新車見物・試乗記「新提案、楽しさい~っぱい軽!」編

続きましても軽自動車、今回はハスラーです。
展示・試乗車はXターボのパッションオレンジ・ホワイト2トーンルーフと
Gのキャンディピンクメタリック・ホワイト2トーンルーフ。
a0047157_18231131.jpg

超個性的エクステリアは、SUVをぎゅっと小さくしたようなかわいらしさもありつつ、
下半分をブラックにしていることでワイルド感もあり。
前後のブリスターフェンダーの感じはちょっとジムニー的でスズキSUVなんだなぁと。
丸いライトで表情があって、見た瞬間からなんだか楽しいデザインです。

インテリアは、レイアウト自体はワゴンRなど最近のスズキ車に共通していますが、
カラーのパネルやヘッドライトと共通するデザインのエアコン吹き出し口でポップな感じ。
個人的にはシートのパイピングがステキだなぁと。
使い勝手や質感も良く、普通に使うにも満足できるようになっているなと。

シートは充分なサイズが確保されていて、やや硬めのクッションでしっかり感があり、
腰回りから背中をしっかり面で支える印象。スッと背筋が伸びた運転姿勢が取れる印象です。
サポートもしっかりしていて、カーブでもちゃんと体を支えてくれます。
後席も広々。もう少し背もたれの高さが欲しいですが、自然に座ることができます。

エンジンは基本的にワゴンR系と同じNA・ターボの二本立て。
NAでも出足がスッと軽く、スムーズに欲しい速度まで加速していけますし、
角を曲がってからの立ち上がりでも、踏み込みにスムーズに反応して乗りやすいです。
ノイズや振動もよく抑えられていて快適で、鈍重な感じがしない、スイスイと小気味よいパワー感。
基本的にはターボ車でなくても充分じゃない?と。
一方ターボ車は、低回転から一回り大きなトルク感を感じ、力強く加速していきます。
トルクが厚いのであまり回転を上げることなく走ることができ、坂道でも余裕綽々です。
踏み込むと結構パワフルな加速なので、合流も含め高速道路も余裕ありそうです。

足回りは引き締まっている印象で、低速域だと少し当たりの硬さもありますが、
ピョコピョコしたものではなく、巡航速度になるとフラットかつシャキッと落ち着いた乗り味。
橋の継ぎ目などもしっかりとられたストロークで受け止めてガツンと来ません。
直進安定性が高いのも印象的でした。
コーナリングでは背が高いながらロールがしっかり抑えられており、姿勢変化が自然。
接地感もしっかりある安定感の高い印象です。
ハンドリングは素直で扱いやすく、自然な感触のステアリングもいい感じ。
SUV的見た目ですが、走りは結構キビキビとしていて面白いですね。

ハスラー、個性的な内外装にちゃんと作られた中身、パイクカー的に見えますが
クルマとしてもちゃんと出来ていると思いました。
そして何より、実物を見て一緒に過ごす日々を想像したくなる、そんなクルマが
久しぶりに出てきたなと感じました。沢山の楽しさが詰まったクルマです。
こんな明るく楽しい車も良いもんです。(^^)
a0047157_18233330.jpg

[PR]
# by gutty355 | 2014-06-13 23:21 | 新車見物・試乗記 スズキ | Trackback | Comments(0)

新車見物・試乗記「内容がなさすぎる」編

続きましても軽自動車、デイズルークスです。展示・試乗車はXのピンクゴールド。
a0047157_22531885.jpg

エクステリアは、まさにデイズを縦にギューっと伸ばしたような感じ。
背が高く、グルッと一周グラスエリアがつながるというスーパーハイト軽に共通のイメージで、
どうにか他車との差別化を図ろうとデイズと近いイメージのラインや抑揚をつけた結果、
変にアンバランスなデザインになってしまったようにも思います。

インテリアもデイズに共通するイメージ、質感の良さですが、大きなトレー形状にしたり、
湾曲した形状で広さ感を出したりとちょっと変わっています。
シートは充分なサイズで、柔らかく厚みのあるクッションで体を包んでくれる感触。
ただ、サポート性は弱く、カーブではちょっと上半身が落ち着かない。
リアシートはスペースも広く、適度に座面角度が付いていて悪くないですが、
明らかに背もたれの高さが不足。子供以外は肩がはみ出るんじゃないかと。

今回はNAエンジンのモデルに試乗したのですが、デイズと同じエンジンということで答えは明白。
やっぱりライバル車と比べて明らかにパワー不足。
平坦路であればまだマシではありますが、アクセルを踏んでもワーッと回転が上がって
なかなか速度が乗っていかない。
坂道に差し掛かると一生懸命登らせて速度を乗せていくようになりますね。
踏み込むゆえにノイジーになってしまうのも気になります。
坂道をよく通るなら、ターボじゃないとヤキモキするでしょうね。

足回りは柔らかくしなやかで、細かい凹凸をしっかり吸収して滑らかな乗り味。
大きな入力もしっかり受け止めて大きなショックは伝えてこず、乗り心地が良い感じ。
コーナリングではロール感がやや大きめでグラッと傾くのでちょっと怖いかなとも思いますが、
しっかり足を伸縮させて粘らせて、安定させている感じ。
ハンドリングは素直ですが、切ってからワンテンポ遅れて付いてくるダルめな感覚。
背が高い車なのでこの位でいいのかなと。ステアリングは軽く、もうちょっとしっかり感が欲しい。

デイズルークス、三菱日産でつくった軽第2弾ですが、名前の通りデイズの背を高くしただけ
という印象でした。走りも内容もこれと言って変わらないというか、特徴がない。
スーパーハイト軽が売れてるから、とりあえず作ったみたいな感じ。
ライバルに比べて安全装備が劣る部分もそのまま。もうちょっとどうにかならなかったのでしょうか。
個人的にはお勧めしませんが、どうしても欲しいなら最低限ターボにしましょう。
タントやN-BOX、スペーシアの方が間違いなく幸せになれるかと思いますが・・・。
[PR]
# by gutty355 | 2014-06-12 22:53 | 新車見物・試乗記 日産 | Trackback | Comments(0)

新車見物・試乗記「ちゃんと走るようになりました」編

続きましての試乗記は、新型タントです。
展示・試乗車はカスタムXのナイトシャドーパープルクリスタルメタリックと
Xターボのプラムブラウンクリスタルメタリック。
a0047157_034374.jpg

エクステリアはタント代々共通するイメージで、フレンドリーな印象のノーマルと
ドーンと派手で押し出しの強いカスタムという感じ。
ですが、旧型に比べて少し角が立ったというか、四角くなったような印象で、
ヒョロっとした感じがあった旧型より見た目の安定感が増していますね。

インテリアは何とも安っぽかった旧型に比べて、質感がグッと上がっています。
やっとインパネシフトになって使い勝手も良くなっています。

シートは頼りなかった旧型よりしっかりとした感触のクッションになって、
掛け心地は上がって、腰回りの支えもよくなりましたが、背もたれの高さが不足。
サポート性も足りず、上半身が落ち着きに欠ける感じです。
後席は適度な角度で掛け心地はいいのですが、こちらももう少し背もたれが欲しい。

エンジンはNAとターボの2本立て。
まずはNAに乗りましたが、何とも走らなかった旧型のNAに比べて
新型は出足もスッと滑らかに走りだし、そこからの加速も充分なパワーで不満なく
速度が乗っていきますし、踏み込みと回転と速度の関係も違和感がないですね。
坂道になるとちょっと踏み込みは多くなりますが、旧型ほどの失速感がなく、
速度をキープして登って行ってくれるのでスムーズです。NAでもずいぶん乗りやすくなりました。
ターボになると、よりトルクフルな感覚。
少ない踏み込みでスルスルと出ていき、欲しい速度までスムーズに到達します。
坂道も涼しい顔で流れに乗ることができ、少し踏み足せば加速していけるほど。
軽ターボというよりも1.3位の排気量のような余裕でこれはなかなかいいなと思いました。

さらに印象が変わったのが足回り。
旧型のフラフラガタガタヨロヨロした頼りないものから大きく変わり、
しっかりと締まった印象で、シャキッと真っ直ぐ走り、落ち着きがあります。
路面の凹凸を超えても、車全体に響くようだった旧型とは違い、
足回りがちゃんと受け止めるようになっています。
ただその代わり、ちょっと当たりが固く、コツコツ感があるかなという感も。
コーナリングでも旧型はグラーッと深いロールが怖かったですが、
新型は重心の高さはありますがロールが抑えられて、安定感が増しています。
ハンドリングの正確感も増し、操作と動きのズレがなくなっていますし、
ステアリングも軽々しいものからグッと手ごたえのあるものになり、直進時のすわりもよく、
旧型よりずっと自然に乗れるようになっていますね。

新型タント、タントらしい使い勝手はそのままに、走りをグッと伸ばしてきたモデルチェンジでした。
旧型では明らかに走りが頼りなかったので、これでいいのかなぁという感じでしたが、
新型は安全装備も充実していますし、なかなか良いかもと思いましたよ。
a0047157_0344242.jpg

[PR]
# by gutty355 | 2014-06-10 23:32 | 新車見物・試乗記 ダイハツ | Trackback | Comments(0)

新車見物・試乗記「みんなのスタンダードN」編

ブログ更新の流れを続けていくべく、今回から試乗記をいくつか。
だいぶ旬を過ぎておりますが、温かい目で見守っていただければと・・・。

今回はホンダの軽、N-WGNです。展示車はカスタムG・Aパッケージのスマートブラック、
試乗車はG・Aパッケージのプレミアムブルームーン・パール。
a0047157_20185074.jpg

エクステリアは、最近のホンダに共通するグリルからヘッドライトにかけて続いて広がる
デザインや、垂直ではなく斜めに下がって、リアに細くつながるサイドのウインドウグラフィック、
その細くつながるラインで別れる縦長のテールランプなど、似通った印象になりがちな
このクラスで、しっかり個性を出しています。
あまりフロントマスクがスラントしていないので、力強さも感じられます。

インテリアもNシリーズに共通するイメージの2段構えなデザイン。
明るいベージュ内装で質感も高く、トレイなどの小物入れも使い勝手がいいですね。

シートは充分なサイズがあり、柔らかなタッチと合わせて包み込むようにフィットする感じ。
N-ONEなどと比べてシートクッションに厚みがある印象で、こちらの方がより疲れにくそう。
サポート性もあり、曲がり角で体が落ち着かないことはありませんでした。
リアシートはやや平板で、もう少し座面が後傾していてもいいかなと思いましたが、
空間は広々しており、Nシリーズ初のリアシートスライドで荷室と後席のバランスを
取れるのもうれしいです。

エンジンはN-BOXと共通でありながら、改良が入ったもの。
出足の瞬間こそあまり変わらないものの、そこからの加速がN-ONE等よりも
軽さがあって、回転と速度の乗り方のズレが少なくなった感じでもさっと感も少ないかと。
実用域のトルクが充実していて、角を曲がってからの加速でももたつきがなく、
NAでもスイスイと走ってくれます。3気筒ですが振動もよく抑えられていますよ。

足回りはしなやかさがあって、当たりが柔らかい感じ。
細かい段差を越えてもちゃんとストロークして、受け止めてくれる感触で、
それでいてちゃんと落ち着いているので、大体の人が乗り心地が良いと感じられるかと。
コーナリングでも腰高感がなく、ロールの出方も穏やかなのでふらつきや怖さはなく、
ハンドリングも素直で安心して乗れる印象ですね。

N-WGN、Nシリーズでは比較的スタンダードな印象のクルマですが、
Nシリーズ共通の質感や性能を持たせつつ、みんなが使いやすい車に仕上がっています。
安全装備も充実しており、万人にお勧めできるクルマではないかと。
a0047157_2019411.jpg

[PR]
# by gutty355 | 2014-06-09 23:19 | 新車見物・試乗記 ホンダ | Trackback | Comments(0)

明日へ突っ走れ、未来へ突っ走れ。

さてさてさて、今回はレンタカーのCX-5のお話。
a0047157_21050601.jpg
お借りしたのは、ディーゼル搭載グレードXD・2WDのスカイブルーマイカ。
ボディカラーとシフトレバー周りから一部改良前のモデルで、
メーカーOPのディスチャージヘッドランプが付いていました。
a0047157_22260107.jpg
全体的に力強いデザインで、フロントは精悍かつたくましさがありつつ、
リアから見ると躍動感があって、力強さと走りの良さを感じさせる存在感。
単なるSUVではないクロスオーバー感があってカッコイイなと。
a0047157_21180919.jpg
インテリアは比較的オーソドックスなレイアウト。初見でもわかりやすいかと。
質感が高く、ナビも見やすく機能的。
a0047157_21215711.jpg
シートはシンプルスポーティな感じのものですが、たっぷりしたサイズが嬉しいですね。
固めのクッションで体を面で支え、しっかりしたサポートでコーナーでも体がズレず、
腰から背中にかけても体によくフィットし、長時間乗っても疲れませんでした。
とても自然な運転姿勢が取れるのも好印象。
a0047157_21273611.jpg
高めのヒップポイントで乗り降りは楽ちんなのですが、ちゃんとサイドシルが
ドアに隠れるようになっており、ズボンの裾を汚さないようになっているのがエライ。
a0047157_21293246.jpg
しっかり乗ってみたかった、クリーンディーゼルエンジンSKYACTIV-D。
エンジンをかけてアイドリングは、ガソリン車と変わらない感覚。
発進して動き出す時にカラカラとしたディーゼルな音がしますが、
分厚いトルクで軽々と加速し、トランスミッションがスパスパ素早く変速していくので
すぐに欲しいスピードまで到達できて巡航に入ることができ、ノイズは全く気になりません。
下手なガソリン車より静かに巡航しますし、振動に関しては全域で全く気になりませんね。
「これ、本当にディーゼルだよね?」と思うこともしばしば。

追い越しや合流で加速するときも、じわーっと踏み増すだけでぐんぐん伸びていき、
余裕でこなしていくことができますね。
グッと踏み込んでみれば、スパッと変速してトルクが湧き上がり「うおおっ!」と思うパワーが。

さらに驚いたのが燃費。道中ずっとエアコンONで、街中・郊外・高速など様々走りました。
総走行距離241.3km、給油量が18.2L。燃費がなんと13.2km/L!!
結局10km/L位かなぁなんて思っていたので、ちょっと凄いなと。
a0047157_21560662.jpg
足回りはどっしりと重量感があり、SUV的な重心の高さはありませんね。
2万キロほど走ったクルマだったので、新車で試乗したものより角が取れているようで、
低速からしなやかに動き、たっぷり取られたストロークで角の立たない乗り心地。
速度を上げていけばさらにフラットで、路面の凹凸や橋の継ぎ目をサラリと受け流していきます。
しかし上手い具合に引き締められており、落ち着いていますね。

コーナリングではロール感が小さく、4輪が常にしっかり路面を掴む安定感の高さが印象的。
ロールの出方、姿勢変化が自然なのでスムーズに抜けていけます。
少し速めにコーナーに入っても、変にアンダーが出て膨らんだり、グニャっと腰砕けになったり
することがなく、涼しい顔で行きたいところを走っていけます。
ハンドリングもリニアなので、切り込んでいってもしっかりと動きが正確に付いてくるので、
SUVとは思えない動きの良さが非常に気持ちよかったです。
ステアリングインフォメーションも豊富で好感触でした。
a0047157_22241672.jpg
i-DMさんはわりと私の運転を評価してくれているようで、ほぼ4点台を出してくれましたよ。(^^)v
a0047157_22184979.jpg
お役立ち装備がこのルームミラーのモニター。後方と左前を映すことができてバックはもちろん
狭い道でも確認ができて助かりました。
さらには高めのアイポイントで視界が広く、豊かなトルクと落ち着いたハンドリングで
すべてにおいて余裕をもって運転することができる車だなと感じましたよ。
知らない土地でも自然に安全に運転できたのはCX-5のおかげかもしれません。(^^)
a0047157_22262961.jpg
CX-5、非常によく出来たイイクルマでした。本気で返したくなかった・・・。欲しくなりますね。
広島空港の中にもアクセラが展示されていましたが、マツダ車は間違いなく広島の特産品だ~っ!(^^)

おまけの1枚。
a0047157_22343333.jpg
広島駅前で発見。広島には現行アテンザのタクシーがいるんですねぇ。(@@)

[PR]
# by gutty355 | 2014-06-06 22:37 | RENT A CAR | Trackback | Comments(0)


スバルR2、新車試乗記などなどクルマだらけのブログです。


by gutty355

プロフィールを見る

カテゴリ

R2
OUTBACK
CAROL
LOGO
SUBARU
DRIVE
CHEMICAL
MINICAR
TALK
CARS IN CITY
RENT A CAR
OTHER
新車見物・試乗記 スバル
新車見物・試乗記 トヨタ
新車見物・試乗記 日産
新車見物・試乗記 ホンダ
新車見物・試乗記 マツダ
新車見物・試乗記 三菱
新車見物・試乗記 スズキ
新車見物・試乗記 ダイハツ
新車見物・試乗記 輸入車

最新のコメント

>tera-gさん 大..
by gutty355 at 00:42
ご無沙汰してます。 私..
by まつなが at 17:09
お久しぶりです。 仕事..
by tera-g at 17:03
お久しぶりでございます。..
by gutty355 at 23:39
お久しぶりです。 そし..
by まつなが at 17:51

呟き

フォロー中のブログ

tok's  楽書き帳

外部リンク

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2016年 11月
2016年 07月
2016年 06月
more...

最新のトラックバック

Happy
from tok's  楽書き帳
今も昔もラジコンは買って..
from h-fragment
フラット・ワイパー
from 「アウトバック 大好き!」の..

検索

ファン