<   2012年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

遭遇レックス。

ちょっとお久しぶりになりました。
山形からの引越しやら私自身の色んなことでバタバタしておりました。
実家に山形で使っていた無線LANをセッティングして、自分の部屋でもネットに繋がったので
やっと自分のPCから更新できる環境になりました。(^^A)

私自身の色々がまだ落ち着かないのでまた間が空く可能性はありますが、
チョコチョコとネタはありそうなので、今まで通りのマイペースで行かせて頂きますね。(^^;)

と今回は短めブログですが、おまけの見かけた写真。
先日の見かけた写真でスバルの軽特集をお送りしましたが、あれから数日後に遭遇。
a0047157_1231790.jpg

3代目レックスの550cc4気筒、いわゆる中期型のモデル。4ナンバーなのでコンビですね。
お買い得仕様の「マレノ」「ai」あたりは昔良く見かけましたが、これは低いほうのグレードかと。
先日の前期モデルより少し角の取れたデザインになっています。

これに積まれた550cc4気筒エンジンがその後660ccになり、改良を続けて、
R2やステラ、サンバーなど最後のスバル軽まで搭載され続けていくのです。

調べて改めて知りましたが、この中期型が出てから1年経たずに規格が変わり660ccになるので、
この中期型はあまり残っていないようですね。
当時のナンバーと思わしきこの個体、これからもまだまだ走り続けられますように。(^人^)


余談ですが、これも先日ふと思い出したこと。
私が小学生の頃、実家の近辺で2気筒レックスをセカンドカーとして持っているお宅が
2軒ありまして、よくそのお宅の奥様が2気筒サウンドを響かせて走っていったのを見かけました。

それから十数年、フィアット500のツインエアのエンジン音を聞いたときに、
な~んかどこかで聞き覚えのあるような・・・と思って思い出したのが、2気筒レックスでした。
いやはや、意外とこんなことでも頭の奥に残っているもんだな~と。(^^;)
[PR]
by gutty355 | 2012-03-27 23:46 | CARS IN CITY | Trackback | Comments(0)

新車見物・試乗記「超個性的プレミアムスポーティSUV」篇

さて今回は、輸入車試乗記を一つ。
ランドローバーのレンジローバー・イヴォークを見て乗ってきました。
展示車はプレステージのフジ・ホワイト、試乗車はプレステージのイパネマ・サンド。
a0047157_15141922.jpg

このクルマで衝撃的なのはなんといってもそのエクステリア。
今までにない大胆で攻撃的でシャープな印象でありながら下半分はグッと逞しく、
上下に薄いボディ、リアに向かって下がるルーフ、小さなグラスエリアでスポーティでありながら
フロントやリアのデザインにはレンジローバーらしさもあり、まさにクーペとSUVの
クロスオーバーといった印象で非常に本当にカッコイイ。思わずしばらく見惚れてしまいました。
5ドアでも3ドアでも変わらぬ印象になっているのも素晴らしい。

インテリアはレンジローバーなので当然プレミアム感あふれるもので、
素材の質感、使い方は非常にセンス良く上品で、しっかり造り込まれている印象。
それでいながら、SUV的な切り立ったものではなく、スラントしたデザインのインパネで
スポーティな印象も持たせてあります。ダイヤル式のATのセレクターにはビックリ。

こちらも上質な印象を感じさせるレザー素材のシートは、たっぷりとしたサイズがあり、
適度に柔らかさを持たせて体にしなやかに馴染む掛け心地の良さがありつつ、
背もたれ・座面共に面でしっかり体を支えてくれて、ゆったりと体を預けられます。
腰周りのフィット感も良く、サポート感も良好。さすがに良くできたシートです。
後席も充分なサイズで感触の良いクッションですし、座面・背もたれの角度が良く、
フロアにも適度に傾斜が付けられていて自然で快適な着座姿勢が取れます。
ひざ周りも充分スペースがあり、頭上も想像よりちゃんと空間があって狭さは感じません。
荷室も充分スペースがあり、結構実用性も高いかと。

エンジンは2Lのターボ。最近のダウンサイジングの流れに乗ったものですね。
それなりにサイズのあるSUVですが、出足からスッと軽い走り出し。
踏み込んでいくとエンジンが滑らかに回りつつどんどんパワーを発揮してくれて、
SUVでありながら意外に活発さも感じさせます。
登り坂でも余裕があり、少し踏み増せばレスポンス良く反応し爽快に加速。
下からトルクフルで乗りやすいのはもちろん、全域でパワフルなエンジンで、
いい意味でSUV的でない軽快さのある気持ちいい印象です。

そのSUV的でない走りを感じさせるもう一つのポイントが足回り。
どっしりした重厚感もありつつ足の動きが非常に滑らかで、ストローク感があり、
マンホールなどの路面のギャップ、橋の継ぎ目などに対してしなやかに足が良く動いて
キャビンに揺れや当たりを感じさせないフラットで落ち着いた乗り心地の良さもありつつ、
コーナリングでは最小限に抑えられたロール感としなやかに路面を捉える足の動きで非常に安定。
ハンドリングもシャープで操作に対して切れ味良く付いてきて、正確性も高く、
切り増しにもしっかり応えてくれるので、運転しているとSUVという感じがしませんし、
非常に気持ち良い。コーナリングでは思わず唸ってしまいました。
ステアリングはやや軽めですが、しっかりとインフォメーションの感じられる感触で
扱いやすく安心感のあるものになっています。

絶対的にサイズ、特に幅は広めですが、運転している分にはあまり大きさを感じさせず
着座位置の高さもあって扱いにくさはない印象。ピラーも意外に細めで視界も充分いいかなと。

レンジローバー・イヴォーク、デザインのカッコ良さだけでなく走りもSUVらしからぬ印象があり、
ただのカッコだけのクルマだと思ったら大間違いですよ。
このデザインと走りの気持ちよさはかなり強く印象に残りました。
それでいてレンジローバーらしい質感とオフロード性能も持っており、かなり個性的かつ
独特なクルマではないかと。かなり深く印象に残った車でした。
[PR]
by gutty355 | 2012-03-15 23:40 | 新車見物・試乗記 輸入車 | Trackback | Comments(0)

3月、変化。

一週間ほど空きまして。
だんだんと日差しの暖かさも感じられるようになりましたね。

出会いや別れ、始まりや終わり、色々と変化があるこの3月。
私も含め周りでも色々と変化がありそうでして、不安もありつつな今日この頃。
色々モヤモヤとしたものもあるけれどとりあえず、顔を上げていければと。

そんな変化の一つとして、3月で山形を離れて仙台の実家に戻ることになりました。(^^;)
ブログは今まで通りやっていきますので変わらないと思いますが・・・。
実家なのでアウトバック&R2な話がもうちょっと増えればいいかなと。

これだけで今回のブログでは短いので、片づけ中の物からご紹介。
a0047157_21484871.jpg

ここ数年でじわじわと集めているマツダ系のカタログ。
マツダ・アンフィニ・ユーノス・オートザム・オートラマの5チャンネル時代あたりの頃が
何だか好きでして、少しづつ入手しています。写真はユーノス・オートザムの一部。
どちらかといえば失敗例として語られることが多いですが、クルマはどれも魅力的だと思います。
この5チャンネル系の見かけた写真もあるのですが、それはまた見かけた写真館で。
[PR]
by gutty355 | 2012-03-14 22:00 | OTHER | Trackback | Comments(0)

見かけた写真館 その35。

ネタに困るとやってくる、見かけた写真館のお時間です。(^^;)
今回はスバルの軽をちょっと特集。

・コンビ。
a0047157_033879.jpg

まずはこちらのレックスコンビ。レックスでは3代目のモデル。
女性向けの「ヴィキ」等グレードはありましたが、これはお買い得な特別仕様車のジョプル30。
まだまだ現役の個体で、ちょっと前にお爺ちゃんが颯爽と運転しているのを見かけました。
個人的に、このちょっと変わったデザインのホイールキャップが昔から印象に残っています。

これは550cc2気筒で、後に550cc4気筒に。そして660ccになり、次は・・・

・ヴィヴィオ
a0047157_0133039.jpg

そう、レックスの次のスバル軽といえばヴィヴィオ。こちらは珍しいT-TOP。
ちなみにこのT-TOPは富士重工40周年記念車で3000台限定。
屋根はタルガトップで、リアウィンドウは電動で格納。写真では格納されていますね。
ちなみにスーパーチャージャー+ECVTの「GX-T」も存在します。
普通のセダンのヴィヴィオにこんなオープンモデル、なんとも面白いですねぇ。
スタイルもキュートでちょっと外車的かも。

・RX
a0047157_0291267.jpg

ヴィヴィオでRXといえばやはり最強版の「RX-R」が思い浮かびます。
写真もRX-Rのようですが、2トーンにストライプでちょっと違いまして、
RX-Rのエンジンに6速スポーツシフトCVTが組み合わせられたグレード「RX-SS」なのです。
ちなみに他に5ドアの「GX-SS」、ビストロ版の「ビストロSS」がありました。
エンジンはDOHCスーパーチャージャーなので結構速いのではないかと。
モデル末期に設定され、1年半程度しか販売されていなかったのでちょっと珍しいかと。


と、今回はスバルの軽特集でしたが、皆様ご存知の通り2月末でサンバーの生産が終了し、
スバルの軽自動車の生産が完全に終了しました。
他社とは違うこだわりの軽自動車は他社とは違う味わいに溢れたクルマで、
しっかりした走りは素晴らしく、R2に乗るたびに良さを感じさせてくれます。
軽自動車に凝った造りは不要だという人も居ますが、そんな考えがこうして買う側の選択肢と
各メーカーのオリジナリティを少なくしていっていることを考えて欲しいと個人的に思ったり。

とにかくR2は大事に乗っていかないといけないと思う一方、
最後のスバル軽、R2が傍にあって運転できて良かったと思ったり。(^^)
思い返せば、R2・サンバー・ステラ・プレオは運転しましたが、R1だけは機会が無かったなぁ。
a0047157_0594475.jpg

本物のスバル軽自動車よ永遠に・・・。
[PR]
by gutty355 | 2012-03-07 23:53 | CARS IN CITY | Trackback | Comments(4)


スバルR2、新車試乗記などなどクルマだらけのブログです。


by gutty355

プロフィールを見る

カテゴリ

R2
OUTBACK
CAROL
LOGO
SUBARU
DRIVE
CHEMICAL
MINICAR
TALK
CARS IN CITY
RENT A CAR
OTHER
新車見物・試乗記 スバル
新車見物・試乗記 トヨタ
新車見物・試乗記 日産
新車見物・試乗記 ホンダ
新車見物・試乗記 マツダ
新車見物・試乗記 三菱
新車見物・試乗記 スズキ
新車見物・試乗記 ダイハツ
新車見物・試乗記 輸入車

最新のコメント

>tera-gさん 大..
by gutty355 at 00:42
ご無沙汰してます。 私..
by まつなが at 17:09
お久しぶりです。 仕事..
by tera-g at 17:03
お久しぶりでございます。..
by gutty355 at 23:39
お久しぶりです。 そし..
by まつなが at 17:51

呟き

フォロー中のブログ

tok's  楽書き帳

外部リンク

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
more...

最新のトラックバック

Happy
from tok's  楽書き帳
今も昔もラジコンは買って..
from h-fragment
フラット・ワイパー
from 「アウトバック 大好き!」の..

検索

ファン