<   2011年 08月 ( 9 )   > この月の画像一覧

予想外のきっかけ、Newタイヤ。

長らくの放置スミマセンでした。m(_ _)m
休みで実家に行っていたり色々でアップしておりませんでした・・・。

で、実家に行ったら意外な事実が。
R2のタイヤがパンクして、タイヤを新しくしたとのこと。(@@)

簡単に説明しますと・・・
母親が用事でR2で出発。目的地までは特に違和感なし。
用事を済ませて帰り道、なんかいつもと違う?と思い、途中のコンビニで確認、パンク発見!
母親一人ではどうしようもないのでJAFを呼び、スペアに交換。

翌日父&母で近所のスタンドへ行き、修理できないか聞くが、もうダメと言われ、
スタンドで売ってるタイヤを薦められるも、一旦近所のオートバックスへ。
クムホやピレリが安く売っていたようだが、どうも心配な感が・・・。

ここで母が違うスタンドでタイヤの安売りのチラシを貰ったことを思い出し、そのスタンドへ。
ブリヂストンのちょっとイイやつがわりと安く売っていたのだが、
父がこれより安いのはないのか?と聞き、ブリヂストンで一番安いのを買った。
・・・と言った具合。

その場に居合わせなかったのでどのタイヤを買ったのやら?でしたが、
ブリヂストンの安いやつと言うことはきっと「スニーカー」だろうと思って、確認。
a0047157_09284.jpg

やっぱりスニーカーだと思ったら、何故か「エコピア」のマークも入ってる?

調べてみたら、今年新発売の「スニーカー SNK2 エコピア」というタイヤのようで。
今までのエコピアと同じパターンで、転がり抵抗の少ないゴムになっている、
ベーシックエコタイヤみたいな感じのようで。

実際運転してみると、ハンドリングが少し滑らかな感じ。
そしてよく転がる。今までよりも手前でアクセルを離してもスーッと転がっていきます。
確かに上手く利用すれば燃費はよくなりそうかも。
そしてロードノイズが静か。コーナリングの踏ん張り感もなかなかイイ感じ。
というか、以前の純正タイヤがイマイチ過ぎたのかも。(^^;)

とまあ、こんなきっかけで新しいタイヤになりました。今度燃費計ってみようかな。(^^)
[PR]
by gutty355 | 2011-08-23 23:50 | R2 | Trackback | Comments(0)

見かけた写真館 その27。

というわけで今回は、レンタカーで遭遇した面白?2ショット続編です。(^^;)

・四角いのと平たいの。
a0047157_1143767.jpg

左が借りていたキューブ、右は遭遇したフェアレディZ。
今と昔の差はあれど、どちらも同じ日産のクルマ。なんだか面白いなぁと。(^^)
このZ、見た限りですがノーマル感が残っている印象で、80年代からそのまま現れたような
ハッとするカッコ良さがありました。(^^)
あれ?写真をよく見るまで気づきませんでしたが、ワイパーが逆なので左ハンドル?

・マイルド三菱、ワイルド三菱。
a0047157_1145420.jpg

左が借りていたコルト、右は皆様ご存知三菱ジープ。
最近は三菱といえばEVやランサーエボリューションなのかもしれませんが、
個人的に三菱というとジープとかのワイルドでガチッとしたイメージです。(^^;)
ちょっと調べてみたら、どうやらこのベージュのジープは1998年、生産終了決定後に
限定生産された、「最終記念限定生産車」というもののようです。
当然快適装備なんて無いでしょうから、まさに「漢の車」なのでしょう。

・ずっと愛されて。
a0047157_115119.jpg

これも変則的2ショット。借りていた現行サンバーと550サンバー。
550サンバーは窓の下にエンブレムがあるので、営農サンバーですね。
ああ、こうして愛されているのに、スバル製サンバーは無くなってしまうのね・・・。
スバルの稼ぎ頭、残してほしかったなぁ。(T T)
[PR]
by gutty355 | 2011-08-11 23:47 | CARS IN CITY | Trackback | Comments(0)

見かけた写真館 その26。

今回の見かけた写真館は特別篇?な感じで。
レンタカーで遭遇した、面白?2ショットを集めました。(^^;)

・スズキの変化。
a0047157_17555695.jpg

まずはこちら。
右はおなじみスプラッシュ、左はかつてのスズキコンパクトの主力、カルタスクレセント。
ちょっと前まではカルタス等スズキのコンパクトカーといえばこんな感じで地味な印象で、
故にスズキ=軽自動車のイメージが強かったですが、随分と変わったもんです。

・昔のコンパクト、今の軽。
a0047157_1833192.jpg

右が借りていたムーヴカスタム、左が遭遇したシャレード。
こうして並ぶと、今の軽自動車は随分立派になったと感じます。
サイズもシャレードとそんなに変わらないんじゃないかと思うくらい。
コンパクトも充実してきたスズキに比べ、ダイハツのコンパクトカーは寂しいですね・・・。

・昔のコンパクト、今のコンパクト。
a0047157_1895285.jpg

左が借りていた現行ヴィッツ、お隣はかつてのコンパクトトヨタ、スターレット。
「すったかたったった~」のCMの青春のスターレットですね。(^^)
こうしてみると、衝突安全からノーズも分厚くなり、サイズも大きくなり、
ピラーも太くなり、窓も大きく傾斜。風船のように中から膨らませたような印象。
シャレードもそうですが、たまにこういう飾り気の無さが素敵に見えるときがあります。

・若者に愛されて。
a0047157_18172253.jpg

変則的2ショットですが、手前のフィットハイブリッドが借りていたクルマ。
奥に写っているのがもはや絶滅寸前のワンダーシビック。
昔はよく若い人が乗っていたイメージのシビックのハッチバック。
現在そのポジションはフィットが担っている印象ですね。
トヨタや日産とはちょっと違う、キビキビ感のある若々しい印象も似ているかなと。
ちなみにこのシビック結構珍しいのですが、それはまた今度。

あとちょっと写真があるので、次回に続く!
[PR]
by gutty355 | 2011-08-10 23:49 | CARS IN CITY | Trackback | Comments(0)

ケイタイケース。

今回はクルマのお話は一旦休憩。

今年の2月にスマートフォンに変えたのですが、
半年ほど使っていたら、そのとき特典で貰ったクリアなケースが変色してきまして・・・。
a0047157_0114112.jpg

Before
a0047157_012677.jpg

After
写真で見るよりも見た目がなんだか・・・になりまして、ケースを新調することに。
a0047157_0135875.jpg

カメラの周りにちょっと水色が入っているので、コレに合う感じで、ちょっと思い切ったものに。
ネットで探すと良さげな物があったのですが、近所では見つからず。

というか、近所ではIS03のケースの種類がすっかり少なくなってまして。
ヨドバシカメラに行ってみたら沢山種類があり、見つかったので購入しました。
a0047157_0172686.jpg

思い切ってのブルーです。(^^)ゞ
かつてのいすゞジェミニのセイシェルブルーのような鮮やか系。
a0047157_018555.jpg

早速装着。シリコン製で滑りにくくて良いです。目立つけどまあいいか。(汗

ひっくり返して気がつきましたが、
a0047157_0194349.jpg

壁紙のスプラッシュとピッタリの色合い。(^^;)
[PR]
by gutty355 | 2011-08-08 23:54 | OTHER | Trackback | Comments(0)

補足情報。

昨日に続き、スプラッシュ情報を。(^^)
まず、スプラッシュのカラーをご紹介。
a0047157_2215017.jpg

まず、カタログでもメインで登場するラグーンターコイズメタリック2。
a0047157_222044.jpg

以前ディーラーの方が一番人気と言っていた、カシミールブルーメタリック4。
a0047157_222747.jpg

そしてコスミックブラックパール。写真はレンタカーで当たるちょっと前に試乗した車。
この3色ともう一色、ソリッドの白のスペリアホワイトがあります。

インテリアは2色。
a0047157_2265331.jpg

ターコイズとブラックは左のターコイズインテリア、ブルーとホワイトは右のブルーインテリアになります。
a0047157_2283278.jpg

ダッシュボードの色も違います。(ブルーはブルー、ターコイズはブラック)

a0047157_2295378.jpg

ちなみにこれは改良前のモデル。外見ではホイールのデザインが違います。
ボディカラーは先に紹介した4色と、改良で無くなった赤と黄緑があり、
赤と黄緑はブラックインテリアになります。
さらに言うと、改良前には限定車「リミテッド」があり、
フルエアロに特別なシート地、デザインの違うホイール、フォグ、タコメーター等々が付き、
カラーもターコイズ、ブラックに限定車のみのグレーとパールホワイトがあります。
(エアロ、フォグ、タコメーターはディーラーOPで装着可能)

ただ、改良前だとエンジンが旧スイフトと同じになり、CVTも副変速機構なしで燃費は落ちますし、
ESPが付きません。(確か改良前はOP設定も無かったので、改良前のESP付は存在しません)
ついでに改良後だとキーレススタートシステムも付きますし、
a0047157_335880.jpg

シートの柄も違ったりします。(左:改良後、右:改良前)

最後に、思い出した注意点が一つ。
a0047157_37589.jpg

運転席のパワーウインドー。
普通の国産車の運転席の窓はオートで開いて、オートで閉まりますが、
スプラッシュはオートダウンしか無く、閉めるときは閉まるまで引いたままにしないといけませんので注意。
私はコインパーキングを出るときにあれ?となりました。(^^;)
[PR]
by gutty355 | 2011-08-05 23:19 | RENT A CAR | Trackback | Comments(3)

拍手喝采、スプラッシュ!

今回はレンタカー記を。スズキスプラッシュです。(^^)
ボディカラーはカシミールブルーメタリック4とラグーンターコイズメタリック2。
a0047157_1555160.jpg

見た目は同じスズキのスイフトと比べて背が高く、実用車的な雰囲気の強いものですが、
愛嬌のある顔つきとボリューム感のあるリア周りで全体的に見て親しみのある感じ。
リアに向かって上がっていくラインや特徴的なテールランプで可愛いだけになっていないのが
いいですね。
a0047157_1562921.jpg

インテリアはいたってシンプルな雰囲気ですが、鮮やかなカラーが取り入れられてポップな雰囲気に。
グローブボックスの上の棚はポイッと物が放り込めてとても便利です。
シフトゲートの動かす方向が国産車とは逆ですが、すぐ慣れるので心配は要らないでしょう。
a0047157_1561194.jpg

大きなサイズにたっぷりと厚みのある硬めのシートは、スッと背筋が伸び、腰もよくフィットして
掛け心地が良く、見た目から想像するよりホールド性も良いですね。
この形状と硬さが絶妙なようで、長時間運転していても腰に来ることも無く、
何より体にくる疲労感が驚くほど小さい。
大体長時間乗ると体が重くなったり、下半身がだるくなったりするのですが、
スプラッシュでは皆無でした。
a0047157_1564618.jpg

後席も厚みがあって、アップライトに座るおかげで広々ではない空間ながら狭苦しい感じはしませんね。
a0047157_156587.jpg

荷室は広々では無いものの、普通の買い物であれば不足はありません。
深くて大きい床下収納は結構使えそうですね。
(写真は目安?としてたまたま買っていた箱ティッシュを置いてみました)
a0047157_1571533.jpg

エンジンはMC前と同じ1.2Lながら、新型スイフトと同じ新しいものに。
低速トルクがしっかりあるので出足もしっかり力がありますし、そこからの伸びも良好。
減速からの再加速や中間加速でもキビキビと走ります。
登り坂でも、踏んでも付いてこないということは無く、踏めばしっかり力を発揮してくれるので
結構活発に登っていくことも出来ます。
全体的にコンパクトカーらしい小気味良さを感じられるエンジンかなと。
改良でCVTも副変速機付になったので、巡航時の回転も抑えられているようで、
以前より静かな印象。
そのCVTのフィーリングも自然で、踏み込みに滑らかにしっかり速度が付いてきて、
回転が上がりすぎたり、レスポンスがもたつく印象はありません。

足回りは他の国産コンパクトと比べるとはっきりと硬いセッティングですが、
ただガツガツと突き上げるようなものでは全く無く、当たりは適度に角が取れていて、
道路の継ぎはぎなどはタタッと受け流し、大きなギャップでもたっぷりとられたストロークで
しっかり受け止めてくれる非常に懐の深いもので、どっしりとフラット感の高い印象。

高速道路も走りましたが、路面に吸い付いているかのような安定感はただただ驚き。
国産コンパクトでは100km/hでもちょっとフワッとした感じになってくるのですが、
ピタッとどっしり落ち着いていますし、普通の一般道も含めて直進安定性がいいので
すごく安心して走れます。このクラスでこんなに神経使わずに走れるなんてそう無いです。
a0047157_1573272.jpg

コーナリングでは高めの着座位置からくる重心の高い感じはあるのですが、
曲がっていくと4輪がどっしりと安定して路面を掴みながら、ロールもしっかり抑えられていて
姿勢変化も少なく、非常に剛性感が高いので見た目から想像するより安心感があります。
緩めのコーナーでわざとアクセルを踏み増したり抜いてみたりしても乱れませんね。

ハンドリングはスイフトに比べると切り始めの反応が穏やかなもので、
切っていけば切った量だけ自然に車が動いてくれて、正確性が高く扱いやすいもの。
ステアリングはスイフトよりも重めで、豊富にインフォメーションの感じられるもの。
女性などはちょっと重いと感じるかもしれませんが、個人的にはこのくらいが好み。
ただ、タイヤの切れ角が少ないので小回りはライバルに比べて苦手です。

ガラスが大きくて視界が広く、高めの着座位置で見晴らし良好。Aピラーはやや太目かな。
高めの着座位置のおかげで乗り降りが非常に楽なのも良いポイント。

ちなみに燃費は、郊外の空いた一般道が多かった2回目では19.2km/Lを記録し、
それより街乗りが多かった、いつものレンタカーと近い行動パターンの1回目では17.0km/Lと、
このクラスでは充分な燃費だと思います。
a0047157_1575283.jpg

6エアバッグにESP、人数分のヘッドレストと3点式シートベルトなど、
国産コンパクトではなかなか充実しない安全装備が標準で、しかも日本車離れした走り。
この内容で車両本体が約129万円はどう考えても超お買い得。
デザインと硬めの乗り味がお好みであれば、非常に良い選択肢だと思います。

いや~、久しぶりに返却したくないレンタカーでした。(^^)v

え~、今回は2色織り交ぜた写真でしたが、せっかく2パターン乗れたので、
次回もうちょっと写真で特集してみたいと思います。
[PR]
by gutty355 | 2011-08-04 23:48 | RENT A CAR | Trackback | Comments(0)

新車見物・試乗記「フィットを伸ばしました」篇

さて、続きましてはフィットシャトルです。
試乗車はHYBRIDスマートセレクションのアラバスターシルバーメタリック。
a0047157_0261577.jpg

エクステリアは、ワゴンとしてデザインしたというより、フィットの後ろを掴んで
グッと引っ張ったような印象で、丁度三菱のコルトに対するコルトプラスの感じ。
前半分と後半分がややアンバランスな感があったエアウェイブに比べれば
自然なまとめ方ですが、どうしても後ろから見るとお尻が重たく見えますね。
ちなみにフロントバンパーはアメリカ仕様のフィットのものだそうで、前も少し長くなっています。

インテリアは基本的にフィットと共通ですが、色使い、シボの入れ方、メッキパーツ等で
フィットに比べてずいぶんと上質感がアップしています。

シートもレザーのような素材が使われていて上質感があり、
形状はオーソドックスですが、腰周りのフィット感やホールド性は充分。
どちらかというとインサイトのシートに近い印象で、座面の圧迫感の強いフィットのものより
掛け心地の良いものです。
後席はフィットと同じような印象。やや座面・背もたれが平面的ではありますが、
空間は充分にあって、つま先が上がるようになっているフロア形状も良い感じ。

荷室は広大でかなり積める印象で、2列目を倒せば人が横になれそうなくらい。
フィットゆずりの床の低さが印象的で、重たいものの積み下ろしも楽に行えそうです。

エンジンはホンダハイブリッドではお馴染みの1.3L+IMA。
モーターアシストのおかげで出足も鋭く、滑らかに加速していきます。
登り坂でもパワー感があってスルスルと登っていき、
恐らくある程度荷物を積んでもパワー不足は感じないんじゃないかと思います。

足回りはきれいな路面では落ち着いたフラットな印象ですが、
継ぎはぎや凹凸のある道へ行くとコツコツ・ヒョコヒョコとした
フィットとも共通するちょっと荒い乗り味が顔を出します。
コーナリングではフィットよりリアが重い分、よりリアに落ち着きがあるような印象で、
安定感は充分。ロールも良く抑えられています。

ハンドリングは軽快なキビキビと動く印象のものですが、
軽いステアリングはもう少し重みが欲しいですね。
街乗りでは楽ですが、直進時にもう少し落ち着きが欲しいです。

で、ハイブリッドとは別にガソリン車も乗ってきました。
試乗車は15X Lパッケージのホライゾンターコイズパール。
a0047157_0263272.jpg

インテリア・エクステリアは基本的にハイブリッドと共通ですが、
ガソリン車はグリルがメッキになり、テールランプがちゃんと赤い色の付いたものになります。
クリアだらけでメリハリに欠けるハイブリッドよりこちらのほうが好印象。

インテリアでの大きな違いは荷室の床下収納。
ハイブリッドではバッテリーがある影響で三角表示板プラスアルファ程度のスペースですが、
ガソリンではスーツケースが入るほどの大きなスペースが確保され、
フタも表はカーペット貼り、裏は汚れに強いプラスチックとリバーシブル。
フタを立てて使うことも出来たりして、ガソリンのほうが多様な使い方が出来ます。

1.5Lのガソリンエンジンは、ハイブリッドのようにグッと鋭い感じではないものの
中低速に充分トルクがあるので出足も重たさは無く、充分にスムーズに伸びていきます。
登り坂でも思いのほかパワフルですし、レスポンスも良く、
中間加速でも滑らかかつしっかりと加速してくれます。
もちろん、ハイブリッドより踏み込みは多めかと思いますが、
エンジンとアクセルの間に何も挟まないダイレクトな感じは
ハイブリッドとは違うもので、個人的にはこちらのほうが気持ち良い印象です。

試乗車がLパッケージ装着車ということで、16インチタイヤを履いていましたが、
ハイブリッドよりむしろちゃんと足が動くような印象。
大きいタイヤながらゴツゴツ感は気にならず、よりフラットで落ち着いている印象。
コーナリングでの踏ん張り感も高く、ハイブリッドより余裕のある感じでスポーティ。
ハンドリングも切り始めの反応がシャキッとして、切れ味が良い感じ。
タイヤが太い分若干ですが手ごたえが増すのも好感触。

フィットシャトル、見た目も運転した感じもフィットに近いもので、
まさにフィットワゴンだなという印象でした。
5ナンバーのワゴンが少ない今、貴重な選択肢なのかもしれません。
個人的には、ハイブリッドよりもガソリンの方が好印象でしたね。
ハイブリッドと20万円差がありますし、荷室も多様に使えるのでガソリンがお勧めかも。

上質に振ったインテリアなどを見る限りではその路線で行きたいのかもしれませんが、
もっと遊びに振ったグレードがあってもいいんじゃないかなと。
[PR]
by gutty355 | 2011-08-03 23:25 | 新車見物・試乗記 ホンダ | Trackback | Comments(0)

新車試乗記「エンジンも走りも、マツダの技術が詰まってる」篇

さあ、今回は試乗記です!(^^)スカイアクティブデミオに乗ってきました。
試乗車は13-SKYACTIVのアクアティックブルーマイカ。
a0047157_1223613.jpg

今回の改良でフロントマスクがアクセラ・プレマシー等と共通するイメージになりまして、
改良前のシンプルな顔つきも良かっただけにどうかな?と思ったものの、
デミオだとちょっとファニーな感じもあってなかなか良いですね。
全体的なデザインは今まで同様スタイリッシュで、デビューから4年経つのに全く古さを感じません。

インテリアは基本的に同じですが、メーターパネルが少し派手になり、
メッキのパーツが入ったりして少し上質感がプラスされたような印象。

シートはスカイアクティブ車のみ新しい、ネットを使ったシートになっているのですが、
たっぷりしたサイズはそのままに背中を全体的に支えてくれるようになり、
自然な姿勢の取れる、以前よりも疲れにくそうな印象のものになっています。
フィット感、ホールド性も良好。
リアシートは変わらない印象ですが、掛け心地の良いもので、
広々はしていないものの、窮屈ではない充分なスペースがあると思います。

なんといっても目玉は新エンジン、スカイアクティブ。
世界一の高圧縮比を実現したエンジンですが、詳しいことはマツダHPへ。(汗
ちなみに、ディーラーでは分かりやすく漫画で説明した冊子がもらえたりします。
a0047157_12713.jpg

スペックだけを見ると大変おとなしいもので、今までの1.3Lエンジンより
出力・トルクは落ちるので非常に気になっておりました。

まず、お店の出口に行くためにじわりとアクセルを踏んで動かすと、
思ったよりもスッと軽く走り出します。
そして道路へ走り出すと、今までのマツダ車に多かった、
出足をわざと強くしているようなセッティングではなく、
アクセルの踏み込みに対して自然に加速していくようになっています。
低中速のトルクは充分にあるので、発進加速や角を曲がってからの再加速でも
スッと滑らかに、アクセルに対してリニアに加速していきますし、
登り坂で加速していくような場面でも中速域の粘りのあるトルクのおかげで
踏み増していくとしっかり応えて力を出してくれます。
スペックから想像したよりもずっとよく走って、低燃費エンジンなのに
それを感じさせないものに仕上がっています。静粛性が非常に高いのも驚きました。

i-stopはアクセラやプレマシーより積極的に止まるようになっており、
信号渋滞で少し走っては止まるという場面でも、エアコンを入れていても、よく止まります。
ストップ時・再始動時の振動もより小さくなって、進化していますね。

足回りは適度に締まっている印象ですが、改良前より足がスムーズに動くような印象で、
路面のギャップを越えてもヒョコっとした上下動が無くなってフラット感が高いものになり、
一歩上質な感じもある乗り味です。
ただ、低燃費タイヤ故か時々当たりが硬いかなと感じるときもありましたね。
コーナリングでの安定感も高く、リアの安定感が増したような印象で、
より腰の据わった、4輪の路面を掴んでる感の高いものになっています。
今までは切り始めからクイックに反応する印象だったハンドリングも、
切り始めの反応が穏やかになって扱いやすくなり、ステアリングを操作してからの
クルマの動きがより自然で、切り込んでいった時もリニアに動いてくれるものに。
分かりやすいキビキビ感は無いものの、扱いやすくてとても軽やかな走り。

レンタカーで借りても思いますが、大きめのフロントウインドウと
前方に行くに従って下がっていくサイドウインドウで斜め前が良く見えて運転しやすいですね。

デミオスカイアクティブ、低燃費モデルながらエンジンはそれを意識させず
いたって自然に乗れますし、走りはマツダならではの良さをしっかり持っていて、
とてもよく仕上がっていると思いましたね。
値段は13C-Vより10万円ほど上がりますが、DSC&TCSやアルミホイールが付いてくることを
考えればそんなに高くないのかなぁと。積極的に選んで損はないと思います。

実燃費が気になるところですが、レンタカーの13C・4ATでエアコン掛けて走っても16km/L、
エアコンオフなら18km/Lくらい走ったので、そんなに悪くはならないかも?
[PR]
by gutty355 | 2011-08-02 23:21 | 新車見物・試乗記 マツダ | Trackback | Comments(2)

目立ったスバル。

いやはや、気がつけば今日から8月。
コメントも頂いておりながら、数日の放置失礼いたしました。(^^;)

そのお詫びというわけではありませんが、明日より試乗記を載せていく予定でございます。
デミオ、フィットシャトル、レンタカーのスプラッシュ、スイフト等々。
すっかりタイミングとしては遅くなりましたが、お暇なときにでも見てくださいませ・・・。(^^A)

で、これだけでは短いのでちょっとしたお話を。

いつの間にやらサンバーに限定車が出ていたようで。
その名も「WRブルーリミテッド」また何でもブルーにすればいいと思って・・・と思ったら。
a0047157_23471026.jpg

あれ、ちょっとカッコイイかも。(^^)
ナンバー周りをブラックにして引き締めているのがなかなかイイですね。
ただ、噂によれば限定台数はもう完売だとか・・・?

で、仙台ではこんなサンバーを見かけます。
a0047157_235397.jpg

WRCレプリカ的なサンバー。
恐らくこの道路を良く走る方であればご存知の方も多いかと思います。
カラー、ステッカーだけでなく、ルーフベンチレーター的なものもあって、こだわりを感じます。

せっかくなんでスバルな話をもう一つ。

先日、自転車で帰宅中、近所のコインパーキングの横を通ったら、
視界の端っこになんだか黄色いクルマが映りまして。
気になったので止まって、振り返って確認したら、このクルマが!
a0047157_00984.jpg

MAVICレガシィ!確かBP型でもありましたね。

しかし、東京のナンバーのこのクルマがわざわざ山形まで何を・・・?
近所にちょっと専門的な自転車屋さんがあるので、そこに来ていたのか?

ちなみに自転車の競技のサポートカーとしても使われるため、
屋根の上のキャリアには自転車やタイヤが載せられるようになっているようです。
[PR]
by gutty355 | 2011-08-01 23:26 | SUBARU | Trackback | Comments(0)


スバルR2、新車試乗記などなどクルマだらけのブログです。


by gutty355

プロフィールを見る

カテゴリ

R2
OUTBACK
CAROL
LOGO
SUBARU
DRIVE
CHEMICAL
MINICAR
TALK
CARS IN CITY
RENT A CAR
OTHER
新車見物・試乗記 スバル
新車見物・試乗記 トヨタ
新車見物・試乗記 日産
新車見物・試乗記 ホンダ
新車見物・試乗記 マツダ
新車見物・試乗記 三菱
新車見物・試乗記 スズキ
新車見物・試乗記 ダイハツ
新車見物・試乗記 輸入車

最新のコメント

>tera-gさん 大..
by gutty355 at 00:42
ご無沙汰してます。 私..
by まつなが at 17:09
お久しぶりです。 仕事..
by tera-g at 17:03
お久しぶりでございます。..
by gutty355 at 23:39
お久しぶりです。 そし..
by まつなが at 17:51

呟き

フォロー中のブログ

tok's  楽書き帳

外部リンク

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
more...

最新のトラックバック

Happy
from tok's  楽書き帳
今も昔もラジコンは買って..
from h-fragment
フラット・ワイパー
from 「アウトバック 大好き!」の..

検索

ファン