<   2010年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

工場見学?

しばらく前にポータブルHDDを買いまして、パソコンのデータを入れておいたり、
撮った写真を入れておいたりしておりまして。
あらためてちょっと整理していたら、面白い?写真が出てきました。
a0047157_23395793.jpg

アウトバックチョロQの製作過程です。工場見学みたいな感じで?お楽しみください。
a0047157_2340253.jpg

まず、バンパーのパーティングラインやフォグランプ周りのスジ彫りをペーパーで削り、
バンパー開口部周りをモデラーズナイフで削って形作り。
NAモデルの場合はエアインテークも削ります。
a0047157_234463.jpg

パンパーにパテを盛り、ナイフで削って開口部やフォグランプ周りを
細かく形作って行きます。
a0047157_23464090.jpg

耐水ペーパーで表面を整えて、一旦チェック。
また細かくパテを盛って、修正し、ペーパーを掛けて確認を繰り返し。
a0047157_23492173.jpg

アウトバックの特徴、オーバーフェンダーも同様に、パテを盛って、
ナイフで削って、ペーパーで整えての繰り返しです。
a0047157_23505618.jpg

だいたい納得いったところで、サフェーサーを吹きまして、
塗装前の下地処理&細かい傷のチェック&パテ盛り部分の確認。
傷があったり、パテ盛り部分の形状がイマイチだった場合はまた修正します。
a0047157_23532166.jpg

修正が完了したら、塗装に取り掛かります。基本的にプラモデル用のスプレーを使用。
この時はカメリアレッドということで、どれが一番近いか試行錯誤した結果、
タミヤの「マイカレッド」の上に、クレオスの「ローズレッドマイカ」を軽く重ねるのが
一番カメリアレッドに近いという結果に。
a0047157_23591512.jpg

スプレー塗装が乾燥したら、筆塗りで細部の塗りわけ。
ボディ下部、ルーフレール、窓、ライト、グリル、エンブレム、ナンバー、ホイールも。
a0047157_014534.jpg

チョロQのメッキのホイールはキラキラしすぎなので、
上からちょっと薄めたシルバーを塗りまして、シルバーでキラキラを抑えつつ、
シルバーの奥にうっすらとメッキが透けることでハイラスターっぽく。
a0047157_043087.jpg

乾きましたら、ボディとシャーシを合体!
a0047157_044312.jpg

これで完成です!
ちなみにこのカメリアレッドのXTはこの後、広島のお客様へ納車されました。(^^)

と、まあこんな具合でアウトバックチョロQは作られております。
ベースがBH型レガシィという違いはあれど、ランカスターも同じような感じですよ。

手元にBPレガシィチョロQがある方、ぜひお試しください。(爆
[PR]
by gutty355 | 2010-02-22 23:02 | MINICAR | Trackback | Comments(3)

ラ。

今回は半月ほど前に借りたレンタカー記を。クルマはコレ。
a0047157_2225736.jpg

ラクティスです。グレードは1.3X Lパッケージのホワイトパールクリスタルシャイン。

コンパクトクラスの中でも随分と背の高いクルマですが、
シャープな印象の流線型のフォルムで、容積の大きい車ながら貨物車っぽい感じの
しない、わりと若々しい感じのスタイルになっています。
ですが、全体的には無難にまとまっているのはトヨタらしいところでしょうか。
a0047157_2285828.jpg

インテリアはヴィッツよりも質感高い印象。
インパネシフトの操作性も良いのですが、エンジンのプッシュスタートボタンが
ステアリングコラム左側のインパネにあり、鍵でエンジンをかけるのとは逆側な上に、
着座姿勢ではステアリングに隠れるのでパッと操作しづらいのが気になります。
a0047157_2291277.jpg

もう一つ気になったのが、エアコン。
オートエアコンだったのですが、エアコンを入れると普通は液晶に「A/C」等
表示されるのですが、このクルマは無く、ボタンのランプが点くだけで、
エアコンが入っているかどうかがイマイチ認識しにくい。
a0047157_2292877.jpg

シートは大きめのサイズで、体のホールド感もあるのですが、
座面の形状がいま一つで、足の付け根付近の太ももの裏が圧迫されるような感じ。
背もたれも、あとちょっと腰の張り出しが欲しいです。
a0047157_2294062.jpg

リアシートは折りたたみを一番に考えているようで、サイズが小さく、
座面・背もたれともに長さが足りない。ヘッドレストも、上まで伸ばしても頭に届かないです。
フラットなフロアで、足元スペースも充分にあるのに、このシートは残念。
a0047157_2295144.jpg

その分、荷室は広々としており、シートを倒さずとも大体の物は載りそうですし、
シートを収納してしまえば広大なスペースが生まれ、フロアも低いので
自転車も簡単に積み込めてしまいます。
a0047157_2210498.jpg

1.3Lのエンジンは、しっかりとしたトルク感こそ無いものの、
大きなボディながら街乗りでは充分な印象で、特に大きな不満無く走りますが、
登り坂やバイパスでの合流になると、ちょっと非力感が顔を出しますね。
最も違和感が大きかったのはCVTの味付け。
停止状態からスタートすると、20km/hを越えたあたりで一気に1000回転近く
回転が下がり、一気に加速が鈍くなります。
かなり燃費を意識しているのか、巡航時もかなり低い回転に持って行きますし、
加速時のアクセルレスポンスが悪く、不自然なドライブフィールで乗りにくいです。

足回りは妙に硬いセッティングで、街乗りではかなりゴツゴツ感が強く、
大き目のギャップを越えると、ビシッと大きな突き上げを感じます。
一方、高速道路では安定感があり、乗り心地もさほど気になりません。
コーナリングでは背の高さのわりにロール感が小さく、わりと安定感も高く、
そんなに怖い思いをせずに走れるのですが、普段の乗り心地が悪いのは
どうにかして欲しいところ。

ハンドリングは比較的シャープな味付けになっていますが、
ステアリングが妙に重たく、操舵にするのにかなり力が要るような印象で、
戻りも強いので、大きなカーブではかなり保舵力が必要になり、
女性が運転するのは大変なんじゃなかろうかと。

ブレーキは踏み始めの効きが弱く、ある程度踏んだところで急に効きが増すような
感じで、さらにそこから効きが増していくような感じがしないので、
どうも違和感の強いフィーリングです。

今回のラクティス、広いスペースはあるものの、なんと言うか、
全体的に走りに違和感が大きい印象が残りました。
よっぽど大きなものを載せることが無く、大人4人と荷物を普通に
載せることができれば良いのであれば、ノートやフィット、
大きなものを載せるにしても、フリードあたりのほうが良いのではないかと。

ちなみに、フリードは近日試乗記UP予定。
[PR]
by gutty355 | 2010-02-18 22:11 | RENT A CAR | Trackback | Comments(0)

見かけた写真館 その9。

ネタに困るとやってくる、見かけた写真館のお時間です。(笑
今回は新型ブーン登場記念?ダイハツな写真です。

・コンパクトカー。
a0047157_121224.jpg

山形のとあるガソリンスタンドで見かけた、シャレード。
かつてはコンパクトカーの代表的な車種の一つでしたが、
このモデルの頃にはマーチやスターレットに比べて、だいぶ地味な存在だったような。
セダンのソシアルやホットモデルのデトマソなどもありましたね~。

シャレードの後、ストーリアが誕生し、そしてブーンにつながるという感じでしょうか。
このシャレードをベースに作られたのが、↓ のクルマ。

・コンパクトワゴン。
a0047157_11592334.jpg

山形市内で見かけた、シャレードベースのワゴン、パイザーです。
この手のコンパクトワゴンの中では早くに登場しましたが、
ほとんど同時期に「マツダの救世主」、初代デミオが発売。

コンパクトで立体駐車場に入るサイズながら、シートを畳めばマウンテンバイクが積めたり、
実用的・道具的な内外装でなんとなく新しいというか、色々な使い方が想像できた
デミオに対して、サイズが少し大きくて室内はより広いものの、立体駐車場に入らず、
内外装もなんとも地味というか、平凡だったパイザーは今一つ振るわず・・・。

ダイハツお得意のエアロダウンカスタムを追加したりしたものの、
後にYRVが登場、少しの間併売されたものの終了。YRVは個人的に好きだったんですけどね~。

「おっ、パイザー」という狙った?キャッチコピーも印象的でした。(笑

・ハッチバックセダン。
a0047157_123142100.jpg

こちらも山形市内で見かけた、アプローズ。

4ドアセダンのようで、リアウインドー部分からガバッと開くハッチバックになっており、
シンプルなデザインで、なんとなくヨーロッパ的だったのですが、
後期で急に大きなメッキグリルが付いたりして、変に高級車風に。
写真はその後期型です。

そのように迷走したのも、リコール騒動で販売に大打撃を食らってしまったのが
理由なのかもしれないですね~。


それにしても、これらのクルマが上手いこといってたら、
今頃ダイハツのラインアップももっと面白かったかもしれないですね。
同じ軽自動車メインでも、スズキはどんどん面白くなっているのに。
まあ、上にトヨタさんが居るからダイハツは難しいのかもしれませんが・・・。
[PR]
by gutty355 | 2010-02-16 23:55 | CARS IN CITY | Trackback | Comments(0)

巨大。

今日は珍しく、クルマとは関係ないモノを。
今日、スーパーに食料品の買出しに行ったら、こいつを発見しました。
a0047157_2151738.jpg

Happyプッチンプリンいちご味。

ご存知の方も多いかと思いますが、デカいプッチンプリンです。内容量は400グラム!
サイズはこんな感じ。
a0047157_2173846.jpg

左は手元にあった、普通のチョロQ。チョロQが小さく見えますねぇ。

お皿にプッチンしてみると・・・。
a0047157_21104426.jpg

やわらかいので、容器に入った状態より少しワイド&ローになります。(笑

完食しましたが、結構お腹いっぱいというか、ずっしり来ますね。(^^;)
プリンですが、いちご味もなかなかgoodです。

調べてみたら、いつどの地域で売られるかは秘密で、発売期間も限定されているとか。
見つけたあなたはお試しになってみては?
[PR]
by gutty355 | 2010-02-08 21:23 | OTHER | Trackback(1) | Comments(2)

新車見物・試乗記「農道のNSX」篇

今回の見物・試乗記はいつもとちょっと違う車、新型アクティトラックです!
展示・試乗車はSDX 4WDのタフタホワイト。
a0047157_0211142.jpg

旧型から大きく変わって、キャブオーバータイプになったボディは、
トラックらしいスタイルになりましたね。
カクカクしたデザインで、旧規格時のアクティにも通じるデザインです。
ファニーな雰囲気のサンバー、キャリイ、ちょっぴり精悍なハイゼット、ミニキャブに対し、
アクティは涼しいすまし顔といった感じでしょうか?

インテリアは現行ライフにも共通するイメージのインパネで、スイッチ類も使いやすいですし、
カップホルダーなんかもあったりして、意外と安っぽくない感じがしましたね。
何よりも、キャビンが広いです。
キャブオーバー化のおかげで足元も広々して、ペダルの配置も自然ですし、
フロントガラスまでの距離があるので圧迫感が無く、むしろ開放感を感じるほどです。

シートは座布団のようなクッションで、硬い感じの座り心地。
座面もちょっと小さい感じがします。シートはサンバーのほうが良い印象です。
広いスペースのおかげで、自然なポジションは取れますね。

荷台は広々としています。
ただ、積むものによって良し悪しあるでしょうから、仕事人の判断に任せます。(笑

それでは試乗。
クラッチは非常に軽く、繋がった感触がソフトであまり伝わってこない感じ。
ですが、慣れれば普通に乗れますし、低いギア比で発進も乗りやすい印象。

出足思ったほど力強くないものの、充分なトルクかなといった感じ。
そのかわり、高回転までよく回るのが印象的です。
さほどパワー感は強くないですが、どこまでも回るようなフィーリングはなかなか気持ちいいです。
エンジンが後ろにあるので、アイドリング時は結構静かで、振動もよく抑えられています。
走っていても、回せば大きく音は入ってきますが、基本的にはそんなにやかましくなく、
意外と快適かもと思うほどです。

シフトは、横方向のストロークが短く、意外にしっかりとした剛性感のあるフィーリングです。
なかなか気持ちのいい操作が出来ると思います。

足回りは、ガチガチではないものの、わりと硬めな感じ。
前輪はある程度ストロークを感じるものですが、リアは板バネで硬い感じで、
空荷ということもあって、荒れた路面ではリアが跳ねるような印象です。
ただ、普通の舗装路では落ち着いていて、小さなギャップ程度ならさほど突き上げも無く、
腰に来るような衝撃は無かったです。
コーナリングではロール感も適度で、全体的に素直に曲がっていきますし、
後ろにエンジンがあるので、安定感もなかなかです。

ハンドリングは比較的クイックめな印象ですが、反応は穏やか。
ステアリングは軽いので楽々に操作できますし、フィーリングも結構自然な感じ。
乗用車にはない、ダイレクトなドライブフィールが改めて新鮮で面白いです。

窓が大きく、ピラーがとても細く、ショートホイールベース化のおかげで小回りもきき、
狭い道やあぜ道でも乗りやすそうですね。

新型アクティ、キャビンが広くなったり、小回りがきくようになったりと
日々お仕事で使う人にとって、使いやすくなっているなと思いました。
アクティ伝統のMRレイアウト故、音もうるさくなく、空荷でも後輪に荷重がかかって
安定感も高くなりますし、軽トラではなかなか良い1台ではないかと。
ただ、4WDにATの設定が無いことと、ABSがオプションでも全く用意されないのはちょっと疑問。

ちなみに、以前ちょっと乗った事のあるサンバートラックは、走りのレベルがさらに高く、
乗用車のようといっても過言ではないと思う位だったので、
それに比べるとアクティは、軽トラ的な味わいの強いクルマであると思います。
サンバーが無くなったら、軽トラでオススメできるクルマと思いますよ

サンバートラックが改めて気になったりしたので、レンタカーしてみようか思案中。
[PR]
by gutty355 | 2010-02-05 23:58 | 新車見物・試乗記 ホンダ | Trackback | Comments(0)

C/C。

今日もミニカー話です。
ずっと発売を心待ちにしていたミニカーがついに発売されたので、すぐに買ってきました。
a0047157_22374377.jpg

トミカリミテッドヴィンテージネオのいすゞジェミニC/Cです。

「街の遊撃手」のCMでおなじみのいすゞジェミニのミニカーで、
どちらかといえばロータスやイルムシャーのほうが目立つ存在ながら、
今回は普通のグレード、C/Cがモデルなのがたまらないです。(笑
恐らく、後からロータスやイルムシャーも出てくるんじゃないかと。

他のトミカリミテッドヴィンテージネオ同様、今回も出来が良く、
ホイールのデザインや、モールではなくバンパーの上半分が黒いところなど、
後期モデルをしっかりと再現しています。
a0047157_2255335.jpg

カラーは白と赤の2色用意されています。
2台と言わず、沢山並べてCMごっこしたくなります。(笑

とりあえず、当時の広告のキャッチコピーと共に。
a0047157_23104821.jpg

こういうシンプルでオシャレでコンパクトなクルマ、イイですよね~。
個人的に、現在だとスイフトが一番近い雰囲気を持ってるような。
[PR]
by gutty355 | 2010-02-04 23:15 | MINICAR | Trackback | Comments(0)

新車見物・試乗記「イマイチ個性が無い」篇

ここで一つ試乗記を。タントエグゼを見て乗ってきました。
展示・試乗車はGのアーバンナイトブルークリスタルメタリック。
a0047157_23272035.jpg

エクステリアは、タントやムーヴやミラを足して割ったような、最近のダイハツ的な感じ。
ですが、普通のエグゼは全体的にのっぺりして、あまりにも地味で没個性で魅力を感じない。
はっきり言って、本当にデザイナーがデザインしたの?といった感じ。

インテリアも、上質を謳っている割にはプラスチッキーで安っぽい。
いらないイルミネーションを沢山つけるくらいなら、違うところにお金を掛けてほしいところ。
オーバーヘッドコンソールは変に大きいわりにポケット部が浅く、
開けたら物が落ちてきそうですし、シートの間のコンソールボックスは
一番使いやすい所にイルミネーションのスイッチがあり、肝心の小物入れは
前と後ろに追いやられて使いにくい。スイッチなんて他にどこでも付けられるでしょうに。

シートは売りにしているだけあり、座面・背もたれ共に大きいですし、
すこし柔らかめのクッションでしっかりと体を包んでくれます。
わりと体格のいい方でも、しっかりと体を預けられると思います。
リアシートもたっぷりとしたサイズで、座面の角度も良く、とてもゆったりとして
座り心地が良いです。ただ、スライドが分割ではなく左右一体なのは残念。

荷室は、リアシートを下げていると狭いですが、ある程度前に出しておけば充分。
シートを畳むと段差ができますが、リアシートの座り心地を考えると仕方ないですね。

それでは試乗。
基本的にムーヴなどと同じエンジンなので、印象もほぼ同じ。
車重がある分、出足は鋭くないですが、しっかり低速トルクがあるので
普通のタントのような、大きな非力感はなく加速していきます。
ですが、ムーヴに比べるとやはり重たい感じがしますね。
他のダイハツ車でもいつも感じますが、やっぱりノイジーなのが気になります。
加速時はガラガラとエンジン音が大きく耳につきますし、ロードノイズも大きく、
停車時はステアリングがブルブルと振動し、他社に比べて劣っていると思います。

乗り味は、わりとしなやかですが、普通のタントよりは少し締めてあるようで、
大き目のギャップを越えたときはやや大きめのショックを伴います。
ただ、角が丸いのでそんなに不快感はありません。
そのぶん、普通のタントのように大きくロールすることが無く、
コーナリングでの怖さは感じないですね。

ハンドリングはダル目ですが、背の高さを考えれば、このくらいのほうが良いんでしょう。
ステアリングが軽すぎてインフォメーションが薄く、中立付近でも落ち着かないのが
個人的には違和感が大きかったです。

普通のタントよりもAピラーが太いので、死角が大きく、ちょっと気になります。
ついでに、普通のタントもですが、4WDだとCVTが組み合わせられないのも不満。

タントエグゼ、軽自動車でも大きなシートが装備されていたり、
わりと乗り心地が良いところは評価できるかなと思いますが、
スタイリングも没個性で、特に新しい所も無く、これといって特徴の無いクルマという印象。
個人的には、ムーヴと非常に近い印象を受けまして、
極端に大きな物を積むことがないのであれば、乗り心地もよく、燃費もよく、
インテリアも質感高く、スタイリッシュなムーヴのほうをオススメします。

ただ、個人的に背高ならパレット・ワゴンRのほうがもっともっとオススメ。
[PR]
by gutty355 | 2010-02-03 23:30 | 新車見物・試乗記 ダイハツ | Trackback | Comments(0)

Jコレクション。

で、半額でだったので衝動買いしてきたミニカーはコレ。
a0047157_16501119.jpg

京商JコレクションのBL型レガシィB4(シルバー)です。
ちなみに他にホワイトパールとブラック、リーガルブルー風の紺色があります。

実は、このシリーズのB4とツーリングワゴン、それぞれ持っているんです。
a0047157_16531340.jpg

これはブラックのB4。
BL型デビュー時のCMに出てきた、黒いB4がものすごくカッコ良くて、
同じ仕様のミニカーだったのですぐに購入しました。
a0047157_16532680.jpg

こちらはツーリングワゴン。アトランティックブルー風の色です。
これは、アウトバックが我が家にやってきてから、コレクションとして購入。
B4と同じ黒でそろえようかとも思ったのですが、このブルーも好きなのでこちらに。

じゃあ、わざわざ持ってるミニカーをまた買ったのか?というとちょっと違うんです。
シルバーとブラックをよく見比べてみてください・・・

そうです。今回買ってきたのはNAの2.0R、ブラックは2.0GTなのです。

私も知らない間にバリエーションが増えていまして、
最初はターボだったのがいつの間にかNAモデルが発売。
現在、警視庁の交通機動隊仕様でツーリングワゴンの3.0Rも発売されています。
以前からず~っと、アウトバックが出ないかと待っているのですが全く発売されず・・・。(T T)

このJコレクションのBP/BLレガシィはプロポーションも良く、とてもよく出来ておりまして。
BP/BLの実車が発売される時、予約して購入した方には成約特典として
プレゼントされていたりします。(箱や台座、ケースは特別バージョンでしたが)

レガシィも新しくなったので、BP系のミニカーも早めに入手しないと
ぼちぼち無くなっていくのかもしれませんね~。
[PR]
by gutty355 | 2010-02-01 23:49 | MINICAR | Trackback | Comments(0)


スバルR2、新車試乗記などなどクルマだらけのブログです。


by gutty355

プロフィールを見る

カテゴリ

R2
OUTBACK
CAROL
LOGO
SUBARU
DRIVE
CHEMICAL
MINICAR
TALK
CARS IN CITY
RENT A CAR
OTHER
新車見物・試乗記 スバル
新車見物・試乗記 トヨタ
新車見物・試乗記 日産
新車見物・試乗記 ホンダ
新車見物・試乗記 マツダ
新車見物・試乗記 三菱
新車見物・試乗記 スズキ
新車見物・試乗記 ダイハツ
新車見物・試乗記 輸入車

最新のコメント

>tera-gさん 大..
by gutty355 at 00:42
ご無沙汰してます。 私..
by まつなが at 17:09
お久しぶりです。 仕事..
by tera-g at 17:03
お久しぶりでございます。..
by gutty355 at 23:39
お久しぶりです。 そし..
by まつなが at 17:51

呟き

フォロー中のブログ

tok's  楽書き帳

外部リンク

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
more...

最新のトラックバック

Happy
from tok's  楽書き帳
今も昔もラジコンは買って..
from h-fragment
フラット・ワイパー
from 「アウトバック 大好き!」の..

検索

ファン