、ステアリングは軽めながら
適度な手ごたえ感があり、フィーリングも旧型よりとても自然になっています。

Aピラーが寝すぎておらず、スカットルが低くて視界も広々していますし、
当然とても小回りも利くので、誰でも乗りやすいのではないかと。

一つ気になるところと言えば、シートリフターやチルトステアリング、
2WDだとリアワイパーが付かないなど、装備に差があったり、
ABSをいまだにオプション装備にしているあたり。もう標準にしてもいいのでは・・・。

アルト、新型は全体的な質が上がっていながら、高級過ぎない、ベーシック感を
残しているところに好感が持てましたし、なにより中身がしっかり進化していると思いました。
これなら普段使いでも安心して乗れると思いますし、軽い車体に力のあるエンジン、
軽快なハンドリングで、結構キビキビとした走りが楽しかったりします。
マニュアルで元気に走っても面白そうですよ。
ラパンSSも無い今、ターボモデルとか出たりしないかなぁ・・・。
a0047157_21571399.jpg

↑ はバンのVP。こちらの顔の方が好みの方も多いのかも。
[PR]
by gutty355 | 2009-12-29 22:43 | 新車見物・試乗記 スズキ | Trackback | Comments(0)


スバルR2、新車試乗記などなどクルマだらけのブログです。


by gutty355

プロフィールを見る

カテゴリ

R2
OUTBACK
CAROL
LOGO
SUBARU
DRIVE
CHEMICAL
MINICAR
TALK
CARS IN CITY
RENT A CAR
OTHER
新車見物・試乗記 スバル
新車見物・試乗記 トヨタ
新車見物・試乗記 日産
新車見物・試乗記 ホンダ
新車見物・試乗記 マツダ
新車見物・試乗記 三菱
新車見物・試乗記 スズキ
新車見物・試乗記 ダイハツ
新車見物・試乗記 輸入車

最新のコメント

>tera-gさん 大..
by gutty355 at 00:42
ご無沙汰してます。 私..
by まつなが at 17:09
お久しぶりです。 仕事..
by tera-g at 17:03
お久しぶりでございます。..
by gutty355 at 23:39
お久しぶりです。 そし..
by まつなが at 17:51

呟き

フォロー中のブログ

tok's  楽書き帳

外部リンク

以前の記事

2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 02月
2016年 01月
more...

最新のトラックバック

Happy
from tok's  楽書き帳
今も昔もラジコンは買って..
from h-fragment
フラット・ワイパー
from 「アウトバック 大好き!」の..

検索

ファン