<   2012年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

新車試乗記「ホンダらしい、スポーティハイブリッドコンパクト」篇

溜まった試乗記の最後は、フィットハイブリッドRSです。試乗車はCVTのスーパープラチナアクアメタリック。
a0047157_22443862.jpg

エクステリアはRSのエアロにハイブリッドのクリアパーツでまさにハイブリッド+RSといった印象。
RS同様にスポーティなイメージにまとまっています。
インテリアもRSと同じブラックでまとめられたスポーティなものですが、
メーターはハイブリッドのものになっており、全体的には上質感もあります。

普通のフィットハイブリッドは1.3LIMAですが、RSはCR-Zと同じ1.5LIMAのユニットになっています。
出足からグッと力強く、そこからの加速も1.3L+IMAよりパワー感がありスーッと爽快。
中間加速もトルクフルで、モーターアシストのおかげで操作に対してリニアに立ち上がり、
一回り大きな排気量のような感覚。
ECONをONにすると、出足の感覚はさほど変わらないものの、若干伸びが抑えられるような感じ。
SPORTモードにすると、出足がより鋭くなり、グッと背中を押されるようなパワー感で、
ノーマルより高回転まで使ってグーッと伸びていきます。
レスポンスも鋭く、少しの操作でもピッとパワーが立ち上がる活発な走りを楽しめます。

足回りはどっしりとした落ち着きがあり、大きめのギャップではショックはくるものの
ピョコピョコ跳ねるようなものではないしっとりしたタッチで不快感はありませんし、
少し速度が上がれば、橋の継ぎ目をタタッと受け止め、ボディの揺れをしっかり押さえてフラット。
コーナリングではRSより軽快感は少し削がれるものの、四輪の接地感が高く、
姿勢変化も小さいような印象で安定感は高いですし、
ハンドリングもRSより穏やかな反応ではありますが、正確性は高くスッと素直に曲がっていく印象。
ステアリングの手ごたえもしっかりしており、なかなか気持ちの良い走りになっています。

フィットハイブリッドRS、1.5LIMAに味付けの異なる足回りでハイブリッドでありながらも
気持ちの良い走りを手に入れています。
ハイブリッドと走りというある意味相反するような要素を一つにし、実用性も高いという
なかなかホンダらしい面白い車で、MTも選択できて、なかなか他にはない1台ではないかと。

いずれ試乗車が見つかれば、6MTにも試乗してみたいですね。
[PR]
by gutty355 | 2012-06-30 22:47 | 新車見物・試乗記 ホンダ | Trackback | Comments(0)

新車見物・試乗記「もう個性的なだけじゃない」篇

まだまだ行きます試乗記、今回はフォルクスワーゲンのザ・ビートルです。
試乗車はデザインレザーパッケージのトルネードレッド。
a0047157_23352396.jpg

特徴的なスタイル、丸いライト、張り出したフェンダーなど、
パッと見た印象は旧型とそこまで変わらないビートルのイメージですが、
しっかり見てみると丸かった旧型に比べてルーフが少し平たく、ノーズも長くなっている感じで
所々に軽くエッジ感も効かせてあってちょっとカッコイイイメージになったようです。

インテリアはボディ同色のパネルが大胆にあしらわれたポップな感覚もありながら、
上質感というか緻密な感じもあるのがフォルクスワーゲンらしいところ。
シートは適度なサイズで、硬めのしっかりしたクッションで掛け心地良好。
調整式のランバーサポートのおかげで腰周りのフィット感も良く、ホールド性も良好。
後席は広々では無いものの、押し込められているような窮屈さではなく、
ひざ周りも少し空間があるので使えるものになっている印象です。
荷室はゴルフに比べれば小さくなりますが、広さとしては充分確保されていると思います。

エンジンはゴルフ・ポロ等と共通する1.2LTSIエンジン。
出足からしっかり力があって、重さやかったるさは全く無くスルスルと加速していきます。
登り坂でも頑張ることなく厚みのあるトルクで力強く登っていき、
ポロほど軽快感はないものの、走っていて不満を感じることは全くありませんでした。
DSGはスムーズかつ素早い変速ですっかり自然になった印象です。

足回りはとてもナチュラルな印象。
どっしりと重厚感もありながら乗り味はしなやかで、道路の継ぎ目で若干リアの硬さが気になる
時もありましたが、基本的にスムーズにストロークしていて、橋の継ぎ目もフラットに通過します。
幅の広さから来る安定感でコーナリングでの姿勢変化は少なく踏ん張り感があり、
それでいてあまり固められた感じのしない自然な車の動き。
ハンドリングは穏やかで、ゴルフと比べると切り始めの動きのシャープ感は少ないですが、
切ったらその分だけしっかり動いてくれる自然な操作感になっています。
セールスさんによれば、旧型では少し不満があった高速走行時の安定性も上がっているそうです。

運転性からの眺めは割りと普通で視界もしっかり確保されていますが、
狭い道ではフェンダーの張り出しを気にかけておいたほうがいいのかも?

ザ・ビートル、個性的でありながら自然な走りに実用性もあり、
デザインだけのクルマではないなと感じました。
2ドアでも不便ではないのなら、あえてゴルフではなくこちらを選んで個性的なカーライフを
送るのも面白いかもしれませんよ。
またカブリオレも出るのでしょうか、今後のバリエーションもちょっと楽しみかも。
[PR]
by gutty355 | 2012-06-29 23:37 | 新車見物・試乗記 輸入車 | Trackback | Comments(0)

新車見物・試乗記「カローラらしく、サッパリと」篇

続いての試乗記は新しいカローラアクシオ・フィールダーです。
展示車はアクシオ1.5Xのホワイトパールクリスタルシャイン、1.3Xのシルバーメタリック。
試乗車はどちらもフィールダー、1.8Sエアロツアラーのブラックマイカと1.5Xのシルバーメタリック。
a0047157_230165.jpg

a0047157_230888.jpg

エクステリアは両タイプともにグッとオーソドックスな印象になり、旧型よりもコンパクトな印象。
突出して個性のあるスタイルではありませんが、昔のカローラの面影を感じられるような気がして
旧型の中途半端な印象のデザインよりカローラらしいスタイルではないかと個人的に思います。

インテリアは横一文字で立体的なインパネ周りになり、旧型の事務的なデザインよりも
印象的でありつつ使いやすくまとまっています。
ソフトな素材等は使われていませんが、見た目の印象は旧型より質感が上がって見えます。
上のグレードのファブリックが貼られたものだとより良く見えますね。

シートは旧型の柔らかく体を支えてくれないようなものから大きく変わり、
サイズ感自体はさほど変わらないもののやや硬さのあるしっかりとした感触のクッションになり、
背もたれの腰周りの支えも良くなり、サポート感もあるしっかりしたシートになりました。
後席もしっかりした掛け心地になり、ひざ周りなどのスペースも充分。

荷室の広さは両タイプ旧型とさほど変わらない感じ。
フィールダーはバックドアが樹脂製になっており、開閉がちょっと楽にできます。

1.5L・CVT車が遅れて発売だったため、先に試乗したのは1.8L。
軽くなった車体に1.8Lなので出足から鋭く、軽く踏み込むだけでパワフルに加速。
全体的に余裕があるので中間加速でももたつくことなく欲しい加速が得られます。
登り坂でも余裕があり、加速していける力がありますね。高速道路でも余裕で走れそうです。
次に売れ筋の1.5L。
こちらも実用域のトルクが充実しているので、出足から充分な力強さがあり、
そこからもスムーズに巡航速度まで加速していけます。
1.8Lに比べれば踏み込み量は多くなりますが、中間加速や登り坂でも踏み込んでいけば
しっかり力を発揮してくれるのでもどかしさは無く、旧型と比べると軽快感もある印象です。
この1.5Lの試乗車はスマートストップ装着車でしたが、停車すればスパッと止まって再始動も早く、
振動や音も気にならずに違和感無く乗れます。
個人的には充分なパワーで乗りやすい1.5Lがおススメかなと。

乗り味も1.8Lと1.5Lで異なる印象で、1.8Lのほうが硬めに味付けされたスポーティな感じで、
路面の凹凸を通ると少々ゴツゴツとした硬さが目立つ印象です。
そのかわりコーナリングでは姿勢変化が小さく、ハンドリングもクイックに動き、
操作に対してシャープな反応を見せつつ正確性も良く、意外にもスポーティに走るなと感じました。
1.5Lでは路面への感触が優しくなり、凹凸を通っても1.8よりストローク感のあるしなやかな印象。
橋の継ぎ目を通ってもしっかり受け止め、旧型より乗り心地は良くなっています。
コーナリングでは適度なロール感を伴いつつも動きが自然で旧型より安定感のあるものになり、
ハンドリングは1.8より穏やかな反応ですが、旧型のようなダルさは無く切り始めから素直に動き、
正確性も良くなっていて、ずっと運転しやすく違和感の無いものになったと感じました。

運転席に座った感じでクルマがコンパクトに感じられ、スッキリ立ったAピラーと広い視界、
5ナンバーサイズで運転しやすいですね。

新型カローラ、分かりやすく、使いやすくといったカローラらしさもありながら、
旧型より走りの面は良くなっていると感じ、安全装備も充実し、意外に印象のいい車でした。
このなんともいえないスッキリシンプルな感覚が何だか新鮮でもありましたね。

↓ はプッシュスタート無し車に付く、スタートボタン部を利用したコインホルダー。なかなかのアイディア装備。
a0047157_2363673.jpg

[PR]
by gutty355 | 2012-06-28 23:01 | 新車見物・試乗記 トヨタ | Trackback | Comments(0)

新車試乗記「レガシィらしさを取り戻していく」篇

続きましての試乗記はスバル繋がり、改良されたレガシィです。
試乗車はアウトバック2.5i eyesightのバーニッシュドブロンズ・メタリックと
B4 2.0GT DITのクリスタルブラック・シリカ。
a0047157_23342589.jpg

a0047157_2334369.jpg

エクステリアは、アウトバックはどちらかといえばラグジュアリーな印象だった改良前に比べ、
無塗装部分・フォグランプが大きくなり、ルーフレールも付いてアクティブな印象に。
普通のレガシィはグリルが大きく、バンパーも合わせてスポーティなデザインに変わり、
キリッと精悍な顔つきになった印象。DITは18インチのホイールでよりスポーティに。

インテリアのパネル類も以前より落ち着いた色合いになり、以前より上質感のある、
クルマに見合った雰囲気になりました。
ステアリングに移ったSIドライブ、コンソールに移ったパーキングブレーキで操作性も向上しています。
シートは以前よりもクッションにしっかりとした感触が増したような印象で、
沈み込みすぎずにちゃんと支えてくれるようになったように感じました。
サポート性も上がったようで、ホールド感もよくなっているような。

先に乗ったのはアウトバック。
DITの方が注目されがちですが、2.5NAも新しい「FB25」エンジンに変わっています。
以前のEJ25同様しっかりとトルクの厚みを感じられるのはもちろんですが、
レスポンスが良くなっており、出足での若干の間が無くアクセルの踏み増しに対して
滑らかに反応してくれますし、回転も以前より軽やかに回るように感じられ、
なんとなく感じられた重さ感が消えてスッキリと走るのが印象的でした。
アイドリングストップはインプレッサ同様、停止すればすぐにスッと止まり、
再始動も速くもたつきません。振動やノイズもしっかり抑えられていて、好印象。

一方のDITは300PSを発揮する2L直噴ターボエンジン。
お店から出て普通に走っていれば、低速からトルクの厚い余裕を感じられる走り。
バイパスに出て踏み込んでいけば、スーッと加速を続けて気が付けばいい速度に。
思ったよりも穏やかなのかな?と思ったのですが、気が付けばIモードで走っておりまして。
Sモードに切り替えれば、明らかにアクセル操作に対するレスポンスが良くなり、
Iモードでの若干の間が無くなってリニアに加速していき、CVTと相まってトルク感が
変わらずに続く滑らかな加速を見せてくれます。
S#にすれば、鋭いレスポンスで一気に刺激的。
パドルでシフトダウンしてみれば、グッとシートに押し付けられるような怒涛の加速にドキドキ。
乗りやすさも刺激も持っているエンジンになっていますよ。

足回りは、アウトバックは以前の当たりの柔らかい良く動いてくれるものより
適度に引き締められたような印象で、柔らかく受け止める印象だった以前とはちょっと違う、
凹凸をいなすようなフラット感の高いものに。
シャキッと背筋の伸びたようなピッと落ち着きのあるフィーリングがいい感じです。
コーナリングでのロール感も抑えられ、ハンドリングの若干の曖昧な印象も無くなり、
正確でリニア、インフォメーションも豊富になった感触で気持ちよさが増していますね。

DITは明らかに締め上げられており当たりの硬さも感じられるのですが、
足がスムーズに動くので凹凸を通過してもしっかりストロークしてそこまでゴツゴツした
印象ではありませんし、橋の継ぎ目を通ってもボディに衝撃を伝えずフラット。
コーナリングでは姿勢変化が最小限でどっしりと地に足の付いた安定感。
ハンドリングは若干クイックになっている感じですが、切り始めからシャープにスッと動き、
切り増しても自然に切れ味良く付いてきます。
スポーティですが過剰な感じのしない、一体感のある印象が気持ち良いですね。

新しいレガシィ、アウトバックは大きくなったボディというものがそのまま走りにも
感じられたような改良前に比べて、スッキリと少しスポーティさのあるフィールが戻ってきたように
感じられましたし、DITは激しいモデルかと思いきや、力強い走りを持ちながら
快適性・乗りやすさもありちょっと大人のスポーツモデルに仕上がっていて、
速さだけではないツーリングカー的フィール。
どちらもレガシィらしさを取り戻しつつ個性的になっているのかなと思いました。
改良前より魅力的になったなと思いましたよ。
今度機会があれば、普通の2.5NAのレガシィにも乗ってみたいと思います。
[PR]
by gutty355 | 2012-06-27 23:36 | 新車見物・試乗記 スバル | Trackback | Comments(0)

新車見物・試乗記「双子でも、性格は違う」篇

今回はお久しぶりの試乗記です。まだまだ話題のスバルBRZ、トヨタ86に乗ってきました。
試乗車はBRZがS 6MTのライトニングレッド、86がGT 6MTのオレンジメタリック。
a0047157_081228.jpg

a0047157_08166.jpg

思ったよりもコンパクトな印象もあるエクステリアは基本的には両車共通したフォルムですが、
86のほうが最近のトヨタ的なエラの張ったフロントマスクで押し出し感があり、尖がった印象で、
BRZのほうがスッキリまとまった顔つきで親しみを持てるような感じ。
個人的にはBRZのほうが好みですね。

インテリアは以前BRZを見たときと同じ印象で、もっとスッキリとまとめてほしかったかなと。
走りのクルマなのにエンジンスタートスイッチが隅っこに追いやられたようになっているのも
なんだかなぁと思ったり。取り立てて上質な感じではないですが、質感は充分。
充分なサイズがあるシートはやや硬めで、腰から背中のフィット感も良好。
しっかり張り出したサポートはコーナリング時でもしっかり体をホールドしてくれます。

エンジンは予想したよりちゃんと下からトルクがあるので、
街中を普通に走っている分にも扱いやすく、スポーツカーとはいえシビアな感じではありませんね。
空いた道で踏み込んで引っ張っていくと、回転の上昇に合わせてグングン伸びていきます。
エンジンの回り方はやや重いような感もありますが、踏んでいけばきっちり上まで
回ってくれるような印象です。
「サウンドクリエーター」のおかげか、4000回転あたりから音が大きく入ってくるのですが、
個人的にはちょっとうるさい感じで、必要ないかなと。
6MTはスコンスコンと入るカッチリした感触で、クラッチは適度な重みがありつつ扱いやすい印象。

足回りは両者で味付けが異なっており、86のほうがやや硬めな印象で、
ややゴツっとした当たりの硬さの来るものですが、跳ねるようなものではなく
スポーツカーとしては充分に良い乗り心地。
コーナリングではリアが軽いというか、少しフロントに荷重が掛かるようになっているような
感じで、安定感もありつつ軽快に走っていくような印象。
一方BRZはしなやかさを持たせてある印象で、路面の凹凸を通過したときの感触も
こちらのほうが少し角が取れているような感じ。ロングドライブでも疲れなさそうです。
コーナリングでは後輪がしっかり落ち着いていて、四輪全てがしっかりと接地しながら
粘ってくれるような、より安定した方向の落ち着いた印象になっています。

ハンドリングも、86のほうが操作に対して機敏にスパッと切れ味良く反応する
クイックな印象のもので、グイグイ内側に入っていきたいような感じで、
BRZは切り始めから操作した量に対して忠実にクルマが動いてくれる、
リニアな印象のもので、行きたいところを正確に曲がっていくような感じです。

視界が意外に良いおかげで乗りにくい感じがせず、普通に使えそうな所もポイントですね。

86とBRZ、基本的には同じクルマでありながら、よりスポーティな印象の86に
少し落ち着いた感じのBRZとそれぞれの性格には違いがあるなと感じました。
個人的には、安定志向のBRZのほうが好みでしたね。

気に入った方は是非買ってあげてください、スポーツカー存続のためにも・・・。
[PR]
by gutty355 | 2012-06-25 23:06 | 新車見物・試乗記 スバル | Trackback | Comments(0)

プラモデル買い込み。

すっかりご無沙汰してしまいました・・・。
日々お仕事でヘロヘロになりながらも、何とか生きております・・・。(汗

先日久々にプラモデルを買って以来、プラモデルを買いまくりでして。
というか、メーカーさんが再販商品でいい所を突いてくるんですよこれが。
a0047157_2323512.jpg

たとえば、バラスポCR-Xとかワンダーシビック。
どちらも好きな車なのはもちろん、以前再販されたときに買って作ったのですが、
震災で棚から落ちて壊れたこともあり、買ってしまいました。
同じく壊れてしまったいすゞビークロスも買おうか迷い中。

久々にどれか作ろうかと塗料類を買いに行ったら・・・
a0047157_23264046.jpg

ずっと昔に作ったシビックフェリオが知らぬ間に再販!模型を買うつもりは無かったのに思わず購入。
これ、再販して欲しかったんですよ、欲しかったんですよ~。(^^)
a0047157_23282867.jpg

というか、物入れに積まれたこれらの積みプラも製作しないといけないんですが・・・。(^^;)

で、しばらく作っていないのでリハビリを兼ねて何か作ろうということで、きっかけにコレを購入。
a0047157_233144100.jpg

先日発売されたBRZで感覚を取り戻そうと思います。(積みプラから作れよ!というツッコミはなしで・・・)
a0047157_23332027.jpg

成型色はブルー。何色になるかはお楽しみに。

次回は溜まった試乗記から一つお送りできればなと思っております。
[PR]
by gutty355 | 2012-06-23 23:15 | OTHER | Trackback | Comments(2)


スバルR2、新車試乗記などなどクルマだらけのブログです。


by gutty355

プロフィールを見る

カテゴリ

R2
OUTBACK
CAROL
LOGO
SUBARU
DRIVE
CHEMICAL
MINICAR
TALK
CARS IN CITY
RENT A CAR
OTHER
新車見物・試乗記 スバル
新車見物・試乗記 トヨタ
新車見物・試乗記 日産
新車見物・試乗記 ホンダ
新車見物・試乗記 マツダ
新車見物・試乗記 三菱
新車見物・試乗記 スズキ
新車見物・試乗記 ダイハツ
新車見物・試乗記 輸入車

最新のコメント

>tera-gさん 大..
by gutty355 at 00:42
ご無沙汰してます。 私..
by まつなが at 17:09
お久しぶりです。 仕事..
by tera-g at 17:03
お久しぶりでございます。..
by gutty355 at 23:39
お久しぶりです。 そし..
by まつなが at 17:51

呟き

フォロー中のブログ

tok's  楽書き帳
I Love Cars ...

外部リンク

以前の記事

2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 07月
more...

最新のトラックバック

Happy
from tok's  楽書き帳
今も昔もラジコンは買って..
from h-fragment
フラット・ワイパー
from 「アウトバック 大好き!」の..

検索

ファン